club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】宝塚記念(2019)~八村塁、久保建英がサイン馬券!?~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

さて、今回は第60回宝塚記念(GⅠ)の最終予想です。 

宝塚記念は特徴的なレースで予想のポイントが多いので早速紹介します。

①ハイペース×パワー

②外差し

阪神内回り+非根幹距離

④雨重馬場

⑤血統はヌレイエフ、キングマンボ、ステゴ持ち

ここらへんも踏まえて予想していきます。

(サイン馬券についてはまとめに書いています)

 

宝塚記念予想

リスグラシュー

レイデオロ

マカヒキ

☆エタリオウ

アルアイン

 

こちらも併せてぜひ!

【最終追い切り】宝塚記念(2019)調教BEST3~クラシックホースの逆襲~ - club keiba

【血統】血統のお勉強~ステイゴールド編~ - club keiba

【第60回宝塚記念】抜群の適性を誇る10傑に投票して荒れるレースを演出したい! - club keiba

 

リスグラシュー

昨年のエリザベス女王杯で今回と同じ非根幹距離の2200mで勝利、その勝利で一皮むけた印象で香港ヴァーズ2着、金鯱賞2着、QE2世C3着と国内外で安定した成績を残しています。

戦績的には直線が長く広いコース向きではあるものの、小回りコースでも実績を残しており、3歳時の秋華賞では京都2000m(しかも重馬場)でディアドラの2着に入っていますので、タフな馬場+小回りでも問題ないことを証明しています。

牝馬宝塚記念を好走している馬の中にはデニムアンドルビーショウナンパンドラミッキークイーンなど後方からの瞬発力勝負に強い馬が好走傾向にあるので、リスグラシューもこの並びに入れてもおかしくはありません。

海外帰りが心配でしたが追い切りの内容が良く、陣営も強気のコメントを残しています。

勝てるレースを選ぶ矢作厩舎ですから、QE2世C→宝塚記念のローテは通常で考えれば酷ですがあえて出走してきているということは陣営も自信があるのではないかと思います。

 

唯一の懸念点を挙げるとすれば血統で、ハーツクライ産駒はこのレースと相性が悪いです。

これまでの産駒の成績は(0-1-011)で、この中にはヌーヴォレコルトウインバリアシオンといった有力馬も含まれています。

連対を果たしたのは大穴のカレンミロティックのみで、ハイペースのスタミナ決着に強い馬でした。(母系にはニジンスキー持ち)

ただリスグラシューの母系はハービンジャーの母父にあたるBeringを母父に持ち、母の母父にはミルリーフ持ち、サドラーズウェルズの血も母系で持っていますので、母系が重厚な欧州血統ということである程度血統傾向をカバーできるのではとプラスに考えています。

 

レイデオロ

バランスの良い馬で大崩れが少ない馬です。

どの舞台でも好走できる万能性がいかにもキンカメ産駒といったところで、今回の舞台にも適性を感じます。

昨年の有馬記念で2着に好走しているので阪神内回りの非根幹距離への適性は問題なく、オールカマーでも勝利していますので2200mでも大丈夫でしょう。

阪神コースでも外回りですが神戸新聞杯を勝利しています。

有馬記念では稍重の時計のかかる馬場で好走しているので阪神最終週のタフな馬場も苦にしないでしょう。

 

血統的にもキンカメ産駒(キングマンボ系)は直近5年で2勝2着1回と相性が良く、2017年の勝ち馬サトノクラウンの父系はラスタイクーンがいて、キングカメハメハの母父はラストタイクーンですし、2016年の勝ち馬マリアライトの母父はエルコンドルパサーなのでキングマンボ系です。

つまりキングマンボ・ラストタイクーン持ちが直近5年で4勝していることになります。

キングカメハメハを父に持つレイデオロはいずれも持っていることになるので、血統的にレースとの相性が良いのは大きなアドバンテージです。

 

脚質的にも中段あたりからの差しといった戦法をとることが多く、まくる力もあるので外差しが決まりやすい今の阪神競馬場に合います。

 

懸念点としては海外帰りということです。

昨年はドバイ帰国後は秋まで全休で次走はオールカマーでした。

連戦をあまり好まない馬で、昨年の秋もオールカマーから天皇賞(秋)有馬記念でJCには出走していません。(もっともJCではルメール確保ができないからという説は根強いですが)

アーモンドアイほどではないですが、レースによる消耗が激しく連戦は好まない馬だとすると、海外帰りは鬼門といえます。

ただ、春は今回がまだ2戦目というローテは良いと思います。

 

