club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】シンザン記念(2019)最終予想~ヴァルディ1勝馬でも魅力~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

シンザン記念の血統的傾向は母父ダンスインザダークデインヒル系、サンデーサイレンスです。

それぞれ過去3年で2頭ずつ輩出しています。

今年の出走馬ではミッキーブリランテが母父デインヒル系で該当します。

ミッキーブリランテは父ディープブリランテ、母父ダンシリという血統で、母父デインヒル持ちで父がサンデー系という共通点も過去3年の好走馬2頭に合致します。

  

さて血統を踏まえたうえで今回は第53回日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)の最終予想です。 

 

シンザン記念勝ち馬予想

◎ヴァルディゼール

〇アントリューズ

▲パッシングスルー

☆ハッピーアワー

△ドナウデルタ

マイネルフラップ

 

◎ヴァルディゼール

1戦1勝馬ながら本命です。

新馬戦では京都マイルと今回と同じ舞台で、かつ時計のかかる稍重馬場で2着に0.5秒差の楽勝をしています。

土曜日の競馬を見るに今の京都は時計がかかっているので、この馬が勝った時の馬場に近いように思います。

この馬は瞬発力はまだ未知ですがパワーは新馬戦で証明済みで、先行力があるので展開に左右されませんし2番枠という絶好枠を引けたのも強調材料です。

最終追い切りでは軒並み軽い仕上げをしている中でこの馬はしっかりと負荷をかけた追い切りができていましたし、動き的にも仕上がりの良さを感じさせる内容でした。

新馬戦の勝ちっぷりの良さ、最終追い切りでの動き、馬場適正からこの馬を本命にします。

 

〇アントリューズ

最終追い切りの動画がないので状態面が分かりませんが、中間の追い切りは中5週で5本の追い切り消化と中身が濃いです。

その点を高く評価しました。

能力的にもマイル戦は2戦2勝で底を見せていませんし、2戦とも上がり最速と素晴らしい瞬発力を持っています。

瞬発力勝負ならこの馬が随一でしょう。

勝馬も今回は3頭しかいませんので実績も上位になります。

 

ただ、瞬発力が良すぎるために今の時計のかかる京都の馬場への適正という点では少し不安があります。

関西圏の輸送も初めてでその影響も気になります。

不安要素はありますが、適性がないのではなくわからないというだけで難なくクリアしてしまう可能性はありますが、本命馬の追い切り内容が良かったので2番手に評価を下げました。

 

▲パッシングスルー

こちらも1勝馬から。

関東馬新馬戦も東京コースなので、今回は初めての関西遠征で京都コースももちろん初めてです。

重賞でこれだけ初が重なると怖い気もしますが、新馬戦の勝ち方は非常に強い内容でした。

着差はクビ差ですが先行有利の展開を道中中段の9番手から追走し直線では上がり最速の33.5、同2位が34.1ですので圧倒的な上がりの脚を使って勝利しています。

しかも負かした相手が強く、2-4着馬はすでに勝ち上がっています。

アントリューズ同様キレのある末脚が武器の馬ですので今の京都の馬場が合うかは微妙ですが、新馬戦のレースレベルの高さと勝ち方は魅力です。 

 

☆ミッキーブリランテ

前走の未勝利戦(阪神1800m)は折り合いに欠いていましたのでマイルの距離短縮はプラスでしょう。

その前走は2着に0.4秒差の圧勝で上がりも最速と勝ち方としては強いものでした。

予想に入れた決め手は先述した血統で、父はディープインパクトよりもパワーが増したディープブリランテ、母父はこのレースと相性の良いデインヒル系ですので時計のかかる今の京都の馬場に合いそうです。

 

△ドナウデルタ

追い切りの動きの良さから抑えに入れました。

前走デイリー杯は見せ場なく5着で見た感じも実力負けでしたので予想から外そうと思っていましたが、追い切りの動きが非常に良くて、逆にあまりよく見えなかった馬が多かったのでこの馬の良さが際立ちます。

未勝利戦では重馬場で勝利しているのでパワーのいる今の馬場には合いそうです。

 

マイネルフラップ

今の京都の馬場なら狙いの穴馬です。

前走はブービー人気ながら上がり最速の脚でほぼ全頭差し切っての勝利と展開には恵まれたものの、それでも500万下で勝利している実績は評価しなければいけません。

未勝利勝ちも重馬場での勝利ですので、パワー型の馬でスタミナ勝負になればこの馬にもチャンスはあると思います。

展開に左右される脚質ですのでヒモに入れておきます。

 

買い方

◎ヴァルディゼール

〇アントリューズ

▲パッシングスルー

☆ミッキーブリランテ

△ドナウデルタ

マイネルフラップ

 

馬連

◎-〇▲☆△△

計5点

 

消した人気馬

ハッピーアワー

コース適正はトップ評価をした馬ですが、最終追い切りの動きが芳しくありませんでした。

前走デイリー杯(3着)時の最終追い切りよりも動きが悪くタイムも悪かったので状態面で不安の残る内容でした。

追い切りの動きだけで消すのは恐いですが、非常に軽い内容でしたので本調子には程遠いのではないかと思い消しました。 

 

予想を終えて・・・

重賞は全頭の最終追い切り動画が欲しい!!

中山金杯京都金杯、そしてシンザン記念を通して切に思いました。

今週は動画が圧倒的に少なく、追い切りでのファクターがないに等しいものとなってしまいました。

追い切りで直近の状態を判断しているので、動画がないと馬の体調が判断できません。

現代競馬予想では追い切りは必須で、馬柱だけでは情報が少なすぎます。

せめて重賞では全頭分の追い切り動画が欲しいです。

ホントは全レースに動画があればもっと平場の予想にも目が向くんですけどね。。。

 

データ・最終追い切り分析も是非!!

 

【データ】シンザン記念(2019)出走馬適正分析~ハッピー前走を素直に評価~競馬予想blog - club keiba

【調教】シンザン記念(2019)最終追い切り分析~ドナウデルタ質の高い動き~競馬予想 - club keiba

  

明日日曜日にはフェアリーSのデータ分析をブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第53回日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。