club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【雑記】思い出のマイルCS~超一流馬と感じたモーリス~

 友だち追加

今回も雑記なので分析ベースというよりかは雑談ベースで記していきます。

 

僕は関東在住なのでマイルGⅠとなるとどうしても安田記念の方が観戦したこともあって思い入れが強いのですが、マイルCSで強烈に覚えているのが2015年のモーリス。

2~3歳時はポテンシャルはありながらもなかなかそれを結果に結びつけることができませんでした。

この時期の戦績は(2-0-1-4)。

ちなみに4歳以降では連対率100%です。

鳴かず飛ばずな馬で終わりそうなところを、転厩という策を打って一気に開花します。

堀厩舎に移籍してから凄まじい快進撃が始まるモーリスなわけですが、まず最初に驚かされたのがダービー卿チャレンジC。

 

転厩して初めての重賞挑戦となるわけですが、何が凄いって視覚的にヤバいってやつです。

スタートは出遅れ気味なので後方からの競馬となるわけですが、そんなの関係なし。

直線に向いてから猛然と追い上げ、まさに次元の違う脚を使って一瞬で他馬を差し切り、そこから差を広げて2着には0.6秒差の圧勝を演じます。

とにかく直線の末脚が凄まじく、GⅢながら大物2歳馬の新馬戦のようなレベルの違いを感じさせる走りを見せます。

機会があれば見てみてください。

なかなか衝撃的な映像ですよ。

 

その後も危なげなく安田記念を制覇し晴れてGⅠ馬の仲間入りを果たします。

 

そして秋は前哨戦を使わずにぶっつけでマイルCSへ。

今でこそ外厩を駆使したローテの組み方で、ぶっつけでGⅠというのも珍しくはありませんが、当時では非常に珍しい、というよりも不安を煽る行為です。

なので人気もせずに4人気でした。

GⅠ馬といえど、まだマイル路線では抜けた存在ではなかったのですが、まぁでもそんなことも関係なし。

マイルGⅠ春秋制覇をあっさりと成し遂げてしまいます。

 

「超一流馬」

レースが終わった瞬間そう思いました。

当時の日本の競馬では前哨戦を使わずにGⅠを勝つことは非常に珍しく、個人的にはまず本命にはしない対象です。

4人気でも人気しているなと思ったくらいですからね。

この時のメンバーは皐月賞イスラボニータ、前年のマイルCSで2着だったフィエロ、のちに安田記念を制するサトノアラジンなどメンバー自体は揃っていて、決してレベルは低くはありませんでした。

並みの一流馬が超一流馬に食われたレースとなったのです。 

 

その後は香港マイルチャンピオンズマイル、距離を延長して天皇賞(秋)、香港Cまで勝ち、生涯でGⅠは5勝、タイキシャトル以来のマイラーでの年度代表馬にも選ばれます。(2015年)

2016年はなぜかGⅠ勝利数で劣り、GⅠ勝利がすべて国内のキタサンブラックの後塵を拝し年度代表馬は逃していますが、個人的には2016年の方が年度代表馬をあげたい戦績だと思います。

ここらへんは政治要素がありそうで嫌になりますが。

 

今振り返るとモーリスはマイラー版のオルフェーヴルといった感じでした。

パワーとスピードを兼ね備えていましたので、きっと欧州でもやれたのではと思います。

顕彰馬クラスの馬がなぜにJC勝ちだけのスクリーンヒーローから生まれたのかは、血統の魅惑的なところですよね。

その父グラスワンダー朝日杯FSで長らくレコードホルダーだった快速馬。

スピードはグラスからの隔世遺伝かなと思わせます。

母父にはサドラーズウェルズの血が入っているのでパワーの源泉はこちらから。

継投で見るとロベルト系×サドラー系とめちゃくちゃずぶそうなのにスピードがキチンと保たれていたところにモーリスの活躍があったのでしょう。

思わぬところから超大物が生まれるのが競馬の面白いところです。

 

モーリスによるモーリス2.0誕生の期待を込めて終わりにします。