club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第54回新潟記念2018最終予想~ディープ産駒圧倒のコースでグリュイエールが圧倒する~

 友だち追加

どーも、新潟記念の血統的向は瞬発力のあるサンデー系。

ぺちです。

 

新潟記念は瞬発力のあるサンデー系、そうディープインパクトの庭といってよいほど産駒が活躍しています。

過去5年の3着以内馬のうち約半数の7頭がディープインパクト産駒です。

今年はベアインマインド、グリュイエール、スズカディープの3頭がディープインパクト産駒です。

セダブリランテスは父がディープブリランテなので父の父がディープインパクトとなっています。

ここまで血統的傾向が顕著に現れるのは珍しいので、逆らわずに狙っていこうと思っています。

 

さて今回はそんのディープインパクト産駒のお庭ともいえる第54回新潟記念の最終予想です。

 

 

 

 

馬場傾向

新潟競馬場のある新潟市北区の週末の天気予報は曇り~晴れです。

ただ金・土と雨予報なので、レース当日は重馬場~稍重位の馬場状態になるのではと思っています。

(日曜日は曇り時々晴れ、28℃/20℃)

先週の新潟2歳Sでは最後の直線で各馬が内を空けて外に持ちだしていたので、内側の馬場は荒れて外差しが決まりやすい馬場状態になっているのだと思います。

ただ内側の先行馬も外に持ち出しますので、脚質的な有利不利というよりかは枠順的に外を走りやすい外枠の方が有利なのではないかと推測します。

1番の理想は先行勢は最後の直線で外に出すこと、差し・追込み勢は最後の直線で外に行く集団とは流れを変えて、逆に距離ロスが少なくなるように馬場の良いインをつくことだと思います。

 

展開予

マイネルミラノは近走をみる限り逃げれるほどのスピードがなく、無理やり逃げた場合は前走の七夕賞のように超ハイペースを作ってしまいます。

新潟記念はスタートから3角まで800m近くあるので、マイネルミラノにとっては逃げやすいコースだとは思います。

あまり自信はありませんが、スタートから直線の長いコース形態によってマイネルミラノは逃げを主張できますが、ハナを取るまでには時間がかかると思うのでその分ペースが上がりハイペースになるのではないかと思います。

もしハイペースになるならば、馬場状態も含めて極端に前にいる馬は厳しくなり、差し・追込みが有利な展開になります。

単騎大逃げということも考えられ、そうなると先行有利に変わってしまうので、、、展開予想は難しいです。

 

ちなみに例年のペースで見ると、平均ペースの先行有利な展開が多いです。


 

 

第54回新潟記念勝ち馬予想

◎グリュイエール

マイネルハニー

▲セダブリランテス

☆ストーンウェア

△エンジニア

△スズカディープ

 

◎グリュイエール

この馬にとって左回り(3-0-1-1)の2000m(2-1-0-1)は1番適した条件だと思い本命にしました。

ですので距離延長もプラスですし、位置取りも中段やや前くらいにいると思うのでハイペースにも平均ペースにも対応できる良い位置だと思います。

重馬場適性も(0-0-2-0)と悪くなく、鞍上が戸崎さんに乗り替わるのもこの馬の脚質ならプラスだといえます。(戸崎さんは追込脚質だと不安)

前走(エプソムC:5人気3着)では定量戦で3着、勝った馬(サトノアーサー)も強かったので、ハンデ斤量55kgで出走できるのは相当おいしいと思います。

 

マイネルハニー

この馬も左回り(3-1-2-4)の2000m(2-1-0-3)は相性が良いです。

先行力があるのでハイペースになってしまうと厳しいのですが、平均ペースなら粘り込みが可能だと思います。

重馬場適性(4-0-0-2)が高く、この馬的には馬場が渋ってくれた方が良いでしょう。

斤量が57kgと少しハンデを背負い過ぎてる感がありますが、新潟記念は先行勢の粘り込みによる好走パターンが結構みられるので、マイネルハニーはまさに条件に適した馬だと言えます。

 

▲セダブリランテス

またまたこの馬も左回り(1-0-1-0)の2000m(1-0-0-0)が得意な馬です。

もっともこの馬の場合はキャリアが浅いのでサンプルが少ないですが。。。

ただ少なくともアルゼンチン共和国杯で3着になっているので、不得意ではないと思います。

先行力がありマイネルハニーの後ろ辺りにつけるかなと想定していますので、能力のある馬を目標にでき、レースが運びやすいと思われます。

 

