club keiba

~競馬予想探究ブログ~

カラースキームから手広く手堅くガミらずに~'20桃花賞(2020)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は'20桃花賞(準OP)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場:内目の馬場が伸びている印象、内枠有利か
大井1600m(内):スタートから1角まで300mほどしかなくごちゃ付きやすい、直線は内回りなので286mしかない

大井競馬場|競馬場ガイド|地方競馬情報サイト
重視:枠、適性、ローテ
血統シアトルスルー、ロベルト持ち
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

'20桃花賞予想

明け3歳牝馬1600mということでタフな舞台。
加えて大井1600mはスタートから1角までの距離が短いので内枠有利。
内回りコースなので直線も短く、基本的には内枠先行有利。
トラックバイアス的には逃げ馬も差し馬もきているのであまり考えなくて良さそう。
自分の競馬(勝ちパターン)をいかに遂行できるかがポイント。

 

◎カラースキーム

門別出身馬で前走から南関へ移籍した馬。
移籍初戦の前走は今回と同じ舞台の大井1600m戦。
6番枠から出走し、道中は2番手追走。
4角で先頭に立つとそのまま押し切り、2着には0.8秒差をつけての快勝だった。
先行馬なので今回最内枠の1番枠ということ、南関移籍2戦目なので経験値としての上積みが期待できること。
この2点は前走よりもパフォーマンスが上がる要因となる。
コース形態的にも内枠先行馬が有利な舞台であるし、トラックバイアスも極端な差し馬向きということもない。
持ちタイムはないが、それでも同舞台での勝利経験と上積みの期待値が高いこの馬が本命。

 

〇サブノアカゾナエ

本命と甲乙つけがたかったが、対抗はこの馬。
前走東京2歳優駿牝馬3着という実績はこのメンバーでは随一。
これがフロックではないことが前々走ローレル賞からわかる。
ローレル賞勝ち馬は東京2歳優駿牝馬で5着、2着馬は同レースを4着に入っている。
つまりローレル賞は世代屈指のレベルの高いレースであったことがわかる。
サブノアカゾナエはこのレースで12着だったが、直線で大きなロスがあった。
直線で進路が完全に断たれてブレーキをかけていて、それがなければ勢い的には3着まではあったかなという内容だった。
なので差し脚が強力なことは前々走の時点で証明しており、前走でそれを実証した形となる。
前走はフロックではなく能力でもぎ取った3着。
だとすれば今回のメンバーでは能力断然で本命にしても良いくらいだが、不安点がないわけではない。
まず今回は他の馬よりも1kg重い55kgでのレースなのでハンデがあること。
さらに展開。
前走に比べてレースレベルが下がるのでペースも下がると思われる。
となると差し馬のこの馬にとっては難しい展開となり、差しが届かない可能性が上がる。
差し有利の馬場状態でもないので、前走ほどきれいなレースはしづらいように思う。
それでも世代上位の力はあるので馬券圏内は堅いように思う。

 

▲ネーロルチェンテ

前走は東京2歳優駿牝馬を9着、今回のメンバーではサブノアカゾナエに次ぐ2番目の着順になる。
門別から移籍初戦でいきなりSⅠという過酷な状況を考えれば、9着という結果も悪くない。
前々走ブロッサムC(門別)ではえエンジェルパイロ(7着)を相手にしておらず、外々を回して強い内容で勝利している。
今回的場さんに乗り替わるということも大井でのレースということを考えればプラスで、移籍2戦目の上積みも期待できる。
前走よりも前の中段あたりで競馬をして、4角で先段に取り付けられるような競馬ができれば。
前々走ブロッサムCのようなレース展開を。

 

△3頭一気に

△1マッドシティ
前走東京2歳優駿牝馬は10着。
位置取りが後方すぎて競馬になっていなかった印象。
前々走ローレル賞では道中6番手からの追走で4着と好走している。
今回この2走に比べてレースレベルが落ちるので、位置も取りやすいと考えられる。
自分の競馬ができればこのメンバーなら上位進出も可能。

 

△2ディープメロディー
前走大井の1600m戦で変わり身を見せた。
これまで1200m戦にばかり走らせており結果が出ていなかったが、前走初めて1600m戦を走らせるとそれまでの凡走を一変する好走を見せる。
単純にテンのスピードがないので1200m戦では追走に苦労しており、前半で脚を使わされてしまう。
1600mに距離を伸ばしたことで前半を抑えてしまいの脚にかける競馬ができるようになり、それが好走につながっているように思う。
前走は外々を回しながらの勝利と勝ちっぷりも良い。
この距離ならチャンス十分。

 

△3ティアラレッド
1戦1勝馬でまだ底を見せていない。
新馬戦は今回と同じ舞台で勝利しており、勝ちタイムも1:44.8と同じ週に行われた東京2歳優駿牝馬の3着サブノアカゾナエと0.1秒差しか変わらない。
逃げ馬なのでマークが厳しくなり、11番枠と外目の枠を引いてしまったので課題は多いが、すんなり逃げられればチャンスはある。

 

買い方

◎カラースキーム
〇サブノアカゾナエ
▲ネーロルチェンテ
△1マッドシティ
△2 ディープメロディ
△3ティアラレッド

△4エンジェルパイロ(矢野騎手の調子が良さそうなので抑えます)

 

3連複
◎-〇-▲△1△2△3△4
計 5点

 

以上、'20桃花賞(準OP)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。