club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】紫苑ステークス(2019)~秋競馬開幕戦~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

今回は第4回紫苑ステークス(GⅢ)の予想です。 

予想したポイントは以下の通り。

①開幕週の馬場(それでも外差し)

②実績

③例年の傾向

④血統は父系はハービンジャーディープインパクト、母系米国型短距離種牡馬

【参照】【傾向・血統】紫苑Sをざっくり分析する - club keiba

ここらへんも踏まえて予想していきます。

 

紫苑S予想

◎カレンブーケドール

まず開幕週の中山競馬場ながら外差しが決まりやすいのが紫苑Sの特徴です。

その理由は2つあると考えています。

一つは馬場。

開幕週の馬場なので、勝てるほどの実力はないが3着以内まではという馬は内ラチ沿いで距離ロスなく立ち回ることを考えます。

そしてそういた馬は先行します。

実力のない馬が上位に食い込むには距離ロスを最小限に抑えて、なるべく前の競馬で展開に頼るのが定石です。

つまり力のない馬が内ラチ沿いをべったりに付き先行するので、直線で壁いなってしまう可能性が高くなります。

開幕週なので直線でばらけることは少なく、セオリーではインに馬群が固まります。

そうなると有力馬は先行だろうが差しだろうが力を出し切るには外を回さざるを得なくなります。

 

ちなみに過去3回の紫苑Sで7・8枠の馬で3勝しています。

 

そこで本命はカレンブーケドール。

前走オークス2着という実績は断然で、枠も障害のない14番枠と好枠を引けました。

鞍上の津村さんも中山コース、2000mという距離は得意です。

【参考】騎手のお勉強~アベレージヒッター:津村明秀編~ - club keiba

今回は前走1勝クラスを制したという馬が多く、春に重賞連対を果たした馬はこの馬とフィリアプーラくらい。

オークスはレコード決着で、そこでタイム差なしの2着。

開幕週の高速馬場も問題ありません。

前々走ではリステッド競走のスイートピーSを勝利、クイーンCでも4着と世代上位の馬ともやり合えています。 

未勝利戦では中山マイル戦を勝利しているのでコース適性もあります。

血統的にもデイープ×ストームキャット系とこのレースと相性の良い配合をしています。

スローペースの瞬発力勝負にでもならない限り崩れないのではと思います。

 

〇パッシングスルー

春はシンザン記念フローラSともに4着という実績を持ち、夏の前走福島2000m戦で1勝クラスを勝利しています。

夏の1勝ということはつまりは古馬との戦いで勝利しているということなので、同世代同士の戦いである春の1勝クラスとはレベルが違います。

この馬は古馬相手に0.5秒差をつけて勝利しているので、1勝クラス勝ち馬の中でも能力は上位だと思います。

上がり最速は新馬戦のみですが、好位からそこそこの脚を使えますので中山は向くはず。

小回りコースは福島で勝利しているように得意です。

この馬も大外枠の15番枠を引けたのでレースはしやすく、馬場もフローラSを1:59.6(勝ち馬に0.1秒差)で走れていますので問題ありません。

血統的にも父はルーラーシップですが母父はクロフネと米国短距離血統を持っています。

 

▲フィリアプーラ

中山巧者で、中山は2戦2勝。

この馬のすごいのは追込馬であるにもかかわらず中山が得意だということです。

直線が310mと短い中山コースは追込が決まりづらいコース形態をしています。

しかしながらこの馬は2勝とも道中10番手以降から追い込んで勝利を収めています。

2勝がいずれもマイル戦なので根幹距離に強い馬でもあります。

血統的にも現在紫苑S2連勝中のハービンジャー産駒ですし、今回のメンバーならまだ見切れない馬。

 

△3頭一気に

△1レッドベルディエス

ディープ×アンブライドルズソングというこのレース向きな血統を持っていますが、全姉のレッドベルローズ昨年の紫苑Sで14着と大敗しているので幾分割引が必要。

春にはクイーンCで5着とカレンブーケドールに0.3秒差と善戦しているので、ここでも。

 

△2アップライトスピン

3戦2勝で勝利時は上がり最速をマークしている瞬発力型の馬。

血統もディープ×フォーティナイナー系なので頷けます。

中山コース未経験で東京向きな面は否めませんが、上がり勝負になればチャンスはあると思います。

 

△3グラディーヴァ

一つの指標として春の実績馬(重賞連対)or夏に勝利している馬がこのレースで好走条件ですが、この馬はいずれも満たしていません。

中山でも春に若竹賞で3着に敗れており、勝利はいずれも非根幹距離と不安要素は多いです。

ただハービンジャー産駒で鞍上が中山得意のデムーロ、上がりの脚も持っているので抑えておく必要はあると思います。

 

買い方

◎カレンブーケドール

〇パッシングスルー

▲フィリアプーラ

△1レッドベルディエス

△2アップライトスピン

△3グラディーヴァ

 

3連複

◎-〇-▲△1△2△3

計4点

 

予想を終えて・・・

オークスの力だけをみればカレンブーケドールの1強ですが、堅い馬ではない気もしています。

オークスは無欲の2着といった感じですが、今回は1人気になるでしょうしマークをされる対立場になります。

ここでも完勝できるようならば、いよいよ秋華賞の本命候補に躍り出ますが、まだ信頼が置けないのが現時点での印象です。

パッシングスルーは今回春の実績馬側でもあり、夏でしっかり勝っている点に好感が持てます。

秋競馬1発目、幸先よくいきたいですね!

 

こちらも併せてぜひ!

 

【適性】紫苑ステークス~甘く危険な人気馬たち~ - club keiba

 

以上、第4回紫苑ステークス(GⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。