競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【地方遊覧】羽田盃見解、笠松おまけつき

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200429132145j:image

※予想ブログではないので予想は載せていません、見解を載せていますので皆さまの予想の参考にしてください(予想は当日にTwitterに載せています)

 

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
第65回羽田盃(SⅠ)の見解をしていきます。
混戦模様ですが、王道ローテの京浜盃組から行きます。
おまけで笠松2Rの予想もあるので、そちらもぜひ!

 

羽田盃見解(4/29大井11R 20:10発走)

◎13ティーズダンク

前走京浜盃の3着の評価。
1角までの距離が短い大井1700m戦で大外13番枠からのスタートで、終始距離ロスの多い外々を回す展開に。
向正面では12.4-12.4と淀にのない流れの中で位置を押し上げており、4角では大外をまわしている。
この馬自身は息の入らない展開で相当にタフなレースだったが、それでも3着に食い込んでいる。
それも全日本2歳優駿以来の休み明けで、である。
今回は大外でも11番枠と、前走よりも内側の枠で、かつ大井1800mなので1角までの距離が長くなり外枠不利は軽減される。
叩き2戦目でもあり上積みも見込める。


〇10ファンシーアップ

ティーズダンク同様前走は京浜盃で先行して4着。
このレースは先行勢が崩れており、その中で唯一掲示板に残ったのが当馬。
加えて、この馬も全コーナーで大外を回す距離ロスの多いコース取りをしており、それはティーズダンク以上だった。
特に3~4角の仕掛けどころでは先頭から4頭が併走して直線に向くのだが、その大外を走っている。
展開的に不利な先行をし、且つ仕掛けどころで大外をまわすという、かなりのディスアドバンテージがある中での4着。
約3か月の休み明けでもあったので、諸々を含めると強さの方が際立ち、逆転も十分考えられる。


ただ、京浜盃では7番枠で、今回は10番枠と枠順では前走の方が良かった。
さらに今回は逃げ馬にファルコンウィング、グリーンロードと速い馬がいるので、展開的に先行馬は不利に感じる。
枠と脚質の差で2番手評価。

 

おまけ

笠松6R(13:35発走)

◎9トーセンバラライカ
〇2トップインパク
△1,4,7、10


3連複
9-2-1,4,7,10(4点)


笠松9R

陽春賞(15:15発走)
◎7ミドゥス
〇1チェリーヒック
△2,3、10、11


3連複
7-1-2,3,10,11(4点)

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。当日の馬場状態を見たいのでTwitterで当日レース1時間前頃にツイートします。気になる方はそちらをぜひ!& Follow me!!

 

以上、第65回羽田盃(SⅠ)予想見解+おまけでした。
ご覧頂きありがとうございました。