競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【サーマーチャンピオン2020】佐賀1400mはタフさとコーナリングと心強さ

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200810033714j:image

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は中央勢5頭の見解です。
ハンデ戦といえど、ここは逆らえません。
それでは、農林水産大臣賞典 第20回サマーチャンピオン(JpnⅢ)の出走馬分析をしていきます。

 

本記事は予想ブログではないので予想は載せていません、見解を載せていますので皆さまの予想の参考にしてください(予想は当日にTwitterに載せています)

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

サマーチャンピオン出走馬分析

1ヤマニンアンプリメ(好位)
一番不安要素が少ない馬。
前走プロキオンSは勝ち馬が道中14番手からの外差し、2着馬も道中7番手からの外差しという外差し決着だった。
本馬は道中2番手好位からの競馬で、展開面で合っていなかった。
阪神1400mという芝スタートでテンが速くなりやすく、かつ直線がJRAの右回りでは最も長いコースなので先行馬不利なコースでもある。
そんなGⅢで、56kgという実質58kgの斤量で3着ならば、交流重賞の今回では十分通用する。
今回の舞台である佐賀競馬場は直線が200m、コーナーが300mの小回りコースなので差しが決まりづらいコース。
つまり、先行馬の本馬にとっては有利なコースである。


距離適性に関しても1200-1400mならこなせ、1400mではJpnⅠJBCレディスクラシックを勝利、砂の深いコースでも黒船賞かきつばた記念で2着の実績がある。
佐賀の砂にも対応できる。
直近で崩れた東京スプリント(8着)では出遅れという分かりやすい敗因があり、その出遅れも前走では改善されていたのでそこまで不安ではない。
出遅れなければ大丈夫でしょう。



5サヴィ(好位)
前走でOP勝ちし、重賞及び交流重賞は3歳時のユニコーンS(13着)以来2度目の挑戦。
OP昇格後はOP戦で7→6→3→1着と着実に着順を上げている。
今まさに力をつけてきている最中といった感じ。


前走天保山S(阪神1400m)では抜群のスタートから2番手の好位を確保。
本馬はスタートが非常にうまく、芝スタートからダートに移る辺りまでは先頭を走っているほどである。
ヤマニンアンプリメのところでも述べたように、阪神1400mは基本的に差しが決まりやすい舞台。
この時も前半3F33.9という芝並みのハイペースを2番手から勝ちきっているので、この勝利は価値が高い。
勝ちタイムの1:22.3(不良)も馬場差はあれど、ヤマニンのプロキオンSの走破タイム1:22.2(稍重)にコンマ1秒差の好タイム。
重賞でも戦える能力は備わったとみて良い。


その上で、サマーチャンピオンへの適性を見てみる。
気になるのは長距離輸送。
3走前の東京1400m(OP)のレースでは、道中は逃げグループから少し離れた4番手からの競馬で、直線では見せ場なく6着に敗れている。
印象的だったのが、ペース自体は前走の天保山Sの方が速かったが、この時の方が追走に苦労している。
その背景には長距離輸送が考えられる。
本馬は関西所属で関東圏では(0-0-0-3)、掲示板にも載れていない。
数字や映像ではわからないが、輸送によりパフォーマンスが落ちて、それが位置取りに現れているように思う。
今回は佐賀でのレースなので距離的には関東への輸送と同等である。


馬なりで先行できるのが本馬の魅力で、それは前半で脚を使わされる佐賀1400mにピッタリの能力だが、長距離輸送によってその魅力は少し揺らぐ。

 

7コパノキッキング(先行)
中央の1200m戦がベストだろう。
前走東京スプリント(大井1200m)では特に不利もなく力負けの5着。
前々走根岸Sは2着と一見好走に見えるも、この時の勝ち馬モズアスコットは出遅れており、後にフェブラリーSを勝つ馬だとしても出遅れた馬に敗れたことになる。
地方競馬では(1-2-1-1)と大崩れもないが、毎回1倍台の圧倒的1人気の割には勝てていない。
1200m戦においてはこれまで3着が最低着順で、馬券圏外は1度もなかった。
前走の5着はそういった意味でも衝撃的な着順。
敗因も明確なものが見つからないので、抽象的になるが調子を崩しているのではと思う。


1200mの中央馬場がベストな馬には佐賀1400mはタフだろう。
距離に加え、砂の深さで有名な競馬場なので、実際の距離以上にスタミナが必要となる。
能力は申し分ないが、舞台設定とはアンマッチに思う。



10ヒラソール(差し)
前走天保山S(3着)では道中5番手の先行策を取っていたが、終始鞍上の手が動いていたので本質的には差し・追込馬なのだろうと思う。
速い流れで先行すると、追走に苦労する。
それをカバーするかのように3~4角では内ラチ沿いの距離ロスのないところを走っている。
これは鞍上のファインプレーだろう。
コーナーワークは上手で、直線に向いた段階では勝ち馬に1馬身差まで迫っている。
結果的に直線で突き放されて3着に終わるが、コーナリング技術と先行策ができたことは収穫。
ただ、まだ重賞級ではない。
今回はハンデ戦なので、斤量差があれば何とか戦えるとは思う。


佐賀競馬場は小回りコースなので、本馬のコーナリングはアドバンテージとなる。
ある程度後方からになったとしても、佐賀競馬場の場合は残り3Fが3角手前からなので勝負どころが3~4角。
つまり、コーナリング技術がいかんなく発揮できる舞台だといえる。
無理して位置を取りに行かずとも、まくり差しで勝負した方がパフォーマンスを最大限に引き出せると思う。


懸念点としては芝のレースでも勝利経験があるので、馬場適性。
瞬発型の馬なので、軽い馬場の方が好むのではないかと思う。



12メイショウテンスイ(差し)
2歳時に佐賀競馬場にコース形態が近い園田1400mを経験している。
ここでは2着に好走しているが、この時の勝ち馬が次走全日本2歳優駿で5着という結果だったので、レースレベルは疑わしい。
園田での本馬のパフォーマンスだが、仕掛けどころの3~4角で置いて行かれており、内ラチ沿いを走っていながら直線では外の馬よりも後方になっていた。
長くよい脚を使うタイプなので最後の最後で逆転して2着にまで食い込んでいるが、それは同じ2歳馬同士だからできた芸当だと思われる。
前走(3勝クラス)でも同じような勝ち方をしていたので、特徴は変わっていないと思ってよい。
コーナリングがあまり上手くなく、直線の最後まで長くよい脚を使う馬。


今回は古馬も交えた交流重賞
53kgという斤量は魅力だが、本馬はコーナーがゆったりしたコースの方が向いている。
前走はそんなコーナーを持つ阪神1400mだった。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。馬体重を見たいので予想はTwitterでレース当日30分前頃にツイートします。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、農林水産大臣賞典 第20回サマーチャンピオン(JpnⅢ)出走馬分析でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