club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第54回七夕賞(2018)最終予想~夏のローカルはマイネル軍団の庭~

 友だち追加

どーも、7/7に福島競馬場オジュウチョウサンが平場のレースに出るよ!(4年8か月ぶり!!)

ぺちです。

 

オジュウチョウサンは現在、障害レースでGⅠ5勝を含む重賞9連勝中の言わずと知れた障害界のエースです。

そんなオジュウチョウサンが7/7福島競馬場の第9レース開成山特別(500万以下)に出走します。

平場のレースは4年8か月ぶりの出走で勝ったことがないので、もし勝利ができれば平場レースでの初勝利となります。

障害レースでは圧倒的な強さを誇っていますが、はたして平場のレースでも勝利をできるのか、七夕賞に加えてオジュウチョウサンにも注目です。 

 

さて今回はオジュウチョウサンでも話題の福島競馬場で行われる七夕賞の最終予想です。

オジュウチョウサンは土曜のレースに出走し、七夕賞は日曜日のレースです

 

 

 

 

馬場傾向

週末の福島市は曇り〜雨予報で、週中は雨が降っていたので稍重〜重馬場でのレースとなりそうです。

先週のラジオNIKKEI賞では割と速いペースにもかかわらず前目の馬が残っていたので、芝がきれいで距離ロスのない内側を走れる馬が有利の馬場状態といえます。

したがって、重馬場が得意で先行できる内枠の馬が馬場傾向的には有利に働きます。

 

展開予想

七夕賞はスタートがポケットからで直線が長く平坦なため、また最後の直線が短いので先行争いが激しくなるためハイペースになりやすいです。

今年は逃げ馬がいますし、距離延長組が多いのでペースは速くなりそうです。

展開的には中段~後方からの差しが決まりそうです。

  

第54回七夕賞勝ち馬予想

マイネルサージュ 

マイネルフロスト

サーブルオール

☆キンショーユキヒメ

 

マイネルサージュ

前走は福島民報杯で勝利し、今回と同じコースで勝利を収めています。

後方一気の戦法なので、ある程度流れてほしいところでしょうが、七夕賞はペースが流れやすいレースなので、レースとの相性は良さそうです。

重賞実績が乏しいので、経験値が低いところが気になるところです。

 

マイネルフロスト

昨年の2着馬で、福島は(1-1-0-1)とコース適性が高い1頭です。

前走(エプソムC:13人気9着)は明らかに仕上げ途中といった印象でしたので、叩き2戦目の今回が勝負レースとなりそうです。

マイネルフロストは重賞勝ちをしているので経験値は高いですが、7歳馬なのが懸念点となります。

 

サーブルオール

前走(エプソムC:3人気4着)の成績は今回のメンバー中最高で、相手関係を考えても今回の方が楽なので勝機は十分にあると考えられます。

重賞実績が他の馬に比べて足りない点とローカル競馬の経験がない点が気になるところですが、鞍上は現在七夕賞2連勝中の戸崎さんなのは心強いです。

 

☆キンショーユキヒメ

2走前(福島牝馬S:7人気1着)で重賞初制覇し、それが福島コースなので言わずもがな福島コースは適性が高いです。

ただ近走は牝馬戦でしか走っていないので、牡馬混合戦の重賞で好走できるかが気になるところです。

 

 

データ分析・最終追い切り診断も別記事で書いておりますので、そちらも是非。 

買い方

マイネルサージュ 

マイネルフロスト

サーブルオール

☆キンショーユキヒメ

馬連BOX◎〇▲☆

計 6点   

 

抜けた馬がいないので馬連BOXにしました。

4頭のBOXだとそこまで点数増えないんですよ。

 

消した人気馬 

 ・プラチナムバレット

3歳時に京都新聞杯(GⅡ)を勝利していますが、その後骨折を経て今年の1月に復帰しています。

復帰後はOP戦で3戦していますが、あと一歩で届かない印象です。

レースをみるに後方差しでエンジンの掛かりが遅いので、福島のような小回りコースで好走できるかが疑問です。

ジョッキーの乗り替わりもプラスには働かないかなと思います。

 

 

まとめ

今年はマイネル軍団が3頭出走しますが、どの馬にもチャンスはあると思います。

マイネルサージュは前走の勝ち方が良く、マイネルフロストは福島適性が高い、マイネルミラノは小回りが得意で重賞勝ち実績ありと、他の馬よりも実績的に抜けています。

その中でも、マイネルサージュは実績に加えて勢いもあって重賞初制覇のチャンス大です。

鞍上の津村さんは福島得意ですしね!

平坦小回りをまくり差せ、マイネルサージュ!!

 

以上、第54回七夕賞最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加