club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】みやこS(2019)~インティの相手は~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第9回みやこステークス(GⅢ)の予想です。

予想のポイントは以下。

馬場:良馬場なのでパワーを擁する

京都ダ1800m:直線平坦で前残りが多い

重視:先行有利、実績

血統:母馬はマイル以下のスプリンター、ファピアノ・APインディ持ち

【参考】【血統】みやこSに合う母馬と種牡馬を分析する - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

みやこS予想

◎インティ

・中央馬場
前走、前々走は地方GⅠで敗れていますが、中央競馬では1度しか負けていません。
馬場的に中央の軽い馬場の方が合っているようで、地方では結果が出ていません。
中央ダ1800mでは東海Sで今回2人気のスマハマに1.4秒差をつけているように相当な力を持っています。
今回のメンバーではGⅠ馬はインティだけ。
GⅠレース常連という馬もいませんので、普通に考えればこの馬が圧倒的に強いです。
ただ問題は下の2点。

 

・大外枠、59kg
今回の課題はこの2つ。
逃げ馬ですので大外枠は単純に逃げづらい。
京都ダ1800m戦はスタートから1角までの距離が長くないのでこれは大きな課題です。
59kgも単純に厳しいですね。
斤量差は2-3kg程度ですが、59kgは春にブラストワンピースが目黒記念で背負った斤量で、その時は8着に敗れています。
59kgという斤量は数字以上に重たいものだと思います。 

 

ヴェンジェンス

・1800mでも
これまで1400m戦を主戦場としてきていましたが、前走は1800m戦に挑戦。
そこでエアアルマスの2着と結果を残しています。
エアアルマスはこれからGⅠ戦線でも活躍していく存在だと思いますので、この2着は高く評価しています。
しかもこの時の斤量が58kgを背負っていましたので、今回の56kgの出走は妙味があります。
前走こそ差し競馬をしていますが、1400m戦でも先行できていたように先行力がある馬なので、最内枠を利してロスなく立ち回れます。
1800m2戦目ということで前走の経験値が今回に活きますし、重賞でも馬券に絡んでいるポテンシャルはありますので血統も加味して対抗評価です。

 

・血統
母はダ1200m戦で3勝、1000m戦で1勝している短距離馬。
父は京都だ1800mと相性の良いAPインディ系のカジノドライヴで、これまた相性の良い血である米国短距離血統のヴァイスリージェントも内包しています。
母系には同じく米国短距離血統のダンジグも入っていて、血統面では今メンバー中最も適性を感じます。

 

 

買い方

◎インティ

ヴェンジェンス

 

馬単

◎→〇

【ワイド】

◎〇

計2点

 

予想を終えて・・・  

久しぶりの中央ダート重賞でしたが、いろんなローテーションでやってくるので力関係が難しいのが特徴ですね。

インティは中央のダート戦なら強いことは間違いないのですが、過去にモーニンのようにパタッと弱くなってしまう外国血統馬がいますので、インティもその可能性がないとも言えません。

しかしながらこれまでの中央でのパフォーマンスをみれば59kgといえど圧倒的に強いと思います。

フェブラリーSまでの流れを見る限りは歴代のダート馬の中でも良い勝負ができると思います。

相手のヴェンジェンスは前走が1800m初距離なのでまだ伸びしろが期待できること、内枠、血統と面白い要素が揃っています。

インティ以外はそこまでの力差はないと思うので期待。 

 

以上、第9回みやこステークス(GⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。