club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】マイルCS(2018)出走馬適性分析~ペルシアンナイト、連覇の狼煙~

 友だち追加

友だち追加

どーも、マイルチャンピオンシップの前に武蔵野Sのレース回顧です。

ぺち(@Pettit0116)です。

 

※本題を読みたい方は目次まで飛ばしてください※

●レース回顧

レースは前半2F目~4F目が34.4、後半の3Fが36.1のハイペースの中道中14番手にいたサンライズノヴァが制してユニコーンS以来重賞2勝目を飾りました。

上がりは最速の34.8、高い東京コース適性を示した形となります。

出遅れはしなかったものの出脚が悪く後方からでしたが、ハイペースも助かって差し切り勝ちとなりました。

2着クインズサターンは4角ではサンライズノヴァよりもさらに後方の位置から上がり2位の34.9の脚で追い上げています。

追込馬なので直線の長い東京や中京が合いそうです。

3着ナムラミラクは先行勢で唯一残った馬でまたしても惜敗となりましたが、このハイペースの中道中2番手からの3着ですから重賞制覇も真近かと思います。

芝スタートに実績があり力もつけてきているので京都1400、阪神1400辺りならばOP以上でも勝てると思いますが、残念ながらこれらのコースに重賞はないんですよね。

 

●備忘録

・ハイペース

芝スタートということもありハイペースになりやすい、というより武蔵野Sは毎回ハイペースで予想を組んだ方が良いのでしょう。

東京コースは直線も長いので差し・追込が決まりやすいです。

 

さて今回は第35回マイルチャンピオンシップの出走馬適性分析です。

 

マイルチャンピオンシップ想定オッズ 

11/12現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:モズアスコット       2.9倍

2番人気:アエロリット           3.8倍

3番人気:ペルシアンナイト   5.4倍

4番人気:ステルヴィオ           7.4倍

5番人気:アルアイン               9.0倍

ーーーー

6番人気:エアスピネル          12.7倍

 

上位5頭が1桁倍のオッズなので、今回は人気上位5頭と6人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。

 

出走馬適性分析

マイルCSはここ2年上がり3Fが35秒台と瞬発力よりもスタミナが求められます。

昨年の勝ち馬ペルシアンナイトは皐月賞2着、2着のエアスピネル菊花賞3着のように1800m以上の実績がある馬が好走傾向にあります。

この点に注目して分析をしていきます。 

 

モズアスコット

【京都(1-3-0-0):1600m(3-1-0-0):右回り(2-4-0-3)】

京都では勝ち切れてはいないもののパーフェクト連対でマイル戦も3勝含むパーフェクト連対なのでマイルCSとの相性はデータ的には合います。

春に安田記念を1:31.3の高速決着で制しているように高速馬場に高い適性があり、差し馬でコーナーでの加速が苦手なのでハイペースになればなるほど強いです。

時計の掛かる馬場も苦手ではないでしょうが、実績からすると高速馬場向きだと言えます。

今の京都の馬場は時計がかかるのでその点は少し割引が必要でしょう。

レース適性:90% 

 

アエロリット

【京都(0-0-0-1):1600m(1-4-0-2):右回り(1-3-0-2)】

京都でのレースは秋華賞(1人気7着)の1回のみで、距離・苦手な降雨だったことを考えるとそれだけでは適性は計れませんが、クイーンSで勝利しているように右回りの平坦コースという点では得意だと言えますのでコース・距離は問題ないかと思います。

スローでもハイペースでも結果を残せますし良馬場なら時計の掛かる馬場でも高速馬場でも不問と万能性があります。

唯一苦手と言えるのは雨で稍重・重だと(0-0-0-3)で4着以下はキャリアでこの3回のみです。

当日雨が降ったら大きな割引です。

 

また懸念点としては直前の長距離輸送で桜花賞5着、秋華賞7着と馬場が苦手な稍重以上ということもありますが結果が出ていません。

レース適性:90%

 

ペルシアンナイト

【京都(1-0-1-0):1600m(3-0-1-3):右回り(3-2-1-1)】

このレースはリピーターが多いので昨年の覇者であるこの馬はそれだけで強調材料です。 

京都コースは相性が良いですし、1600mでの馬券外だった3回のうち2回は苦手な休み明け、1回が安田記念(直線進路確保できず抜け出しにてこずった)とそこまで悲観するものではありません。

休み明けに弱い反面、叩き2戦目は(1-1-0-0)とパーフェクト連対で2戦ともGⅠですので信頼できます。

昨年は富士S5着→マイルCS制覇していて、今年も休み明けの富士Sは5着と昨年同様のローテ・着順ですのでまさにリピーターといえる戦績で連覇の土壌はできています。

レース適性:95% 

 

