競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

オメガパフュームのお庭~第65回東京大賞典(2019)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第65回東京大賞典(GⅠ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場:勝ちきるなら差し、だが逃げ先行も残る、交流GⅠなら展開的になおさら差しに傾く
大井2000m:スタートは4角ポケットなので1角までは400m以上ある、先行争いは比較的ゆったり、直線は386mと右回りダート戦では中央含め最も長い

大井競馬場|競馬場ガイド|地方競馬情報サイト
重視:トラックバイアス、コース適性
血統:【参考】東京大賞典(2019)血統分析
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

東京大賞典予想

いよいよ2019年競馬界の本当の総決算。
中心はもちろん中央勢でしょう。
そこに地方勢がどれだけ食い込めるかが焦点かなと思います。
モジアナ、ノンコ辺りは中央とも遣り合える力があります。


馬場的には差しが優勢。
差し-逃げ-先行or差し-先行-逃げのような構図が多い印象。
大井の外回りは直線が長く差しが決まりやすいコースでもある。
2000mという距離もスタミナを要し後方勢が有利に働く。

 

◎オメガパフューム

・分かりやすい適性
大井2000mはこの馬の為と思わせるほどの適性っぷり。
昨年の東京大賞典→今年の帝王賞とこの舞台で2勝しており、トータルでも(2-1-0-0)。
一度の敗戦も相手がルヴァンスレーヴという超強力な相手ということを考えると不問で良いだろう。
舞台適性は現役でも屈指のレベルで、今年に入っても状態良好で大きな不安はない。


逆に左回りは苦手。
(0-1-1-3)と勝利はなく、掲示板外も左回りでの2回のみ。
なので前走チャンピオンズCは左回りという明確な敗因があるのでそこまで気にならない。
昨年と同じローテ(JBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典)で昨年はこれにシリウスS1走分多いので今年の方が楽なローテというのもプラス。
前走チャンピオンズCでは昨年は勝ち馬に1.0秒差の5着、今年は0.7秒差の6着とタイム自体は昨年よりも短縮できている。
ここら辺を踏まえると、昨年よりも今年の方が好走しやすい状態になっていると想像できる。


デムーロにスポットライトを
今年の有馬記念にはデムーロの姿はなかった。
代理人、社台、離婚など色々な噂が飛び交っているが、最近のデムーロはとにかく元気がない。
香港マイルでアドマイヤマーズが勝利したが、鞍上はこれまでのデムーロではなくスミヨンだった。
オメガパフュームにも前走では乗れていない。


そんなデムーロの復活にも期待したい。
Oパフューム×デムーロのコンビは新馬戦から(4-1-2-1)と相性が良く、昨年の東京大賞典でもこのコンビで勝利している。
2011年のドバイWCの勝利を始め、数々の感動をもたらしてくれたデムーロ
デムーロここにあり!
そんなレースをこの舞台で実現してもらいたい。

 

〇ゴールドドリーム

・得意は中央の砂
オメガパフュームの最大のライバルがこの馬。
昨年の2着馬でGⅠ4勝はダート界では現役最多。
安定感もあり最後の着外は2017年のマイルCS南部杯の5着で、それ以降は3着以内に10戦連続で入っている。
ただ、実績を見ると中央>地方で軽い砂の方がこの馬は向く。
中央GⅠは(2-3-0-1)、地方GⅠは(3-2-2-1)。
勝利こそ地方の方が多いがレースレベルを考えると中央GⅠの方が高いので、数字以上に中央が強い。
数字で見ても連対率では中央の方が高い。


万能型の馬なのでどんな舞台でも力を発揮できるが、細かく適性を見極めると地方よりも中央の砂の方が良い。
オメガパヒュームがこの舞台が最も良い馬なので、適性の差で2番手に落とした。

 

▲ケイティブレイブ

・前走は怪我の休み明けでも圧勝
前走浦和記念は怪我明けということもありJpnⅡでありながら2人気に甘んじたが、ふたを開けてみれば圧勝だった。
長期休み明けだったので今回は確実に上積みが期待できる。
GⅠ3勝と実績のある馬が復活を果たした。


・御神本騎手とのコンビ
前走は代打での騎乗で見事に勝利をもたらした御神本騎手。
大井の名手で地方競馬は自分のホーム。
今回そんな鞍上を従えてのレースというのは非常に心強い。
御神本騎手は今秋ブルドッグボスでJBCスプリントケイティブレイブ浦和記念勝利とノッテいる。
大井というホーム中のホームでの東京大賞典
先行馬のケイティなので2番枠という枠も理想的。
トラックバイアス的に先行馬よりも差し馬優勢とみているのでこの評価だが、馬場や展開次第では逆転も考えられる能力は持っている。


・2年連続3着
これを適性があるととるか、ないと取るかは分かれると思う。
個人的にはGⅠを獲れるほどの能力があるので、この結果は適性の高さによるものではなく能力の高さによるものだと思っている。
なので適性も能力もある馬には勝てない=3番手評価までとなった。

 

△1モジアナフレイバー

・前走で逆転
ノンコノユメとの比較でみると、前走で立場は逆転したと思っている。
前走勝島王冠ではモジアナが58kg、ノンコが57kgでの出走。
レースは0.4秒差をつけてのモジアナの圧勝。
成長中の4歳馬ということもあり、ノンコとの勝負付けは済んだのかなと思う。
地方の代表馬はこの馬。
あとはどこまで中央勢に肉薄できるか。


・GⅠ掲示
今年は帝王賞で5着、マイルCS南部杯では4着と着実に中央との差は縮まっている印象。
特に前々走にあたるマイルCS南部杯では今回出走するゴールドドリームと0.1秒差まで詰め寄っている。
大井2000mでは2勝と相性の良い舞台でもあり、帝王賞ノンコノユメが3着という結果を考えれば掲示板から馬券圏内まで力はついていると思える。


これに△2ノンコノユメまでを抑えておく。

 

買い方

◎オメガパフューム
ゴールドドリーム
ケイティブレイブ
△1モジアナフレイバー
△2ノンコノユメ 

 

3連単フォーメーション】
◎→〇▲→〇▲△1△2
計 6点

 

以上、第65回東京大賞典(GⅠ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。