競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

インティの実力とアングラの優位性~第37回東海S(2020)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第37回東海テレビ東海ステークス(GⅡ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場(京都):スタートから1角までは200mくらいと短く、直線は329mとこれまた短い、ゆえに内枠先行馬有利

コース紹介:京都競馬場 JRA
京都ダ1800m:ダ1800m戦は先行有利だったが、1200m戦では差しも決まっていた
重視:脚質、実績、枠
【参考】東海S(2020)人気薄馬分析
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

東海S予想

今年は京都で行われる東海S。
そして今回はメンバーを見るとみやこS(1800m)出走馬が多い。
これを一つの指標にする。
その上で近走のレース内容、トラックバイアス等を踏まえて予想していく。

 

◎インティ

逃げることができるかどうか。
この馬の焦点はそこに尽きる。
同系のスマハマが内枠4番に入っており、みやこSでは逃げを許している。
陣営のコメントでは必ずしも逃げなくてはならない馬ではないということで、実際にかしわ記念や京都ダ1800m戦の観月橋Sでは番手からの競馬で好走はしている。
それでもフェブラリーSをはじめ逃げた方が結果が良いのは明らか。
京都ダ1800m戦はスタートから1角までの距離があまないので外枠から逃げるのは難しい。
それを考えるとこの馬をアタマ固定で狙うのは恐い。
重賞級の相手なら逃げれば勝ち負け、番手なら馬券圏内までのイメージ。
グループよりもソロ活動の方が良い。


それでも本命にしたのはやはり実績が大きい。
フェブラリーS以降勝利はないが、この馬は地方競馬中央競馬なので地方競馬では少し評価を落とさなければならない。
前々走みやこSは明らかなオーバーペースで4角ではもう終わっていた。
前走チャンピオンズCでは久々にこの馬本来の力を発揮しての3着。
先着を許したのはクリソベリル、ゴールドドリームといったダート界のトップにいる馬たち。
メンバーレベルの落ちる今回では斤量差を考えても勝ち馬筆頭だろう。
かしわ記念のように逃げなくても結果は残せているし、得意の中央競馬の砂なら信頼度は増す。
鞍上も武さんに戻ったのもプラス。
唯一のGⅠ馬なんでね、格が違うところを見たい。

 

〇アングライフェン

人気薄馬編では評価しなかった馬ですが、枠と脚質は今回のメンバーだと大きなアドバンテージが得られそう。
差し・追込馬が多く先行勢で有力なのはインティ、スマハマくらい。
そんな中アングライフェンは3番枠と内枠でロスなく立ち回れる枠を引いた。
さらに前走では道中2番手追走の先行をしており、今回もそこまでではないものの先行できると思われる。
したがって無理なく距離ロスなくして先行できるという最もレースのしやすい環境が整ったといえる。
重賞勝ちはないもののシリウスS、名古屋GP2着と重賞でも堅実に走っており、馬券圏内という考えでは信頼が置ける馬。


近走の戦績をみる。
3走前のシリウスSはメンバーが手薄なものの2着。
それでも直線で進路がふさがるアクシデントがありながらの2着なので評価はできる。
前々走みやこSは今回と同じ舞台での4着。
ハイペースな流れで3着以内馬をみると、すべてが道中10番手以下の後方から競馬をした馬たち。
この馬も道中8番手だったが、かなり縦長の展開だったので結果を見ると中段の位置から横の残った4着だといえる。
しかもこの時も4角からの進出でスムーズさを欠いていた。
前走2着の名古屋GPによって先行力を覚えたのでそれも収穫。
これだけの競馬ができれば、今回なら十分だろう。
位置取りと枠の優位性+能力でやれる。
ステイゴールド同様、善戦が多い馬。
ゆえに好走自体は多い。

 

▲ヴェンジェンス

3走前の太秦Sから距離を延長して中距離路線に臨んでいる。
そこではいきなりの2着。
この時の勝ち馬が今回も出走するエアアルマスだが、斤量差はヴェンジェンスの方が1kg重かった。
2走前みやこSではハイペースの恩恵がありながらも重賞初勝利。
外々を回してまくりながら差し切る強い内容だった。
前走チャンピオンズSでも外を回しての7着。
キングズガードが内を通って直線で外に出す競馬をしていたので、走った距離を考えるとこちらの方が強いと考える。
土曜日のレースを見る限り内枠先行馬の好走が目立っていたので、トラックバイアス的に差し馬にはやや不利かと思われるので評価を落としたが、能力自体はGⅡでも勝ち負けレベルに思う。

 

△4頭一気に

△1キングズガード

ヴェンジェンス同様追込馬で上がりのタイムは10戦以上続けて3位以内をキープしている。
前走チャンピオンズCでも上がり最速をマークしおり、9歳馬ながらここにきてさらに強くなった印象。
展開に左右されてしまうが、ハマれば馬券圏内までいける。


その他、太秦Sでヴェンジェンスに勝っている△2エアアルマス平安S2着でコース実績もある△3モズアトラクション、昨年3着△4スマハマまでを抑える

 

買い方

◎インティ
〇アングライフェン
ヴェンジェンス
△1キングズガード
△2 エアアルマス、△3モズアトラクション、△4スマハマ

 

3連複
◎-〇-▲△1△2△3△4
計 5点

 

以上、第37回東海テレビ東海ステークス(GⅡ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。