club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】武蔵野S(2019)~厩舎力出してくれ~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第24回東京中日スポーツ武蔵野S(GⅢ)の予想です。

予想のポイントは以下。

馬場:良馬場なのでパワーがいる

東京1600m:芝スタート、直線が長く差しがぃまりやすい

重視:良馬場での実績、単純な実績

血統:母馬は日本産の芝馬、父馬は傾向なし、米国短距離血統持ち

【参考】【血統】武蔵野Sに合う母馬と種牡馬を分析する - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

武蔵野S予想

◎エアアルマス

ダート転向後は3戦3勝とまだ底を見せていない馬。

前々走エニフSでは良馬場での勝利。

2着とのタイム差はありませんが、道中はいつもより後方の9番手からの競馬、4角で膨らむというミスがありながらの勝利は見事です。

逆にコーナリングが不安要素となりますが、今回は東京競馬場なのでコーナーはゆったりとしていてこの馬にとって走りやすいコースだと思います。

前走太秦Sでは先週みやこSでインティらを抑えて勝利を収めるヴェンジェンスに勝利しています。

単純計算で考えればエアアルマスも重賞を勝てる器だということが言えます。

 

血統面では、母馬は米国で2勝馬ですがコースや馬場は不明。

日本産ではないのでここはマイナス。

マジェスティックウォリアーはAPインディ系で代表産駒はベストウォーリア

この馬は左回りに強く、マイルCS南部杯プロキオンSを連覇、今回と同じ舞台のユニコーンSも勝利しています。

母系は頼りないですが、父は東京マイル適性が高そうです。

 

〇デュープロセス

ユニコーンS2着、青竜S(OP)勝利と東京マイル戦に高い適性を示している馬。

前走グリーンCCでは5着に敗れていますが、3か月半の休み明け、距離的に芝スタートのマイル向きなため敗れたと思っています。

今回は叩き2戦目、距離延長と上積みが大きく見込めます。

展開面でも、今回はドリームキラリがいますのでペースは速まりそう。

ユニコーンSでは前半3F33.9、1000m通過が58.4と芝のレース並みのハイペースを道中7番手から上がり最速の36.5で駆け抜けています。

瞬発力勝負に持っていきたいところ。

青竜Sでは良馬場で勝利しているので馬場も不問。

また今回は鞍上がルメールに乗り替わるので、この点は大幅にプラスに働きそうです。

 

血統面では母馬は英国産の牝馬でレース経験はなし。

父は芝のマイラーであるダイワメジャーなので、こちらも高い適性はありません。

血統的には今一歩の印象。

 

 ▲スウィングビート

前走ラジオ日本賞は適性舞台ではなく、かつOP昇格緒戦で3着と結果を残しています。

前々走で勝利しているように、この馬の適性舞台は東京のマイル戦。

全4勝を東京マイル戦で上げています。

OPでも手ごたえを掴んだうえでの得意舞台の今回ですので、上積みは十分に考えられます。

4歳馬で本格化を迎えつつあるようです。

 

血統は魅力的で、父タピットはAPインディ系、母父にファピアノ系のアンブライドルドを持つゴリゴリの米国短距離血統。

母は米国芝1700mGⅠ勝ち馬の中距離馬。

日本産の馬ではないが芝のGⅠを勝っている点が評価できます。 

 

△2頭一気に

△1ワンダーリーデル

前走グリーンCCは3着でしたが、この時は休み明けというのが敗因の一つとして考えられます。

530kg代の大型馬で、大型馬の休み明けは走らないとされています。

なので今回は叩き2戦目で上積みが見込めます。

血統的にも父はストームキャット系、母は日本産の芝馬と今の東京馬場に合っている血を持っています。

 

△2サンライズノヴァ

この舞台にはめっぽう強い馬ですが、前走マイルCS南部杯を勝利したことによって今回の斤量が59kg。

この斤量は堪えると思います。

それでも今回のメンバーを見るとこの馬は実績上位、抑えには必要です。

 

買い方

◎エアアルマス

〇デュープロセス

▲スウィングビート

△1ワンダーリーデル

△2サンライズノヴァ

馬単

◎→〇▲△1△2

計4点

 

予想を終えて・・・  

エアアルマスはGⅠ級の素質があると思っています。

ここは通過点にしてもらいたいという希望もあり、本命です。 

しかし池添学厩舎ってこれまで中央重賞はメラグラーナのオーシャンSの1勝のみなんですね。。。

不安です。 

 

以上、第24回東京中日スポーツ武蔵野ステークス(GⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。