club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】日経新春杯(2019)最終予想~ムイト整いました~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

過去の日経新春杯、先週の万葉S、4歳以上1000万下の2200m戦から血統的傾向を探りました。

相性が良い血統はこちら。

キングカメハメハ

ステイゴールド

マンハッタンカフェ

ディープインパクト

母父はこちら

①ロベルト系

 

今年の出走馬で血統的に良さそうなのはムイトオブリガード(父ルーラーシップ)、ガンコ(父ナカヤマフェスタ)、エーティーダンサー(父マンハッタンカフェ)、メイショウテッコン(マンハッタンカフェ)です。

他にもステゴ産駒やディープ産駒がいたりするのですが、母父との組み合わせを勘案するとこの馬たちが推奨となります。

特にムイトオブリガードは父ルーラーシップで出走馬中唯一の父キンカメ系持ちの馬です。

キンカメ産駒は日経新春杯の過去3年で2勝、先週の万葉Sでは2-3着がキンカメ、2200m戦では父ルーラーシップ×母父サンデーサイレンスとムイトオブリガードと同配合となっています。

ちなみにこの時の鞍上は川田君で、ムイトの鞍上も川田君と流れ的にもムイトオブリガードに向いています。

 

さて血統を踏まえたうえで今回は第68回日経新春杯(GⅡ)の最終予想です。 

 

日経新春杯予想

◎ムイトオブリガード

〇ルックトゥワイス

▲ガンコ

☆アフリカンゴールド

△シュペルミエール

 

◎ムイトオブリガード

京都2400m適正、実績、最終追い切り、血統とどれをとっても高水準です。

京都では2戦しかしておらずコース適正という点では少し気になりますが、小倉の2600m戦で勝利しているように直線の平坦コースは問題ないと思います。 

2400m戦は3戦全勝と距離適性は完璧で、前走AR共和国杯では昨年の日経新春杯勝ち馬のパフォーマプロミスの2着と重賞でも善戦できています。

最終追い切りも前走に引き続き好調を維持できている内容になっていて、血統も先述した通り良好です。

今の京都コースは非常にタフな馬場でパワーとスタミナが求められますが、この馬はダートでも勝利経験がありますのでパワーの裏付けもあります。

枠が大外枠になってしまったのは若干の割引ですが、今の充実度なら勝ち負けでしょう。

鞍上の川田君も先週の京都金杯で勝っており幸先の良いスタートを切っていますので心強いです。

 

〇ルックトゥワイス

前走が圧巻の内容でした。

新馬戦から一貫して左回りを使っていましたが、前走で初めて右回りのグレイトフルSに出走してみたら今までの惜敗が嘘のような大楽勝、2着に0.5秒差をつける内容でした。

その前走は有馬記念の週の土曜日で小雨の中でのレースでしたので時計のかかるタフな馬場でした。

今の京都の馬場に似ていて、そこで圧巻のパフォーマンスをみせていたので当然今回も好走が期待できます。

右回りも問題ないことを証明できましたし、2400m戦は(1-2-0-0)と好相性です。

最終追い切りでも良い動きを見せていました。

血統も父ステイゴールドなので相性が良いです。

 

▲ガンコ

昨年このレースで3着と好走し、そののち日経賞で重賞制覇している実績馬です。

年明け~3月くらいの時計のかかる馬場が得意なので近走は結果が出ていませんでしたが、この馬の時期に入ったので一変が期待できます。

距離も2400m以上が良い馬なのでぴったりですし、血統も父ナカヤマフェスタ×母父サドラーズウェルズ系なのでパワーに秀でた血を持っていて今の京都コースに合いそうです。

また日経賞で勝利をもたらした藤岡兄に乗り替わるのはプラスで、藤岡兄は先週中山金杯でステイフーリッシュを2着に持ってきています。

今回は鞍上得意の京都コースですのでその再現が望めます。 

 

☆アフリカンゴールド

こちらはおさえで。

コース適正は高いと分析したのですが、最終追い切りの動きがいまいちだったので予想に入れるか迷いましたが、斤量が52kgと軽ハンデでしかも内枠の4番枠が引けました。

軽ハンデの先行馬はおさえておかなければなりません。

前走菊花賞は展開が向かず見せ場なく12着に敗れていますが、1度1線級の馬と戦った経験値が今回に活きるのではと思います。

血統も父ステイゴールドですので相性が良く、仕切り直しの1戦でいきなり勝たれてもおかしくはない条件はそろっています。 

 

△シュペルミエール

こちらはヒモ荒れに期待して。

6歳馬ですがキャリアが浅くまだ11戦しかしていません。

そのうち馬券を外したのが1度きりで、それも2016年の菊花賞の6着のみです。

その菊花賞も上位にいる馬は錚々たるメンバーで、サトノダイヤモンドレインボーラインディーマジェスティ、ミッキーロケットのGⅠ馬4頭にGⅠ2着が複数あるエアスピネルですから、この馬の潜在能力を示すむしろ評価してよい6着だと思います。

前走オリオンSでは勝利を収めてはいますが最後に迫られて差されそうになっていたので勝ちっぷりはあまり評価はできませんが、まだ底を見せていない魅力があります。

血統もステゴ産駒ですし、昨年の菊花賞組よりも3年前の菊花賞組を評価しました。

 

買い方

◎ムイトオブリガード

〇ルックトゥワイス

▲ガンコ

☆アフリカンゴールド

△シュペルミエール

 

馬連

◎-〇▲☆△

計4点

 

消した人気馬

メイショウテッコン

最終追い切りがかなり軽い内容で、菊花賞から約3か月開いているのにこの負荷の軽さは疑ってしまいます。

距離は大丈夫だと思いますが、馬場的にパンパンの良馬場向きに感じますので今の京都馬場は合わないと思います。

 

グローリーヴェイズ 

菊花賞は上がり最速で5着と好走していますが、菊花賞で上がり33秒台は超スローペースによるもので、3000m戦でしたが展開的にはしまいだけのレースでした。

この馬はマイラーだと思っているので距離的には長く感じますし、今の京都のタフな馬場ではスタミナ面で心配になります。

血統的にも父ディープインパクト×母父スウェプトオーヴァーボードですので長距離血統ではありませんし、不安要素が多すぎるので消しました。 

 

予想を終えて・・・

終わってみればステイゴールド産駒ばかり選んでしまっています。

狙ってはいなかったのですが。。。

カンパニーが昨年に亡くなっていたというニュースが入ってきたのでウインテンダネスには頑張ってもらいたいのですが、ここは真剣勝負で鬼になりました。

カンパニーは僕がちょうど競馬を始めたころに晩年で天皇賞・秋マイルCSを連勝して最高の形で引退し、8歳まで走るという馬主孝行な馬でした。

あのウオッカに東京コースで勝ってますからね。

種牡馬になっても競走馬時代同様長く活躍してくれると思っていたので、競走馬時代の長さに比べると短すぎる生涯だったように思います。

ご冥福をお祈りします。 

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

京都2400m適正:4

最終追い切り:3

血統 :2

鞍上:1

 

データ・最終追い切り分析も是非!!

【データ】日経新春杯(2019)出走馬適正分析~ムイトそろそろ出番~競馬予想blog - club keiba

【調教】日経新春杯(2019)最終追い切り分析~ムイト高好調維持~競馬予想 - club keiba

明日土曜日には京成杯の最終予想をブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第66回日経新春杯(GⅡ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。