club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】第157回天皇賞(春)(2018)過去5年の勝馬の共通点

 友だち追加

f:id:shumpei116:20180426212837j:plain

出典:netkeiba.com 天皇賞(春)出馬表


どーも、天皇賞(春)の枠順確定後の各陣営のコメントをみてると、「みんな内枠がほしかったんだなぁ」感がにじみ出てる。

ぺちです。

 

3,200mで1周半しますからね、コーナーも6つありますから内枠を引きたいのは当然なんですよね。

外枠を引いた陣営が悲観的なことを言えないから、「偶数枠で良かった」とか「枠は特に気にしていない」とかで濁している感じがなんともいえないですよね(笑)

データ的にも内枠のが成績が良いですから陣営のコメントも仕方ないんですけどね。

枠順から分かる陣営の心理描写を読み解くのも面白いですよ!

 

さて今週は伝統の長距離GⅠ天皇賞(春)です。

過去5年のデータ分析から勝ち馬を探っていきたいと思います。

 

 

結論

まずは結論から発表します。

◎ガンコ

レインボーライン

▲クリンチャー

 

過去の天皇賞(春)勝ち馬の傾向

過去の天皇賞(春)の勝ち馬5頭から導き出せる傾向はこちら。

①前走連対していて、先行力があるか

②前走の人気が1~3人気かどうか(例外あり)

③ステップレースは5レースに絞られる

④5歳中心

 

それでは①~④が傾向となる理由を考察します。

 

①前走連対していて、先行力があるか

10頭中8頭が前走で連対しています。

また、残りの2頭は逃げor先行馬でした。

単純に調子の良い馬を狙えってことですね。

長距離レースはメンバーがある程度固定されますから、前走の段階で勝負付けが済んでいるからだと思っています。

ダートGⅠとここら辺は似ているかもしれません。

また、先週のマイラーズCがレコード決着だったように、この時期の京都競馬場は芝状態が良く軽い馬場状態です。

なので内側を走れる逃げ・先行馬が有利になります。

過去5年の連対馬10頭の前走の位置取りをみると、第4コーナーで5番手以内にいた馬が8頭にも上ります。

 

②前走の人気が1~3番人気かどうか(例外あり)

10頭のうち7頭が前走1~3番人気に支持されています。

残りの3頭は人気がありませんでしたが、どの馬も天皇賞(春)or菊花賞で3着以内に入った経験のある、コース適性が高い馬たちです。

長距離レースって基本的にスローペースになることが多く毎回同じような展開になるので、展開によるブレが少ないイメージがあります。

ブレが少ない分、人気どおりの決着になりやすいのだと思います。

またおかわりの多いレースで、1度このレースで馬券に絡むと2回目も来ることが結構あります。

距離が200mだけ違うだけなので、菊花賞で好走した馬もおかわりは適用されます。

 

③ステップレースは5レースに絞られる

10頭は以下のレースのいずれかがステップレースとなっております。

日経賞阪神大賞典大阪杯>>>京都記念>ダイヤモンドS

 この中では日経賞が1番相性が良くて、右に行くにつれて相性が悪くなります。

そもそも現代の競馬では3,000mを越える長距離路線はあまり重要ではなくなっており、天皇賞(春)に向けたローテーションを組むとなるとそんなに選択肢がありません。

前走牝馬重賞やOP、1600万下のレースから天皇賞(春)で連対できないのは、長距離レースになるほど地力が必要となるので、実績がものを言うのだと思います。

 

④5歳中心

10頭のうち5頭が5歳馬です。

 競走馬は一般的に4歳の秋~5歳の春が能力としてのピークを迎えると言われています。

 長距離レースということもあって若くて体力のある4歳、5歳が活躍することが多いです。

6歳も馬券には度々絡みます。

7歳以降は歳をとるにつれて体力が落ちてきてレースとの相性が落ちていきます。

ここら辺は人間と同じ感覚だと思います。

基礎体力が落ちてしまうんですね、きっと。

 

それでは次にこの①~④を過去の天皇賞(春)勝ち馬に当てはめてみます。

過去5年の天皇賞(春)勝ち馬

2017年 キタサンブラック:①1着、②1番人気、③大阪杯、④5歳

2016年 キタサンブラック:①2着、②5番人気、③大阪杯、④4歳

2015年 ゴールドシップ:①1着、②1番人気、③阪神大賞典④6歳

2014年 フェノーメノ①5着、②2番人気、③日経賞、④5歳

2013年 フェノーメノ:①1着、②1番人気、③日経賞、④4歳

 ※赤字は今回の条件に該当していない項目

 

①前走連対していて、先行力があるか

②前走の人気が1~3人気かどうか(例外あり)

③ステップレースは5レースに絞られる

④5歳中心

 

条件を満たしいないのは2016年のキタサンブラックと2014年のフェノーメノですが、キタサンブラック菊花賞馬、フェノーメノは前年に天皇賞(春)を制しています。

つまりレース適性が実績で証明されている馬は例外的に扱って良いということです。

 

 

この条件に該当する今年の出走馬はこちら

・ガンコ

①1着、②3番人気、③日経賞、④5歳

前走が重賞2回目の挑戦で初制覇。

日経賞組で5歳と条件としては1番ハマっています。

GⅠは初挑戦の上がり馬ですが、マイネルキッツもこのような戦績から戴冠したのでチャンスはあると思います。

 

レインボーライン

①1着、②3番人気、③阪神大賞典、④5歳

こちらは今回が10回目のGⅠ挑戦。

前走が久々の勝利で、勝ち方も圧倒的でしたのでもうひとつ成長した感じがします。

GⅠ獲りへ最大のチャンスがきました。

 

・クリンチャー

①3着、②1番人気、③阪神大賞典④4歳

前々走でレイデオロをはじめとした並いる強豪馬を破って一躍主役に躍り出た4歳馬。

前走でそれがフロックではないことも証明し、GⅠは4回目の挑戦でチャンスが回ってきました。

年齢が4歳という点で上位2頭には劣るものの、菊花賞2着の成績でそこはカバーできています。

芝GⅠ馬を未だ輩出していないディープスカイ産駒だが、条件は整っています。 

 

まとめ

過去5年のデータをもとに分析した結果、天皇賞(春)勝利に近い馬を順位付けするとこのようになりました。(あくまでデータ分析のみの順位付けです)

◎ガンコ

レインボーライン

▲クリンチャー

 

上記3頭はいずれも条件をすべてクリアしているので、年齢(5歳→4歳の順)と前走(日経賞阪神大賞典の順)で印をつけました。

今年は4歳世代が強力で5歳世代が寂しく感じるところですが、ここで一矢報いてほしいですね。 

 

shumpei116.hatenablog.com

 

以上、第157回天皇賞(春)過去5年のデータ分析でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加