club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】根岸S(2019)最終予想~サンライズノヴァ今年こそ~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

東京は今週が開幕週なので過去5年の根岸Sから血統的傾向を探りました。

相性が良い血統はこちら。

エーピーインディ系(ボールドルーラー系)

フォーティナイナー

 

ダートの短距離はエーピーインディは良いですね、フォーティナイナーは芝・ダート問わずに短距離は走るということですね。

エーピー系は人気に問わず好走していて、フォーティナイナー系は人気を被っての好走が目立ちます。

軸はフォーティナイナー系、穴探しでエーピー系が良いかもしれません。

組み合わせ的な相性は特になさそうなので、父or母父にいずれかの血が入っていればとりあえず注目です。

 

東京ダ1400mは内枠が案外有利ではなく、1番成績が良いのが3枠、次いで8、7枠の順となっています。

3枠は複勝率22.0%、8枠が21.0%、7枠が19.8%、1枠は16.8%となっています。(過去3年)

根岸Sは外差しが決まりやすいイメージを持ていますが、枠の好走率的にもそれはある程度反映されているような気がします。

外枠の差し馬は良さそうです。

 

さて血統とコース傾向を踏まえたうえで今回は第33回根岸ステークス(GⅢ)の最終予想です。 

 

根岸S予想

サンライズノヴァ

〇クインズサターン

▲マテラスカイ

 

※出走馬適正分析でレースへの適正、最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ!

【データ】根岸S(2019)出走馬適正分析~適正はノヴァ、妙味はユラノト~競馬予想blog - club keiba

【調教】根岸S(2019)最終追い切り分析~クインズサターン別馬な動き~競馬予想 - club keiba

サンライズノヴァ

この馬は適性の高さは証明済みなので追い切り次第だと思っていましたが、状態は良さそうなので文句なく本命です。

東京ダ1400mというコースにおいて、現役でこの馬以上に適性のある馬はいるのかというくらい相性(2-2-0-0連対率100%)なので、ここは本命でも致し方ないかと思います。

枠順も12番枠と差し馬のこの馬からしたら砂を被りづらい枠を引けて好材料、鞍上は東京巧者の元大井所属の戸崎さん、不安要素が見つかりません。

前走チャンピオンズCはコーナー4つの不慣れなコースで善戦といえる6着ですから、ホームに戻る今回はほぼ勝てるでしょう。

昨年2着はノンコノユメに差されてのものなので、もし負けるとしたらさらに強烈な差し脚がある馬、考えられるのはクインズサターン、コパノキッキングあたりか。 

 

〇クインズサターン

一時の不調を脱却しつつあり、今の状態なら重賞を獲れてもおかしくない馬だと思います。

前走師走Sの勝ち馬テーオーエナジーは次走のOP戦も勝利、2着のチュウワウィザードは先週の東海S2着ですから、メンバーを考えるとやや致し方ないかなと思います。

今回のこの馬にとってのカギは1400mという距離ですが 、血統的に父パイロですから短距離が主戦場でもおかしくはない血統を持っているんですよね。

母父もクロフネですし。

そう考えると1400mで化ける可能性の方が期待値は大きくなります。

最終追い切りでもマテラスカイと並び最高評価を下せる出来になっていましたし、最内枠とデータ的にはよろしくない枠を引いてしまいましたが前々走武蔵野S(7人気2着)では2枠3番と内目の枠で好走できていましたので鞍上の四位さんも苦手意識はないはず!

1400mが未知な分魅力を感じます。

 

▲マテラスカイ

言わずもがなS中京1400mのプロキオンSで日本レコードをたたき出した馬です。

その時は不良馬場で脚抜きが非常に良くなっていたので1:20.3という異次元なタイムが出ましたが、これで分かるのはこの馬は脚抜きの良い馬場が大の得意だということです。

逆に前走と3走前は砂の深い地方の重賞に出走していますが、いずれも馬券外に敗れていることからも得意不得意が明確です。

ですのでこの馬は中央の砂の方が合っているといえます。

さらに前走は逃げることもできずに5着に敗れていますので、今回は是が非でも逃げると思います。

鞍上も武さんに戻り、コースも左回りになりますから巻き返せる下地は整っています。

逃げ馬なので大外枠の16番枠は好ましくはありませんが、最終追い切りの抜群の動きが後押しとなって3番手評価です。

少しだけ雨が降れば最高ですがね。。

 

買い方

サンライズノヴァ

〇クインズサターン

▲マテラスカイ

 

馬連

◎-〇▲

3連複

◎-〇-▲

計3点

 

消した人気馬

コパノキッキング

1200m以下は(6-0-0-0)と完璧な内容ですが、1400mは(0-1-0-1)1回取り消しと適正がはっきりと分かれています。

最終追い切りの動きも良く鞍上マーフィーも魅力ですが、初めての左回りで結果を出していない1400m、さらに今回は前走カペラSよりもメンバーのレベルが高い印象があるので、今回は敬遠します。 

 

予想を終えて・・・

先週はまんまとガミってしまいましたが個人的にガミるのは大嫌いなんです。

やる前から負けてんじゃん!って思いますからね。

ですので一応毎回ガミらないような買い方をしているのですが、オッズってレースが近づくにつれて下がっていくんですよね、人気サイドの場合。

僕は基本本命党といいますか、オッズや人気にとらわれずに勝つ馬を探しているわけですが、そうするとオッズをみずとも結果的に人気サイドが予想に入っていることが多くなるんですよね。

今回はそれの極みといいますか、 買い方に悩みました。

選んだ馬には自身があるんですけどね!

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

東京ダ1400m適正:4

最終追い切り:4

血統 :1

騎手:1

 

以上、第33回根岸ステークス(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。