ステルヴィオ

【京都(0-0-0-0):1600m(1-2-0-0):右回り(2-1-0-1)】

京都でのレース経験はありませんが馬場は違えど右回りで直線が平坦という似たような形状の札幌では勝利経験がありますので問題はないかと思います。

1600mはパーフェクト連対で勝利は新馬戦のみですが、残りの2着2回はいずれもダノンプレミアムに敗れての2着ですのでレベルの高い2着だといえ、適性は高いと思います。

前走毎日王冠ではアエロリットの2着でしたが、上がりは最速の33.2で上位4着はこの馬以外みな先行馬だったことを考えると負けて強しの内容でした。 

この馬のベストレースがスプリングSだと思っていますので、今回の距離短縮、坂がない直線はマイナスとまでは言えませんが相対的にみると割り引きかと思います。

斤量も56kgでアエロリットよりも1kg重くなり、鞍上もルメールからビュイックに乗り替わるのはマイナスです。

レース適性:80%

 

アルアイン

【京都(1-1-0-2):1600m(2-0-0-1):右回り(4-3-1-2)】

マイル戦は3歳時のシンザン記念以来で重賞での実績がなく、距離的性は1800~2200mとなります。

皐月賞を制しているように高速馬場に強く、前走天皇賞(秋)も歴代2位のタイムでの決着で4着と好走しています。

その高速馬場ならマイル戦の実績のなさをカバーできるに余りある適性がありますが、今開催の京都の馬場は時計がかかりますのでそこまでには至りません。

ただクラシックディスタンスでレイデオロやスワーヴリチャードといった猛者と戦っていたという経験値は他を圧倒していますので、そこをどように判断するかがこの馬の取捨のポイントとなりそうです。

レース適性:75%

  

オススメ穴馬

エアスピネル

【京都(2-2-2-0):1600m(4-3-2-2):右回り(3-3-3-3)】

数字の通り京都巧者で重賞2勝で昨年のマイルCS2着という実績があります。

リピーター候補でもあり昨年は札幌記念(5着)→富士S(1着)→マイルCS(2着)と富士Sが叩き2戦目だったのに対し、今年は秋初戦が富士S(4着)でその前のローテが思い通りにいってなかった点を踏まえると悪くない着順だと思います。 

鞍上も福永さんが2戦目の継続騎乗なのでその点もプラスです。

レース適性:80%

 

ジュールポレール

【京都(2-1-0-2):1600m(5-1-2-2):右回り(5-2-1-4)】

春のヴィクトリアマイル覇者のGⅠ馬で、前走府中牝馬Sは休み明けで56kgを背負いながら勝ち馬に0.3秒差の4着でした。

その前走は勝ち馬が牝馬レベルの域を脱しつつあるディアドラ(56kg、叩き2戦目)、2着に先週のエリザベス女王杯を制したリスグラシュー(54kg)、3着フロンテアクイーン(54kg)ですから、斤量・ローテを考えると上出来だと思います。

1800mよりも1600mの方が実績があるので距離短縮はプラスでしょうし、京都コースへの高い適性もデータで示しています。

鞍上の幸騎手が日曜日のレースで落馬してしまいどうなるかがまだ分かりませんが、幸さんの継続騎乗もしくは相応の騎手への乗り替わりであれば面白い1頭だと思います。

レース適性:75%

 

ミッキーグローリー

【京都(0-0-0-0):1600m(3-1-2-1):右回り(4-1-1-1)】

関東馬で関西での競馬が今回初めてですが、前走京成杯AHは初めての重賞挑戦で初制覇という偉業を成し遂げています。

そのポテンシャルはまだ底を見せておらず、今回のメンバー中最大の惑星となりそうです。

1600m・右回りでは1度しか4着以下がなく、直線平坦という点では新潟が(1-0-1-0)と高い適性を示していますのでコース面では問題はないと思います。

気になる点としては輸送経験で、その点は当日の馬体重をチェックするしかありません。

また鞍上の戸崎さんは関東騎手ということもあり関西でのGⅠ制覇は2013年の阪神JFのみと奮いません。

レース適性:75%   

 

出走馬適性分析結果

過去のデータと実績からみるマイルCS好適性馬はこちらです。

ペルシアンナイト(95%)

〇アエロリット(90%)

▲モズアスコット(90%)

エアスピネル(80%)

ステルヴィオ(80%)  

 

最終追い切り、予想も併せて是非っ!! 

www.shumpei116.net

www.shumpei116.net

明日火曜日には東スポ杯2歳Sの出走馬分析を、水曜日にはマイルCSの最終追い切りをブログにしますのでお楽しみに!!


以上、第35回マイルチャンピオンシップ(2018)の出走馬適性分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。

ぺち。

友だち追加