club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第4回サウジアラビアRC(2018)最終追い切りレビュー~シャドウエンペラー、タイムが異常~

 友だち追加

どーも、サウジアラビアロイヤルカップはこれから2歳重賞では名高い出世レースとなっていきそう。

ぺちです。

 

まだ歴史の浅い重賞で今回で4回目となります。

最近創設された重賞では3歳牝馬秋の紫苑Sが重賞格上げ後、2年連続で秋華賞馬を輩出するなど早速出世レースとなりましたが、サウジアラビアRCもその紫苑Sに続く出世レースとなっていきそうです。

このレース創設の3年間で5頭の重賞馬、うち1頭のGⅠ馬を輩出しています。

昨年はダノンプレミアムがここから朝日FSを制覇、クラシックでも勝利はないものの中心として活躍しています。

 

今年は1人気濃厚のグランアレグリアが大器の予感です。

アルテミスSではなく牡馬混合のサウジアラビアRCを選ぶ辺りに目標の高さが窺えます。

暮れのGⅠや来年のクラシックでここからの活躍馬が出れば、出世レースとして昇華されていきそうです。 

 

 

さて今回は今年の結果次第では今後のレースとしての格が左右されるサウジアラビアロイヤルカップの最終追い切りレビューです。

 

 

 

 

サウジアラビアRC人気馬の最終追い切り 

10/03現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:グランアレグリア      1.5倍

2番人気:ドラウプニル              4.1倍

3番人気:シャドウエンペラー  4.9倍

ーーーーー

4番人気:アマーティ                13.1倍

 

上位3頭が1桁倍のオッズなので、今回は人気上位3頭の最終追い切りレビューと4人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。 

グランアレグリア

月曜追い切りで動画なし

 

ドラウプニル

10/3(水)         6F 5F 4F  3F 1F

栗東 CW 良 84.4 68.3 53.2 39.5 12.6

 

【上積みはなさそう】

2頭併せ終始馬なりで後方・内側から追走し、直線では並びかけて並走、最後は首差先着してフィニッシュ。

中3週で3戦目だからか馬なり調教で大きな上積みはなさそうです。

首が併せ馬の方向に向いて走っている、手前を替えのスムーズさはまだ幼さを感じさせます。

新馬戦(3人気1着)での最終追い切りでは強めに追われて併せ馬に1馬身以上先着できているので、その時に比べると負荷の強度、ラスト1Fのスピード、併せ馬の抜き方、どれをとっても劣っているように思います。

仕上がり:75%

  

 

 

シャドウエンペラー

10/3(水)          4F  3F   2F 1F

栗東 坂路 良  50.5  37.1 24.6 12.5

 

【レースが楽しみな追い切り】

単走馬なりで駆け抜けています。

走破タイムが2歳馬にしてはとても速く、タイムだけで見れば先週のファインニードルやレッツゴードンキといったスプリンター1線級よりも速いです。

それでいてラスト1Fも12秒台とバテていないので、スピード、スタミナともに高いものを感じさせます。

走り方が美しくはなく、少しガニ股で四肢と首の連動性に欠けた走りをしていますが、現状それが悪い方向に向いているようにはみえず、この馬の個性と判断しています。

仕上がり:90%

   

併せてこちらも是非っ!

よく見えた穴馬候補

※トーラスジェミニは動画なしの為未評価

セグレドスペリオル

栗東/CW/良/4F53.2-38.8-12.4

2頭併せ馬なりで後方・内側から追走し、直線ではスムーズに併せ馬を抜き去り最後は1馬身ほど先着してフィニッシュ。

追い抜いてからも集中力が切れずにまっすぐ走れている点、しまいに向けて速くなる加速ラップを刻めている点も好印象です。

感覚的ですが、馬なりでも走る意欲を感じます。

仕上がり:85%

 

アマーティ

美浦/南W/良/4F52.9-38.6-12.9

単走馬なりながらまっすぐ走れていて集中力を感じさせる走りを見せてくれています。

タイム的には平凡ですが、脚の回転や首の使い方、その連動性とフォームのきれいな走りをしていて好感が持てます。

それが単走でできていることが、この馬の精神面の強みだと思います。 

仕上がり:80%

 

 

 

全頭の調教をみて・・・ 

グランアレグリアは月曜追い切りで動画がなかったのですが、陣営のコメントでは動きが良かったとのことです。

そのグランアレグリアを除いた段階の最高評価はシャドウエンペラーです。

計り方を間違えているんではないかと思わせるくらい時計が速く、2歳のこの時期なら調教時計だけで好走はできると思いますので、レースが楽しみになりました。

穴候補からはセグレドスペリオル。

既に完成されているようにもみえ、仕上がりの早さを感じさせます。

 

2歳の若い時期でのレースですので、追い切りはその他のレースよりも重要に思います。

各馬の最終追い切りをみて、2歳にしてはどの馬も完成されていると言いますか、じゃじゃ馬的な馬がおらず大人びている印象でした。

追い切りをみる限りでは波乱はなさそうで、

能力がそのまま結果に結び付きそうです。

 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

グランアレグリア    :月曜追い切りで動画なし

ドラウプニル            :75%

シャドウエンペラー:90%

 

オススメ穴馬はこちら

セグレドスペリオル :85%

アマーティ                 :80%

 

 

明日の木曜日までに毎日王冠京都大賞典の最終追い切りレビューを、金曜日にはサウジアラビアRCの最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第4回サウジアラビアロイヤルカップ(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加