競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【摂津盃2020】園田1700mはとにかく先行馬から!

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200813092739j:image

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は5頭見解です。
それでは、第52回摂津盃(重賞Ⅰ)の出走馬見解をしていきます。

 

皆様の予想をする上での参考として、見解を楽しんでいって下さい。

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

摂津賞出走馬分析

園田1700mは最初のコーナーである3角まで約140mしかない。
ラップタイムが最も速い2F目が3~4角ということになる。
つまり、前半のペースが上がりづらい。
園田コース自体が直線は213m、コーナーも300mない非常に小回りコース。
コース自体が先行有利な上に、1700m戦のスタート位置も先行馬が有利。
つまり、園田1700mは先行馬が圧倒的に有利な舞台といえる。
とあいっても、重賞という高ストレス下なので逃げが残るのも難しく思う。
よって、道中3~4番手を追走する馬が最も走りやすいのではと思う。



2タガノジーニアス(差し)
前走は名古屋の名港盃(1900m)で勝利。
もともと中央ダートで3勝している馬なので、どちらかというと軽い砂向きなのだろう。
名古屋競馬場園田競馬場を比べた場合、園田の方が時計がかかる馬場。
前走の勝利は馬場適性もあったのだと思う。
さらに、名古屋1900mは最初のコーナーまで約300mと長い。
前半のペースが上がりやすい舞台かつ距離も1900mと長かったので、差し馬の本馬にとってはレースがしやすい舞台だった。

今回は園田の1700m。
2走前にOBCラジオ大阪賞で3着に入っているが、この時は道中6番手で、向正面から進出して3角2番手、直線では先頭に並びかけるも力尽きて最後は2着馬に0.8秒差をつけられている。
園田1700mは差し馬向きの舞台ではないため、脚質的には期待をしづらい。


ただ、重賞ということでレースレベルが上がるので、特別戦よりは差しが幾分は決まりやすくなるはず。
2走前よりは幾分やりやすくなるだろう。



3アーチデューク(逃げ)
前走(1700m)は逃げて勝利。
7頭立てという少頭数で、かつ先行争いも緩かったので本馬からしたら非常にやりやすいレースだった。
今回はぐっとレベルが上がる。
しかも同じ脚質のヒダルマが隣の枠にいる。
枠的には本馬の方が内枠なので逃げやすいが、テンのスピードではヒダルマだろう。(ヒダルマの欄で詳しくは述べています)
ただ、斤量差は大きくある。
ヒダルマとは3kgも差があるので、斤量差を活かして逃げることはできるかもしれない。
前走のレースの格ではヒダルマと変わらないのに斤量差がこれだけ出るのは不可思議だが、これを活かさない手はない。
少し無理をしてでも逃げた方が、斤量の恩恵も活かせて好走できるのではと思う。
53kgは明らかに有利。

 

4ヒダルマ(逃げ)
前走OBCラジオ大阪賞(1700m)ではスタートが最も速く、そのまま楽に逃げることができた。
2着という結果も、スタートが上手く決まったことが大きい。
近走で崩れているのは距離適性もあるが、道中の位置取りが悪い。
逃げられないと好走が厳しくなるのが逃げ馬の性である。
今回は同じ脚質のアーチデュークが隣にいるが、前走のタイムからは本馬の方がテンのスピードは信頼できる。
本馬の前走(1700m)の走破タイムが1:48.3、アーチの前走(同じく1700m)が1:55.3。
アーチデュークの方は7頭立ての少頭数で、前半からかなりペースが緩かったので非常に逃げやすい環境だった。
本馬の前走の方がメンバー構成的にもレベルが高く、タイムも速い。
よって、本馬の方が逃げとしての能力は高いのではと思う。


早めにペースを落とせば、前走のように逃げ残ることができるはず。
アーチと競り続ける展開になるとハイペースになり、お互いにとって好走しづらい展開となる。
重賞でメンバー全体のレベルが上がるので、特別戦に比べたらペースも仕掛けどころも速くなるだろう。
これは逃げ馬にとってはマイナス。



10ジンギ(先行)
1700m巧者。
戦績的に(4-0-0-1)というのもそうだが、それにはスタートが要因として挙げられる。
本馬は中距離先行馬の中でもテンのスピードが速い方ではない。
なので1870mでは勝ちパターンの位置よりも若干後方になってしまい、取りこぼしがある。
だが1700m戦では取りこぼしが少ない。
それは、3角までの距離が関係している。
園田1870mは最初のコーナーである3角まで300m強あるが、園田1700mは3角まで約140mしかない。
本馬はテンのスピードは速くないといったが、スタート自体は速い。
1700m戦だと馬群がスピードに乗る前に3角に突入する。
よって好位を取れたままレースを進めることができるのである。


前走OBCラジオ大阪賞(1700m)はまさにそのような展開で勝利している。
スタートは2番目の速さで、そのままの勢いで3角に突入できている。
今回のメンバーを見てもこの時の上位馬が中心なので、本馬は今回も中心の1頭である。
スタートさえ出遅れなければ大丈夫だろう。



11ストーンリバー(追込)
前走はタガノジーニアスと同じ重賞名港盃(名古屋1900m)で、タガノよりも後方から追い込んでの2着。
名古屋競馬場は直線は短いが、コーナーが地方競馬場の中では緩い方なので差しが決まりやすいコース。
園田替わりは本馬にとってはマイナスだろう。
今回有力馬のほとんどがOBCラジオ大阪賞を経由してきているが、本馬はそこで9着と惨敗している。
園田1700mは追込が決まりづらい舞台で、かつ前走の重賞で2着に入ったので今回の斤量が57kgとトップハンデ。
OBCラジオ大阪賞2着のヒダルマが56kgなので、条件としては過酷。
ハイペースで展開がピッタリはまらないと厳しいだろう。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。予想は当日になるのでTwitterにて公表しています。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、第52回摂津盃(重賞Ⅰ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