マカヒキ

日本ダービーがめっきり唯一のハイライトとなってしまった馬ですが、よく見ると宝塚記念への適性は高く、ピーク時の力を持ってすれば好走してもおかしくはない馬です。

3歳時の皐月賞では小回りの中山コースでハイペースの高速決着を追い込んで2着、フランスニエル賞で勝利できるパワーも持っています。

札幌記念でも2着ですがハイペースのスタミナパワー決着で勝ち馬にタイム差なしですので、ハイペースのスタミナ決着になりやすい宝塚記念に高い適性を感じます。

後方から追い込む脚質ですので外差しが決まりやすい今の阪神コースに合っていますし、今回は12頭立てのレースですので追い込みも決まりやすいはずです。最終追い切りの動きも京都記念から尻上がりに良くなってきているので、ここでもう1発華を咲かせてほしいですね。

 

懸念点はディープ産駒の古馬ということ。

日本ダービーを制した生粋のクラシックホースであるマカヒキが、古馬になって、しかも6歳で戴冠のイメージがわきません。

ディープ産駒で3歳時にGⅠをとって古馬になってからもGⅠをとった馬はアルアインリアルインパクトのみ。

仕上がりの早さが売りでクラシックにピークとなりやすいディープ産駒ですので、古馬になってからの成長力は乏しいです。

またディープインパクトリーディングサイアーになるくらいですから、産駒は根幹距離に強い馬が多いです。

マカヒキも非根幹距離での重賞勝利はなく、2200m戦の京都記念では2戦して3着2回と勝てていません。

この点は不安要素として強くあります。

 

☆エタリオウ

この馬は天皇賞(春)からのローテというのが強みとしてまずはあります。

宝塚記念天皇賞(春)ともに58kgでの出走ですので、同じ斤量を近走で経験している事、2200mという距離以上にタフなレースになることから距離短縮が良いことが、毎年天皇賞(春)組が好走する要因だと思ってます。

1~3着馬が今回は出走しないので、天皇賞組の中では最先着となります。

血統もこのレースと相性の良いステイゴールド産駒ですし、外からの追い込みが身上の馬ですので展開も合いそうです。

陣営も馬のリズムを重視するとしきりに言っているので、今回は後方で脚を溜めてしまいに懸ける競馬をすると思います。

 

これまでスローペースの瞬発力勝負で好走してきた馬ですが、個人的にはハイペースの方が良いと思っています。

というのも、この馬はエンジンのかかりが非常に遅く、スローの瞬発力勝負のような緩急のあるレースではどうしても出し遅れてしまい、結果届かないという歯が優位レースになることが多いです。

それならばハイペースである程度一定のペースで流れてくれた方が、この馬にとってはレースがしやすいのではと思います。

そのように考えると、非根幹距離で小回りコースの日経賞(稍重)で一応2着に入っていますし、鞍上はくせ者の横典なので非根幹距離はむしろ得意でしょう。

GⅠを獲るとしてたらここかなと思います。

 

アルアイン

阪神巧者で前走大阪杯も今回と同じ阪神小回りコースでの勝利です。

当初は皐月賞をレコード決着で制していたのでハイペースの高速決着に強い馬かと思っていましたが、馬場が重くなってもそこそこ好走していて、前走大阪杯(良馬場発表だったが時計はかかっている)で勝利したことによりタフな馬場でも問題がないことが証明されました。

 

戦績を見ると左回りに弱いということが言えそうです。

右回りが(5-3-2-2)なのに対し、左回りは(0-0-0-3)と1度も馬券に絡めていません。

今回は右回りですし、ハイペースになっても大丈夫、パワー勝負でも大丈夫と意外と欠点が少ない馬です。

 

欠点を強いてあげるとすれば鞍上の北村友一が癖のあるレースでうまくエスコートができるかということくらいですが、宝塚記念は鞍上の裁量は大きいと思っているので5番手まで評価を落としています。

 

買い方

リスグラシュー

レイデオロ

マカヒキ

☆エタリオウ

アルアイン

 

【3連2頭軸マルチ】

◎→〇→▲☆△

計18点

 

予想を終えて・・・

キセキ、スワーヴリチャード、そして絶好の穴umaとして狙いたかったけどとある理由で消したスティッフェリオについては、別のブログで消しの理由を書こうと思います。

 

サイン馬券ならタイミング的に八村塁君の背番号(日本代表では23、ゴンザガ大では21)なので2(レイデオロ)-1(キセキ),3(エタリオウ)でどうでしょ?(笑)

てかフツーにありそう。

ちなみに久保建英のスペインレアルマドリーの移籍に掛けて「レイデオロ(スペイン語で黄金の王)」というのもありですね!

 

以上、第60回宝塚記念(GⅠ)最終予想でした。

読んでくてありがとう!