club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】サンタアニタトロフィー(2019)~大井の内回りですよ~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

さて今回は第40回サンタアニタトロフィー(SⅢ)の予想です。 

今回予想したポイントは以下の通りです。

①大井内回りのマイル戦

②対戦成績

③血統ではヌレイエフ、サウスヴィグラスフジキセキロードカナロア持ち

→短距離血統よりも気持ちスタミナより、米国血統は意外と走らない

ここらへんも踏まえて予想していきます。

 

サンタアニタトロフィー予想

◎アルタイル

今年になって地方大井に移籍、それまでは中央の馬でした。

中央時はOP勝ちまでしていて、重賞ではユニコーンSマーチSで3着という実績を持っています。

移籍後は5戦して(2-2-0-1)と実力通りの力を発揮し、地方の砂への適性も示しています。

唯一の着外は1400m戦のフジノウェーヴ記念、この時はスタートでダッシュつかずに後方からの競馬で差しが届かずといった内容でした。

ただ最後まで伸びてはいましたし、ベストな距離はマイルなのでそこまで悲観する必要はありません。

地方移籍後はマイル戦では(1-1-0-0)とパーフェクト連対で、前走は大井の内回りマイルで勝利も収めています。

コーナーからのまくりができる馬なので、内回りは合っています。

斤量55kgというのも魅力で、鞍上もリーディングの森さんと文句なしです。

カネヒキリ産駒で母母父はヌレイエフ系なので、血統的にもかなり良さそうです。

 

〇トロヴァオ

前走は川崎マイラーズで2着、実力と調子ではこの馬が上位。

ここではクリスタルシルバーを下しています。

しかも展開や枠順ではなく力でねじ伏せているので、この時斤量差1kgで今回は2kg差(トロヴァオが55kg、クリスタルシルバーが57kg)ということを考えても勝ち負けできる能力を持っているといえます。

450kg前後の馬格がない馬なので、55kgという斤量も魅力です。

大井マイルは(2-0-1-1)、唯一の着外は一昨年のマイルグランプリで4着とかなり高い適性を持っています。

中段やや前あたりから競馬をするので、大井の内回りコースに向く好位差しができます。

カネヒキリ産駒で血統的にも〇。

ただ鞍上吉原さんとの手があまり合っておらず、これまで(0-1-0-2)。

一方本命にしたアルタイルと森さんは(1-1-0-0)、鞍上との相性の差でトロヴァオは2番手にしました。

 

▲クリスタルシルバー

昨年のマイルグランプリの覇者で大井のマイルには適性がありますが、この馬は1400mが最も適性があります。

マイル戦は(1-0-2-2)、一方1400m戦は(2-0-2-0)なので非根幹距離の馬なのではと思っています。

斤量も他の馬よりも重い57kgなので、実力以上に見込まれた印象です。

的場さんとは(0-2-2-2)と勝利なし。

ここで勝つようならマイル路線を席捲できると思います。

そのくらい難しいと思っています。

 

△2頭一気に

△1モンスターキング

中央からの移籍組。

中央時代は東京マイルで2勝しており、マイル巧者。

大井移籍後もマイル戦は2戦2勝とパーフェクト、生粋のマイラーといえます。

3・4走前に連続2着でこの時の勝ち馬がいずれもマルカンセンサーという馬でしたが、この馬はTCK女王杯で2着、スパーキングレディでも5着と中央勢相手にも遣り合えている馬です。

その馬に1800m戦で2着という実績があれば、得意のマイル戦でなら重賞でも戦えるでしょう。

斤量53kgというのも魅力です。

 

△2ロイヤルパンプ

この馬も中央からの移籍組。

中央時代は大井1800m戦勝利を含む5勝馬で、京都・阪神1800mで4勝しています。

1800mが最適距離に思いますが、地方移籍後は1戦して4着と思ったほどの結果は出せていません。

むしろマイル戦に適性を示しており、前走は川崎のマイル戦で移籍後初勝利を飾っています。

地方の砂に慣れてきた頃合いなので、ここでも期待。

 

買い方

◎アルタイル

〇トロヴァオ

▲クリスタルシルバー

△1モンスターキング

△2ロイヤルパンプ

 

馬連フォーメーション】

◎-〇▲△△

〇-▲△△

計7点

 

予想を終えて・・・

1人気ノンコノユメは切りました。

大井には強い馬で前走帝王賞も3着とGⅠでこれだけやれていればと感じますが、今回は小回りコースです。

出遅れ癖は治っていませんし、後方一気の馬なので直線の短いコースでは中央時代から結果を残せていません。

なのでできるだけ人気を吸ってくれればと思っています。

 

以上、第40回サンタアニタトロフィー(SⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。