club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第54回七夕賞(2018) 最終追い切りレビュー~夏は牝馬なのか!?~

 友だち追加

どーも、夏の福島開催は戸崎圭太が無双状態。

ぺちです。 

 

過去3年の福島の夏開催では戸崎さんが47勝でダントツのトップで勝率も22.8%でトップです。

2位は北村宏で24勝、勝率が16.0%なので、戸崎さんの圧倒的差が分かります。

今年の福島夏開催は現在、田辺君がトップで3勝、勝率が17.6%となっており、戸崎さんは7位で1勝、勝率が5.6%となっております。

今年に限っては戸崎さんは奮わないですね。

 

夏の福島開催のリーディング争いも気にしつつ、今回は七夕賞の最終追い切りレビューです。

 

 

 

七夕賞人気馬の最終追い切り 

7/6現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:サーブルオール            3.0倍

2番人気:プラチナムバレット    5.9倍

3番人気:キンショーユキヒメ    6.0倍

4番人気:マイネルサージュ        6.2倍

 

夏競馬らしく、ガッツリ割れております。

予想オッズでは7人気まで一桁倍台のオッズなので、今回は絞って4人気までを上位人気としました。

それでは上位人気馬と調教からみるオススメ穴馬をレビューしていきます。

 

サーブルオール

7/4(水)            5F  4F  3F  1F

美浦 南W 良  68.6 53.1 39.1 12.9 

 

タイム的には前走(エプソムC:3人気4着)よりも遅れているのですが、動き的には今回の方が良くみえます。

そう思えたのは脚捌きです。

前回は脚が前に伸びておらず、前への推進力が物足りなく感じましたが、今回はそれが解消されていて躍動感のある動きになっています。

今までは約2カ月空いての出走を続けてきているのですが、今回は中3週での出走ですので、ローテーションの変化が功を奏すのかが気になるところですが、動きをみる限りでは状態は上向いているようにみえます。

80点

 

ラチナムバレット

7/4(水)          6F  5F  4F  3F  1F

栗東 CW 良  83.6  66.1 50.8 37.1 11.6

 

調教師が京都新聞杯時の良い頃に戻ってきているというコメントを残していますが、実際に最終をい切りを比較してみると、確かに動き自体は良い頃に戻っているように見えました。

今回は未勝利馬を併せ馬にして追い切りしていましたが、コーナーで出遅れる場面があり、エンジンの掛かりがおそいのかなと思わせる内容でした。

福島コースは小回りですから、その点は気になります。

最後は直線で強めに追って先着できていますので、状態そのものは良いと思います。

75点

キンショーユキヒメ

7/4(水)          6F  5F  4F  3F  1F

栗東 CW 良  82.6  66.1 51.1 37.2 11.9

  

前走(マーメイドS:3人気7着)時の最終追い切りよりも動きに迫力あってよくみえました。

前走の時点で合格点レベルの動きをしていましたが、今回はそれに加えて首がしっかり使えていて前への推進力が増しています。

走破タイムも前回以上でしたし、状態の上積みが見込めます。

85点

 

マイネルサージュ

7/4(水)           5F  4F  3F  1F

美浦 南W 良  69.9 54.2 40.1 13.2

  

もともと調教がけするタイプではなさそうですが、併せ馬に先着を許しタイムも平凡以下です。

中山記念(10人気9着)時の追い切りと同じような内容で、中山記念が人気どおりの着順になっているので、今回も同じくらいの結果は見込めるのかなと思います。

動きに迫力がなく、併せ馬に追走するのがやっとといった印象なので、調教内容自体はイケていないようにみえます。

65点 

 

その他よく見えた馬

レイホーロマンス

前走時(マーメイドS:1人気6着)も最終追い切りは非常に良く、最高評価を下しましたが、今回もかなり動きが良く見えました。

坂路を4F54.2-1F12.1とまずまずのタイムで駆けあがっていますが、タイム以上にフットワークが軽くテンポよく走っているのが好印象でした。

85点

  

 

まとめ

今回の最終追い切りでは牝馬勢が軒並みよく見えました。

キンショーユキヒメ、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイも良かったです。

人気薄で良く見えた馬はあまりおらず、穴をあけるとしたら展開次第となりそうです。

牡馬では1人気候補サーブルオールが1番良く見え、ジョッキーも戸崎さんですから重賞初制覇も期待が高まります。

 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

サーブルオール         :80点

ラチナムバレット :75点

キンショーユキヒメ :85点

マイネルサージュ     :65点

 

 

オススメ穴馬はこちら

レイホーロマンス   :85点


以上、第54回七夕賞(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加