club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】ローズステークス(2019)~マイラー<中距離馬~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第37回関西TV賞ローズステークス(GⅡ)の予想です。 

予想したポイントは以下の通り。

紫苑Sの結果からの逆算

②距離適性

③血統は父系はディープインパクトをはじめとしたサンデーサイレンス系、母系はサドラーズウェルズ系、ニジンスキー系の欧州長距離血統

【参照】【傾向・血統】ローズステークスをざっくり分析する - club keiba

ここらへんも踏まえて予想していきます。

 

ローズS予想

◎ウィクトーリア

先週に行われた紫苑Sの結果を振り返ると、1着がフローラS4着のパッシングスルー、2着が同5着のフェアリーポルカ

ここから今年のフローラS組は強いと判断し、素直に今回の本命はフローラS勝ち馬のウィクトーリアにしました。

オークスでも今回のメンバーでは最先着の4着ですし。

そのオークスで後方から上位に食い込んだのはラブズオンリーユーとこの馬のみ。

結果から見ると中段やや前にいた馬に有利な展開でしたが、後方から上がり2位の脚を使い、最後の脚色も最も良かったのがこの馬。

やや脚を余しながらの4着と考えると、能力的には勝ち負けレベルの馬だといえます。

 

新馬戦では2歳コースレコードをマークし、今年の休み明け初戦の中山1800m戦でも勝利と、休み明けにも強いです。

1800m戦で2勝している距離適性も光ります。

血統的にも一応サンデーサイレンス系のヴィクトワールピサ産駒で、母は秋華賞馬のブラックエンブレム

ここはまずまずといったところです。

 

気になるところとしては初めての関西遠征というところ。

ただ折り合いに不安のある馬ではないですし、栗東留学で最終追い切りも栗東で行っているので輸送の心配はありません。

 

〇ダノンファンタジー

2歳牝馬チャンピオンながらクラシックでは桜花賞4着、オークス5着と成長力不足が露呈した結果となっています。

ただ阪神コースは(3-0-0-1)と好相性ですし、ディープ産駒はこのレースでめちゃくちゃ走りますので血統的にも〇。

ホームアドバンテージでどこまでやれるか。

 

実績のわりに強烈に強いイメージのある馬ではなく、レースセンスや賢さで勝ってきた馬なだけに推しにくい1頭です。

勝ちパターンが良く言えば多彩、悪く言えばないので、普通に取りこぼしがあってもおかしくはないと思っています。

ただ勝てないけど上位にはいる馬なので、相手には入れておかないといけない。

 

▲シャドウディーヴァ

フローラS2着馬で、この時はウィクトーリアとタイム差はありませんでした。

能力的には上位2頭と変わらないものを持っていて、成長力で言えばダノンファンタジー以上だと思います。

オークスでもウィクトーリア、ダノンファンタジーとはタイム差がありませんでした。

ただこの馬は東京コースが得意な馬なので、それでオークス6着と考えると、先着された上位2頭との逆転は難しいかなと思います。

東京2000mを意識的にローテに組み込んでいるので、そことの比較から阪神1800mは右回りで1800m戦と少し舞台設定が違うので、その分割引が必要となります。

3走前には中山のフラワーCで7着に大敗しているように、右回りよりも左回りの方が得意でしょうし、関西遠征は今回が初めてで、かつ栗東留学もしていません。

 

△スイープセレリタス

藤沢厩舎×ルメールのおなじみのコンビ、母親が秋華賞馬のスイープトウショウと華のあるバックボーンを持っています。

それだけではなく持ちタイムも優秀で、マイル戦では1:32.9、1400m戦では1:20.5をマークしています。

しかもそれを前走と前々走でマークしているのですから、ここにきて一気に成長してきていると判断できます。

6月の遅生まれなので成長の裏付けもありますしね。

初めての1800m戦、初めての関西遠征と不安要素も併せ持つ馬ですが、ルメールが乗るならと思ってしまいます。

個人的にルメールは穴ジョッキーだと思っているので。 

 

買い方

◎ウィクトーリア

〇ダノンファンタジー

▲シャドウディーヴァ

△1スイープセレリタス

 

 

馬単

◎⇔〇

馬連

◎-▲△1

計4点

 

予想を終えて・・・

2018年カンタービレ、2017年ラビットラン、2016年シンハライトとこれまでの勝ち馬はマイラーというよりも中距離適性の高い馬が勝ってきています。

なので今回はマイラーっぽい馬は消しました。

逃げて穴候補になりうるメイショウショウブ、末脚鋭いシゲルピンクダイヤなどはマイラー色が強いため消しています。

中距離路線で活躍していきそうなウィクトーリアのレースになると思っています。

 

こちらも併せてぜひ! 

 【適性】ローズステークス~甘く危険な人気馬たち~ - club keiba

 

以上、第37回関西テレビローズステークス(GⅡ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。