club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第54回札幌記念(2018)最終予想~GⅠをかすめる彗星サングレーザーがGⅠ獲りの足がかりになるレース~

 友だち追加

どーも、札幌記念の血統的向はキンカメ×サンデー系。

ぺちです。

 

夏競馬ではキンカメはほとんど出てきませんでしたが、札幌記念でやっと血統的傾向にキンカメがでてきました。

過去5年で3着以内に好走した馬で、父がキンカメなのが4頭、そのうちキンカメ×ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンスの祖父)だと3頭、そのうち父キンカメ×サンデー系が2頭となっています。

特に昨年は1~3着まで父キンカメなので、馬場傾向などで2017年から傾向が大きく動いた可能性があります。

 

今年は上記血統を持つ馬が2頭います。

・サクラアンプルール(キンカメ×サンデー)

・スズカデヴィアス(キンカメ×サンデー)

 

今年もこの2頭が馬券に絡めば、札幌記念=キンカメ×サンデーという方程式が確立されそうです。

さて、今回は第54回札幌記念の最終予想をしていきます。

 

 

 

 

馬場傾向

札幌競馬場のある札幌市中央区の週末の天気予報は曇りです。

(日曜日は曇り、25℃/16℃)

先週の1000万下のレース:HTB賞の勝ちタイムが2:02.7と良馬場ながら時計がかかっています。

このタイムは例年通りなので、今年の札幌記念も例年通りに2:00.0前後になると思われます。

札幌競馬場は直線が短くラチ沿いの芝もまだ良好なので、内側を走れる先行馬が有利となりそうです。

 

展開予

先週の芝レースを見る限り先行~中段差しがよく決まっていました。

札幌記念はペースとしては平均の1000m-1:00.0くらいで、イメージだと逃げ・先行馬1頭が残り、中段差しが2~3頭突っ込んでくる感じです。

10番手以降からの差しは決まりづらく、後方からの馬はまくり差しをしないと届かないケースが多いので、中段よりも前に位置取れる馬に有利な展開となりそうです。


 

第54回札幌記念勝ち馬予想

◎サングレーザー

〇サクラアンプルール

▲ミッキースワロ―

☆ゴーフォザサミット

△スズカデヴィアス

△ナイトオブナイツ

 

◎サングレーザー

実は札幌競馬場巧者のサングレーザーが本命です。

札幌は(2-0-0-0)と勝率100%で1800mでも勝利しています。

マイラーイメージが強いため距離が持つかが不安視されるところですが、札幌記念ハープスター(2014年1着)やモーリス(2016年2着)が好走しているように、マイラーでも結果が出るレースですので心配はありません。(いずれもGⅠ馬でサングレーザーは非GⅠ馬ですが。。。)

鞍上のダービージョッキー福永さんは夏の札幌リーディングで常に上位にいるので、乗り替わりがないことも強調材料です。

スピード的に中段かよりも前に位置出来ると思うので、1枠2番の枠順は距離ロスの少なくて良い方向に向くと思います。

 

○サクラアンプルール

昨年の覇者で血統がキンカメ×サンデーとバックボーンは完ぺきに近いです。

前走(函館記念:7人気2着)も仕上がり途上感が否めなかったものの2着に食い込んでいるので、叩き2戦目で状態が良化している今回はさらなる結果が望めそうです。

 

鞍上が乗り替わりなのが気になるところですが、逆に懸念点はそのくらいに思います。

 

▲ミッキースワロ―

重賞1勝で2着1回でどちらも中山での結果です。

個人的なイメージとして、札幌と中山は直線の短さやパワーを擁する点など共通点が多くあるように思え、中山で好走できる馬は札幌でも好走できると思っています。

サクラアンプルールがまさにそうで、中山重賞で勝利経験はありませんが中山記念で2着、日経賞で3着と中山巧者であります。

ミッキースワロ―もセントライト記念1着、AJCCで2着と中山は得意なので、札幌でも好走できるのではないかと思っています。

 

鞍上がノリさんなので後ろポツンをされるとジエンドなのが懸念点です。  

 

☆ゴーフォザサミット

前走(ダービー:7人気7着)は着順の割に着差が0.4秒なので大きくは負けていません。

重賞も勝っているので実績も着実に積めていますし、3歳馬代表としてこの馬が古馬とどこまでやれるかが秋の古馬GⅠ 戦線での指標となりそうです。

中段差しがこの馬の好走パターンなので、中段差しが決まりやすい札幌記念とのレース相性は良さそうです。

 

いかんせん3歳馬なので古馬との比較が難しいですが、このレースは3歳でも来ないことはないので期待を込めて4番手評価にしました。

 

△スズカデヴィアス

重賞好走歴が多く地味に強い馬です。

直線が長くても小回りでも好走できる、競馬場を選ばない器用さがありますので、その器用さを活かせれば好走のチャンスはあります。

冒頭でお伝えしたように血統的にも相性が良いですし、前走(函館記念:3人気5着)は先行有利な展開にもかかわらず5着(0.3秒差)に食い込めています。

前走函館記念はこのレースとの相性が良いので、好走できる素材は揃っています。

 

△ナイトオブナイツ

大穴でこの1頭。

強調材料は前走が函館記念なこと、函館・札幌巧者、鞍上は札幌が得意な池添君ということです。

前走函館記念(6人気8着)は負けすぎ感が否めませんが、差しに不利な展開でした。

前々走(巴賞:5人気1着)では先行して勝利しているので、今回は先行すると思われます。

そうするつ前走の函館記念の着順はそこまで関係して来ないと思いますので、穴として面白い1頭に浮上します。

札幌記念は2桁人気の大穴が来るレースでもありますので、こういった馬も来ることがよくあります。

 

 

買い方

◎サングレーザー

〇サクラアンプルール

▲ミッキースワロ―

☆ゴーフォザサミット

△スズカデヴィアス

△ナイトオブナイツ

馬連◎-〇▲☆△△

計 5点  

 

今回は頭数を絞れなかったのでサングレーザー軸からの5頭流しにしましたが、BOX買いでもオッズの期待値を考えると面白そうです。

 

消した人気馬

モズカッチャン

札幌記念は前走海外レースの馬との相性が悪く3着以内に来たことがありません。

モズカッチャンにそのデータを超えるほどの圧倒的な能力差を感じられませんし、調教も仕上がり途上にみえましたので、ここは思い切って消しました。

 

マカヒキ

昨年のJC(6人気4着)以来9か月ぶりの実践で怪我明けなので無理はしないと思います。

調教をみても無理はさせていません。

昨年から不振が続き、そのうえ骨折明けですから、これで好走できるとは思いません。

 

 

まとめ

マイラーを本命にするというのは個人的にあまり好まない予想ですが、マイラーズCを観たときにサングレーザーの強さは本物だと思い、札幌記念でも戦えると信じています。

2番手以下は正直混戦で、どの馬が来てもおかしくはないと思っています。

夏競馬最大のレース札幌記念を楽しみましょう!

秋のGⅠ獲りへいざゆかん、サングレーザー!!

 

明日は北九州記念の最終予想をしますのでお楽しみに。

 

以上、第54回札幌記念最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加