club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】中山金杯(2019)最終追い切り分析~パッとしないので逆説的に判断~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

やっと調教動画が上がりました。

早速分析していきましょう。

 

今回は第68回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)の最終追い切り分析です。 

 

 

中山金杯最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

が、、、

前代未聞の事態ですが追い切りで良く見えた馬はいませんでした。

 

ちなみに追い切り動画を見たのはエアアンセム、コズミックフォース、サンマルティン、ストロングタイタン、タニノフランケルマイネルサージュ、ヤングマンパワーの7頭です。

いずれもキャンターか非常に軽い内容の追い切りで、最終追い切りとしては物足りない内容でした。

 

となると逆説的に追い切り動画がなかったアドマイヤリード、ウインブライト、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、ナスノセイカン、ブラックバゴ、マイネルハニー、マウントゴールド、ランガディアの9頭から追い切りの良かった馬がいると期待したほうが良さそうです。

 

それでも善し悪しが不明確で判断ができないので、結果的に今回は出走馬適正分析やコース適正・実績などから判断することになりそうです。

 

まとめ

まさかこんなことになるとは思いませんでした。

自分が正月ボケしているのか、陣営が正月ボケしているのかはわかりませんがこんな最終追い切りは初めてです。

年末年始は調整の難しさがあるのかもしれません。

いずれにしても、今回の中山金杯は最終追い切りでは馬の状態の判断が難しいので予想の材料にするには難しく、データ分析や実績で判断するしかありません。

ここで分かるのは追い切り動画のある馬たちは状態があまりよく見えなかったこと、動画のない馬たちは追い切り(状態)が良い可能性もある、ということです。

この点を抑えて最終予想につなげていきたいと思います。

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ!!

【データ】中山金杯(2019)出走馬適正分析~ウイン今年もよろしくお願いします~競馬予想blog - club keiba

【予想】中山金杯(2019)最終予想~マウントG前走強い2着~競馬予想blog - club keiba

この後京都金杯の最終追い切り分析をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第68回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。