club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【勝つならココ】オジュウチョウサンの挑戦~第53回ステイヤーズS(2019)予想

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第53回スポーツニッポンステイヤーズステークス(GⅡ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場(Aコース):開幕週、距離が距離なだけにいかに距離ロスなく立ち回れるか、枠とかではない、騎手の腕
中山3600m(内):内回りコース2周、とにかくスタミナ
重視:スタミナ、3000m以上での実績、血統
血統トニービン、ロベルト、ニジンスキー持ち【参考】ステイヤーズS(2019)血統分析
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

ステイヤーズS予想

国内平地重賞最長レース。
ゆえにかなりの特殊性があり、GⅡながら普通に1勝馬や2勝馬クラスが参戦する。
傾向をみると直近のレースの成績よりも格が重要。
OPクラスの長距離戦を走っているだけでここでは馬券圏内に入る可能性は十分にある。
というのも前走2400mとかで敗れている馬は単純に距離適性が合っていないものの、3000m級のレースがないためそこを選ばざるを得ない状況となっている。
なので直近の着順にあまりこだわらず「格と血統」で今回は取捨していきたい。

 

◎オジュウチョウサン

この馬、血統的に長ければ長いほど良いです。
父はステイゴールド、母父シンボリクリスエス(このレースと相性の良いロベルト系)、母母父は欧州スタミナ血統のミルジョージ
いずれもスタミナに富んだ血です。
オジュウ自身障害の絶対王者に君臨していますが、それにはこの充満なスタミナ血統の裏付けがあると思います。
前走、前々走は結果が出ませんでしたが、これは距離と瞬発力勝負になってしまったので敗因は明確。
ステイヤーズSはほぼ間違いなくスタミナ勝負になるので、展開的にはもってこいです。
鞍上は中山大得意のデムーロ、最内枠も引けたので距離ロスなく立ち回れるのもプラス。
昨年の有馬記念で見せ場を作る9着と中山適性は高く、この距離なら平地でもやれます。

 

〇リッジマン

昨年の勝ち馬。
このレースはリピーターが多いので有名なので、まだ6歳ですしその可能性は十分に秘めています。
今年に入ってからも阪神大賞典で6着、天皇賞(春)は8着と、今回のメンバーなら十分な結果を残しています。
前走は休み明け、ステイヤーで休み明けをいきなり走るイメージはないのでそこまで気になりません。
鞍上は関東の名手蛯名さんと頼もしいですし、血統的な相性は昨年に証明済み。
気になるのは57kgという斤量のみ。
馬体重が450kg前後なので応えそうではあります。
なので2番手評価。

 

▲ヴァントシルム

3か月の休み明けは長距離戦においては気になりますが、この馬は休み明けが(1-2-0-0)と得意なので大丈夫かなと思います。
2走前の札幌日経OPで4着とまずまずの結果を残しての参戦ですが、力的には1枚劣る印象。
ただ鞍上が中山巧者の田辺さん、2番枠と内枠を引けたことは大きいです。
血統的にも芝ダートともにGⅠ馬を輩出しているジャングルポケットトニービンも内包しています。
母父には菊花賞天皇賞(春)など長距離に強かったマンハッタンカフェと、このレースと相性の良おい血統を持っています。
OP以降の長距離実績がやや乏しい。

 

△2頭一気に

△1アルバート
昨年は4連覇を目指すも直前で出走回避。
2年越しの4連覇を目指します。
この舞台なら無双状態の馬ですが、今年に限っては状態面が不安です。
前走京都大賞典はその出走回避したステイヤーズS以来のレースで、全く追っていませんでした。
結果は最下位の16着、13着のリッジマンからも0.9秒遅れています。
明らかな調整だったので逆に心配がいらない可能性もありますが、これまでの3連覇時とは勝手が違います。
一昨年は京都大賞典で3着に入っていますし、2016年はAR共和国杯2着、その前は条件戦を3連勝したうえでの参戦でした。
状態面の不安はぬぐえないので抑えまで。


2チェスナットコート
天皇賞(春)6着はリッジマンを上回る結果ですし、その後の目黒記念7着(0.7秒差)もレコード決着を考えると評価できます。
秋は調子を崩している感がありますが、それでも京都大賞典ではリッジマン、アルバートの先着しています。
ハーツクライ産駒でトニービン内包なので血統的には魅力的。
条件馬に比べれば可能性を感じる。

 

買い方

オジュウチョウサン
〇リッジマン
▲ヴァントシルム
△1アルバート
△2 チェスナットコート

 

3連複
◎-〇-▲△1△2
計3点

 

予想を終えて・・・  

オジュウチョウサンにとってはかなりチャンスがあると思います。
障害レースで走ってきたスタミナが平地の中ではモロに出せる舞台。
剛腕デムーロとも手が合いそうです。
スローの上がり勝負にならない限りは大丈夫かと。
なにしろ超絶スタミナ血統なので。
人気先行ではないことを証明してもらいたい。

 

以上、第53回スポーツニッポンステイヤーズステークス(GⅡ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。