club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【最終追い切り】目黒記念(2019)調教BEST3~テン良し、中良し、しまい良し~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今回は第133回目黒記念(GⅡ)の最終追い切り分析です。  

っ今年の目黒記念は中堅ステイヤーvsブラストワンピースといった構図ですが、 ムードそしては1強です。

凱旋門賞の59kg対策でココを走らせるという陣営の糸らしいですが、馬体重が530kgあるので斤量は苦にしなさそうです。

ブラストワンピース陣営としても、ここで負けてしまっては凱旋門賞が白紙になるでしょうから勝ちに来るはずです。

追い切りを見ても・・・

では早速行ってみましょう!

 

目黒記念最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

ムイトオブリガード

大阪杯最終【3頭併せG一】

栗東/CW/良/6F82.5-11.8

目黒記念最終【2頭併せ一杯】

栗東/CW/良/6F81.2-11.5

 

前走勝ち馬に0.6秒差の8着だった大阪杯時最終追い切りとの比較。

今回は前回に比べて全体時計で1.3秒、ラスト1Fでは0.3秒速いタイムをマークしている。

前回、今回ともに併せ馬には先着できているが、前回は併走してから突き放すのに時間がかかっており、反面今回はスムーズにかわして突き放している。

ちなみに今回は併せ馬モサ(3歳500万下)相手に0.4秒追走の、最後は0.6秒先着してフィニッシュしている。

1週前・日曜(5/19)追い切りも併せ馬をつける気合の入れようで、1週前追い切りの内容も良かった。

※日曜追い切りは1週前と最終追い切りの間の追い切りで、基本馬なりなのでその馬の直前の状態を表す指標としている

中間~1週前~最終追い切りと、全体を通してみても素晴らしい出来。

仕上がり:100%

 

チェスナットコート

天皇賞・春最終【2頭併せ一杯】

栗東/坂路/良/4F53.8-12.6

目黒記念最終【単走馬なり

栗東/坂路/良/4F53.3-12.1

 

前走は勝ち馬に1.8秒差の6着だった天皇賞(春)時の最終追い切りとの比較。

前回は追い切り本数4本に対し一杯追いが2本と負荷のかかった追い切りだったが、今回は4本すべてが馬なりだった。

負荷という点では物足りなさを感じるが、タイム的には前走以上。

前回と比較して、全体時計・ラスト1Fともに0.5秒速い、しかも馬なりで一杯追いのタイムを上回っている。

動き的にも馬なりだが疾走感があり、前回併せ馬に遅れを取り野暮ったく見えた動きは今回は見えなかった。

1週前追い切りでは一杯追いの前回に及ばないタイムだったが、日曜追い切り(5/19)では前回の日曜追い切りを大きく上回るタイムで駆け抜けられているので、状態面は申し分ない。

仕上がり:90%

 

ブラストワンピース

大阪杯最終【2頭併せ直一】

美浦/南W/良/4F50.3-12.7

目黒記念最終【2頭併せG強】

美浦/南W/重/4F50.3-12.6

 

前走0.3秒差の6着に敗れた大阪杯時最終追い切りとの比較。

大阪杯から中9週でのレースにもかかわらずここまで3本の追い切りしかしていない。

1週前追い切りも前走大阪杯時に比べると物足りなさを感じた。

ただ最終追い切りでは前走以上だった。

馬場差を考慮すれば全体時計のタイム差なしもプラスで、ラスト1Fでは0.1秒速い時計をマークしている。

併せ馬はカルヴァリオ(古馬OP)で、その馬に対して0.4秒追走の0.2秒先着でフィニッシュできている。

相手の力を考えれば、追走して先着できていることで評価はできる。

最終追い切り以外が微妙だが、最後の最後で帳尻を合わせてきた印象。

仕上がり:85%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

ムイトオブリガード  :100%

チェスナットコート  :90%

ブラストワンピース  :85%

※1週前追い切りで良くみえたのはムイトオブリガード→ポポカテペトルアドマイヤエイカンでした

 

こちらも併せてぜひっ!

【中間追い切り】目黒記念(2019)調教BEST3~抜けて良く見えた東京巧者~ - club keiba

【予想】目黒記念(2019)~イン付きで長くいい脚が使える馬~ - club keiba

 

以上、第133回目黒記念(GⅡ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!