club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第53回関屋記念(2018)最終予想~今週は調教ハンターと本命丸かぶり(ロードクエスト、ドリームキラリ)~

 友だち追加

どーも、関屋記念の血統的傾向はサンデー系orノーザンダンサー系が入っていること。

ぺちです。

 

過去5年の3着以内馬15頭の全頭が上記のいずれかの血が父系もしくは母父系に入っています。

今回の出走馬は直線の長い新潟マイルらしく、父系にサンデーの血が入っている馬が15頭中11頭にも上ります。

父系にサンデーの血が入っていない残りの4頭のうち、2頭は母父にサンデー系、1頭が母父にノーザンダンサー系が入っているので、サンデー系もノーザンダンサー系も入っていない馬はロッカフラベイビー1頭のみとなっています。

つまり血統的にはどの馬が来てもおかしくないってことですね。

もっと血統を突きつめたいなぁ。。。

 

さて気を取り直して、今回は第53回関屋記念の最終予想をしていきます。

 

 

 

 

馬場傾向

新潟競馬場のある新潟市北区の週末の天気予報は晴れです。

先週までの暑さにはならなそうなので、幾分馬にとっても走りやすい気候になるのかなと思います。

最低気温が結構低くなっているので寒暖差がありそうです。

(日曜日は晴れ時々曇り、31℃/20℃)

 

先週のレースをみると、燕特別(500万以下)でレコードがでたように馬場状態は非常に良好で、引き続き高速馬場が予想されます。

また、芝レースのほとんどがペースに関係なく前残りになっていたので、予想は先行馬から狙っていった方が良さそうです。

 

展開予

例年1:32秒前半~中盤位のタイムで決着し、上がりタイムは34秒台前半位になります。

直線が長い割には先行勢が残るレースなのは上がりが速いためで、差し・追い込みは33秒台前半~32秒台の脚が使えないと差せないということになります。

前半も34~35秒台で流れますので、その中でGⅢ級の馬にそのような上がりタイムを出せるかというと、難しいです。

となるとやはり先行勢が残ることに期待するのが妙味としてあります。

先週のレース傾向からも先行有利というのも相まって、先行勢が展開的にも有利だといえます。


 

第53回関屋記念勝ち馬予想

ロードクエスト

〇ワントゥワン

ヤングマンパワー

☆ウインガニオン

△プリモシーン

 

ロードクエスト

前走(パラダイスS:3人気2着)で久々の連対を果たし、復調の兆しが見えています。

もともと新潟2歳Sでみせた末脚(上がり3F32.8で勝利)が売りに馬でしたが、近奏の不振から前走では先行して2着と変化を加えてきました。

今回も陣営の発言からも、追い切りの内容的にも先行することが予想され、それが関屋記念との相性の良い脚質となるので好走が期待できます。

斤量も前走よりも減る(1kg減)のは、このレースの好走パターンでもあります。

得意の舞台での復活が現実味を帯びてきています。

 

○ワントゥワン

この馬は最終追い切りの動きが抜群でした。

前走(中京記念:3人気5着)がレコード決着と反動が気になるレースとなりましたが、最終追い切りでは中京記念時の追い切り以上の動きを見せていて、びっしり追えていました。

最終追い切りをみて前走の反動はないことと前走以上の状態でレースに臨めると確信しましたので、 好走は必至かと思います。

中京記念では上がり最速(34.1)を使っていますが、馬場コンディション的に今回の上がりが速いレースの方が得意だと思いますので、その点も強調材料となります。

 

ヤングマンパワー

関屋記念との相性が良く、3歳馬とあまり相性の良くないレースにもかかわらず3歳時には3着、翌年には勝利を収めています。

昨年は4着と馬券に絡めていませんが、掲示板を1度も外していない相性の良さは際立ちます。

先行力のある馬ですので位置取り的なアドバンテージがありますし、重賞を勝っているので格的にもこのメンバーなら上位ですので、実力を出せれば好結果が期待できます。

  

☆ウインガニオン

昨年の2着馬で、全9連対のうち8戦が6~8月という超夏男です。

前走は前半3Fが33.8と逃げ馬には厳しすぎる流れとなってしまったうえに、馬場的に差しが決まりやすかったので敗因が明確です。

一方今回は先行有利の馬場状態で、ペースもそこまで速くはならないでしょうから、この馬向きのレースとなりそうです。

 

△プリモシーン

前走(NHKマイルC:5人気5着)の走りを見る限り、速いタイムでの瞬発力勝負がこの馬のストロングポイントだと思いました。

よって関屋記念には合いそうな脚質ですし、そして何より今年になって重賞を勝利している唯一の馬です。

このレースは重賞の勝利経験が重要となるレースですので、これは大きなアドバンテージとなります。

調教タイムも異常に速いので体調は絶好調だと思います。 

 

 買い方

ロードクエスト

〇ワントゥワン

ヤングマンパワー

☆ウインガニオン

△プリモシーン

馬連◎-〇▲☆△

計 4点  

 

先行力があって近走で好走できているという点で、信頼度は高く軸馬にしました。

ただ、単にするには頼りなさすぎる近走なので馬連にしています。

 

消した人気馬

リライアブルエース

中京記念組で好走できないパターンが、差しで好走した馬です。

この馬はまさにその馬で、中京記念を4人気3着と好走できていますので、新潟競馬場の馬場との相性はそこまで良くないと思います。

重賞未勝利と実績もないので、思い切って消しました。

 

エイシンティンクル

予想オッズだと3人気となっていますが、この馬もリライアブル同様重賞未勝利と他の上位人気馬に比べて格が落ちます。

というより重賞への出走自体が初めてなので 、関屋記念はそういった馬にはなかなか厳しいレースです。

 

 

まとめ

 

今回は重賞勝利馬を中心に、先行力がある馬を狙っています。

その中でも近走で復調の兆しをみせたロードクエストを本命にしました。

先行に脚質変更をした試金石のレースとなりそうです。

対抗はワントゥワン。

重賞は未勝利ながらも前走の中京記念のレースぶりをみて、ここでも走れると思いました。

3番手ヤングマンパワーは一昨年の覇者、ウインガニオンは昨年2着馬とレース相性の良い馬を並べています。

3歳牝馬プリモシーンは古馬と初対決で休み明けと課題は多いですが、唯一の今年の重賞勝ち馬というのが個人的にポイントが高いです。

こうみると人気上位馬を多めに切った予想となっていますね。

 

得意の舞台でさぁ行こう、ロードクエスト!!

 

以上、第53回関屋記念最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加