club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【最終追い切り】ユニコーンS(2019)調教BEST3~追い切りは実力伯仲~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今回は第24回ユニコーンステークス(GⅢ)の最終追い切り分析です。  

今年の3歳ダート戦線は百花繚乱といった感じで、米国に行ったマスターフェンサー、関東オークスを制したラインカリーナ、そして牡馬勢はユニコーンSレパードSでスタンバイしています。

昨年はルヴァンスレーヴという強力な馬がおり、ユニコーンSで頭角を現してからはまさに快進撃の一言でした。

今年もルヴァンスレーヴのような馬が現れるのか!?

そんなユニコーンSの最終追い切り、早速いってみましょう。

 

ユニコーンS最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

ヴァニラアイス

ユニコーンS最終【単走馬なり

栗東/坂路/良/4F53.9-39.5-25.7-12.4

 

前走は端午SでOP戦を勝利している関西馬

最終追い切りは坂路で行われていて、タイムは平凡だが動きは良かった。

鞍上は一切追うことなくまさに馬なりだが、きれいな脚運びで飛びの大きい走り。

しっかりと脚も上がっているので地面を力強く蹴れている。

首もまっすぐに動かせているのでまっすぐに走ることができており、そこから集中力も感じる。

強めに追われていないので走りに迫力はないが、動きに無駄のないスマートな走りを見せている。

柔軟性の高い身体の使い方に好感が持てる。

仕上がり:85%

 

デアフルーグ

ユニコーンS最終【3頭併せ軽仕掛】

美浦/南W/良/6F84.0-69.0-54.4-40.3-12.9

 

前々走伏竜SでOP戦初勝利をし、前走青竜Sでは2着と実績を積んでいる馬。

この馬の最終追い切りは、動き自体はそこまでよくは見えないが併せ馬にきちんと先着できている点を評価した。

3頭併せの最後方から追走し直線入り口で並びかけると、鞍上の少しの仕掛けですんなりと併せ馬をかわしている。

併せ馬は1頭は一杯追い、もう1頭は馬なりだったが、最後は大きく突き離してフィニッシュできている。

動き自体は併せ馬の方が良く見えたが先着しているのはデアフルーグなので、そこは絶対的なポテンシャルなのかなと思う。

タイムも平凡なので善し悪しの判断が分かれそうだが、個人的には併せ馬のかわし方のスムーズさを評価した。

仕上がり:85%

 

ワイドファラオ

ユニコーン最終【2頭併せ馬なり

栗東/CW/稍重/6F84.5-67.4-52.5-38.3-12.1

 

芝馬で重賞のNZTを制している馬。

ダート適性がどうかが焦点になるが、今回は最終追い切り分析なので割愛。

最終追い切りは馬なりでソフトな仕上げだった。

併せ馬とも終始併走していて、最後も1馬身先着してのフィニッシュだが互いに競っている様子はないので着差はそこまで重要ではないだろう。

ゆったりとした走りの中でもしなやかな身体の使い方に大きな魅力を感じた。

特に前脚の動かし方に堅さが全くなく自然でなめらか、良いリズムを刻めている。

非常にきれいなフォームをしている。

ただもともとNZTやNHKマイルCの最終追い切りでもきれいなフォームを見せいているが、毎回強めに追われることがなく覇気のようなものは感じない。

今回も同様でもう少し走る闘志のようなものが欲しいところ。

仕上がり:80%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

ヴァニラアイス  :85%

デアフルーグ      :85%

ワイドファラオ  :80%

 

こちらも併せてぜひ!

【適性】ユニコーンS(2019)相性BEST3~実績or持ちタイム×血統~ - club keiba

 

以上、第24回ユニコーンステークス(GⅢ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!