club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】マーメイドS(2019)~兄は豪でGⅠ2勝のパワー×スピード血統~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

今回は第24回マーメイドステークス(GⅢ)の最終予想です。 

牝馬のハンデ重賞らしく、横並びの状態でどの馬が勝ってもおかしくない混とんとした出走メンバーとなっています。

阪神競馬場は金曜日に雨が降り、土日は曇り~晴れ予報なので、おそらくは良馬場で行われるでしょう。

今回は良馬場を想定して金曜日辞典ですが予想をします。

それでは予想に参りましょう。

 

マーメイドS予想

◎センテリュオ

〇レーツェル

フローレスマジック

☆モーヴサファイア 

 

※適性・最終追い切り分析については、ここでは詳細を記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【適性】マーメイドS(2019)相性BEST3~外差し×小回り~ - club keiba

【最終追い切り】マーメイドS(2019)調教BEST3~関東からの刺客になれるか~ - club keiba

 

◎センテリュオ

今の阪神馬場は外差しが決まりやすい馬場。

そういった意味では決め手のあるこの馬がに有利な馬場状態といえる。

前走下鴨S(1着)では京都内回りの直線の短いコースながら、上がり3Fは32.8と凄まじいタイムをマークしている。 

差し・追込馬ながらコーナリングが上手で器用な馬なので直線の短いコースの方が得意。

今回の舞台となる阪神2000mは2戦2勝で、全4勝を直線の短い小回りコースであげている。

前々走の尼崎Sでは2着だったものの、その時の勝ち馬はのちに重賞2連勝を飾るメールドグラース。

その馬に0.3秒差ならば、牝馬限定重賞の今回、そして得意舞台である阪神2000mならば勝ち負けだろう。

 

〇レーツェル

血統面と追い切り面で評価したこの馬が2番手。

血統面では、まずマンハッタンカフェ産駒というのが加点材料となる。

直近3年のマーメイドS3着以内馬9頭の内、実に3頭がマンハッタンカフェ産駒という実績がある。

牝馬にとって2000mという距離は長く、マンハッタンカフェ(菊花賞有馬記念天皇賞・春)のスタミナが活きる舞台がマーメイドSというわけだ。

さらに、母系を見ると母父がモンズーン(ブランドフォード系)、母の母父がサドラーズウェルズとゴリゴリの欧州スタミナ・パワー血統で、豊富なスタミナが血統背景からうかがえる。

実際にキャリア4戦の内、1800~2000mが適性距離でもっと長くても対応できるだろう。

 

最終追い切りの動きも抜群で、ギアチェンジが非常に速く加速するのに時間がかかっていなかった。

スローの瞬発力勝負になれば大仕事をしてくれそうだ。

 

逆に前半に脚を使う展開になると前走美浦S(5着)のようになってしまう可能性がある。

スタミナ血統だが、レースぶりを見るとスローの瞬発力勝負に強く、逆に前走は展開の流れる展開で敗れている。

一瞬のキレで勝負するタイプなので、長距離のスローペースが得意舞台だと推測できる。

したがって、好走条件として道中でいかに脚を溜められるかがカギとなる。

 

フローレスマジック

前走福島牝馬Sで2着に入り、重賞でもがっぷりよつで戦える能力が備わってきている。

今の阪神コースは外差しが決まりやすい馬場状態であるが、この馬はまさに前走でそれをやってのけている。

前走では先頭に立つのが速すぎて直線で目標にされてしまい差されてしまったので、もう少し仕掛けるタイミングを遅くしていれば、勝てたかは別としてもっと着差はなくなっていたはずだ。(福島牝馬Sに関してはデンコウアンジュが強すぎた)

 

以前に比べて先行力がついてきており、道中は先行グループの後方を取れるようになっているのが近走の好走要因で、そこから兄弟(サトノアラジンラキシス)譲りの瞬発力を出せれば安定して上位に食い込めると思われる。

位置取りと脚質が今年のマーメイドSにはまりそうである。

 

☆モーヴサファイア

抑えで入れておく。

中11週のわりに最終追い切りの動きが非常に軽く、調整不足感が否めないので切りたいところだが、切れない要因がいくつかある。

一つ目は戦績。

前走但馬Sでは今回と同じ舞台でフランツ(次走むらさき賞で勝利)相手に0.5秒差をつける圧勝をしていて、3走前にはセンテリュオを負かしている。

能力は確かにある。

2つ目は鞍上。

川田君といえば今日本人の中で最も乗れる騎手で、地元関西圏ならなおのこと恐い騎手だ。

今回乗り替わりで川田君になるのだが、先行馬ということもありこれは明らかにプラスに感じる。

川田君のといえば逃げ・先行が板についている。

 

以上から、消せなかった1頭として抑えに入れておく。

 

買い方

◎センテリュオ

〇レーツェル

フローレスマジック

☆モーヴサファイア

 

馬単

◎→〇▲☆

計3点

 

予想を終えて・・・

適性面ならフローレスマジック、追い切り面ならレーツェル、血統ならレーツェルです。

ただ戦ってきた相手関係、そして総合力でセンテリュオを本命にしたくなりました。

レーツェルは 重賞初経験で相手強化で戦えるか不安があり、フローレスマジックは関東騎手の石橋さん、それに比べてセンテリュオは重賞出走経験もあり鞍上は関西で勢いのある北村(友)さん。

馬の能力も加えた総合力で本命にしています。

 

以上、第24回マーメイドステークス(GⅢ)最終予想でした。

読んでくてありがとう!