懸念点としては骨折明けと斤量です。

骨折休養明けの8カ月ぶりのレースとなりますが、最終追い切りをみる限りでは無難な追い切りで可もなく不可もなくといった内容でしたので、レースは調子は考慮できずポテンシャルだけでの勝負となりそうです。

その上で斤量がトップハンデの57.5kgですから、大型馬といえど不安はあります。

前走の中山金杯は斤量に恵まれて勝った印象が強いので、今回は逆にハンデを背負いすぎているかなという印象です。

 

☆ストーンウェア

この馬は右回り(1-2-3-10)よりも左回り(4-3-1-2)の方が得意なので、前走の小倉記念(6人気5着)より今回の方が適性は高いと思います。

右回りは苦手な印象すら持つので、それでいて小倉記念は5着とまずまずの成績を残せていることを考えると、今回はさらに着順が上にいってもおかしくはありません。

先行~差しと脚質の幅が広いのもこの馬の強みの一つです。

 

懸念点は血統です。

冒頭で述べたように、新潟記念はサンデー系の活躍が顕著ですが、この馬は父系にも母父系にもサンデー系が入っていません。

ちなみに小倉記念でも同じデータ(サンデー系が強い)が当てはまり、ストーンウェアとストロングタイタン(4人気12着)は敗れています。

この強力なデータを打ち破るほどの強さがストーンウェアにあるかと考えると、なかなか難しいのではないかと思います。

 

△エンジニア

△2頭は上がり馬で調子が良く、最終追い切りでも状態の良さを発揮していました。

調教ではタイムも良好で併せ馬にも余裕を持って先着できていたので、出走メンバー中最高評価を下しました。

左回りが得意(4-4-4-4)で、先行~差しの脚質を持っているので展開の融通が効くのも好材料です。

 

懸念点は距離適性とストーンウェア同様血統にサンデー系がないことです。

父がフランケルなので距離適性は2000mよりもマイル位の方があると思います。

 

△スズカディープ

この馬の強みはディープインパクト産駒であるということと調子の良さです。

最終追い切りでは単走ながら集中力のある走りで、タイムも速く状態の良さが窺えました。

先行力と状態の良さで穴を空けてもらいたいです。

 

懸念点はコース適性です。

この馬の全3勝はすべて小倉という小倉巧者で、前走(博多S:6人気1着)も人気薄ながら勝てたのはコース適性の高さによるものだと考えています。

だとすると、左回りでコースの替わる今回は割引が必要となります。

 

新潟記念に関する出走馬情報と最終追い切りについては以下をご参照ください。

買い方

◎グリュイエール

マイネルハニー

▲セダブリランテス

☆ストーンウェア

△エンジニア

△スズカディープ

馬連◎-〇▲

馬単◎→☆△△

計 5点  

 

グリュイエールと☆までの上位印馬とは展開などによって逆転があってもおかしくはないので馬連に。

△2頭とは逆転はないと思い馬単にしています。

 

消した人気馬

ブラストワンピース

前走がGⅠでかつ距離も400m長いダービーですので、臨戦態勢が良くないです。

新潟記念出走馬で前走GⅠは過去5年で2頭いましたいが、2頭とも4着以下ですし、距離も前走1800~2000m以外の馬は3頭中3頭が4着以下に敗れています。

いずれも3人気以内の馬でしたので、このデータは強力だと思います。

またスタートが上手くないのに1番枠を引いてしまったので、後方からの競馬が予想され、展開的にも向かないと思います。

血統もサンデー系が入っておらず、これらマイナス要素が多いので消しました。

札幌記念でゴーフォザサミットが7着に敗れていることから鑑みると、今年の3歳はレベルが高くないと踏んでいます。

  

 

 

予想を終えて・・・

今回の予想はブラストワンピースが来るかどうかがポイントとなりました。

ポテンシャル的に勝っても不思議には思いませんが、データ的にこれで勝ったら相当強く、ローカルのGⅢながら秋以降古馬ともやりあえる証明になると思います。

本命のグリュイエールはGⅠ級かと言われると肯定できませんが、ローカル重賞や非GⅠステップレースでは好走しそうな馬ですので、新潟記念はちょうど良いレースだといえます。

今年は調子がイマイチの鞍上戸崎さんですが、得意の新潟で一矢報いてほしいです。

個人的にも夏競馬を勝利で締めくくりたいと思っています!! 

 

小倉2歳Sの最終予想も24h以内にアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第54回新潟記念最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加