club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】毎日王冠(2019)~絶対的存在への真価~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第70回毎日王冠(GⅡ)の予想です。

予想のポイントは以下。

馬場(Aコース):開幕週かつ晴れ予報なので高速馬場想定

東京1800m:スタートが2角ポケットからなので内枠有利

重視:内枠先行馬、高速馬場適性、マイラー

血統:①ディープインパクト産駒、母父ストームキャットなら尚良い

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

毎日王冠予想

◎インディチャンプ

※基本的にアエロリット、ダノンキングリーとの比較です

 ・休み明けに強い

新馬戦の勝利、そして4走前の元町Sでは5か月ぶりのレースで1600万下の昇級初戦という状態でのレースながら2着に0.5秒差の圧勝をしています。

間隔のあいた休みはこの2回ですが、いずれも勝利してしかも直近の休み明け緒戦は圧勝なので、休み明けにはむしろ強さを感じます。

東京コースは2戦2勝で安田記念制覇と出遅れ、OP昇級緒戦と厳しい状態ながら勝利した東京新聞杯といずれも強い内容での勝利。

コース適性も◎です。

安田記念では58kgで勝利していますので、今回の58kgという斤量も苦にしないはず。

鞍上福永さんの継続騎乗もアエロリットと比較すると〇。

 

・高速馬場で内枠を引けた

高速馬場適性は安田記念で証明済みですし、今回アエロリットが出走するので展開も似たような流れになると思われます。

この馬にとっては流れた短径での高速馬場=高速決着は得意分野です。

さらに先行力がありながら4番枠と内目の枠が引けたので、内枠有利な開幕週でコーナースタートの1800m戦はこの馬にとってプラスに働きます。

すぐ内側にアエロリットがいるのでマークしながら競馬ができるのも、安田記念と似た形で有利に働くでしょう。

 

・血統

ステイゴールドは瞬発力型でパワーもある血統、かつ大舞台に強いイメージがあります。

母父キングカメハメハは万能種牡馬で母母父Meadowlakeは米国の短距離種牡馬

ディープ×ストームキャットのダノンキングリーには相性的に劣りますし、短距離よりの血統なので距離延長がどうかとは思います。

【参考】【分析】毎日王冠~甘く危険な人気馬たち~ - club keiba

 

〇ダノンキングリー

・ハイレベルで相手なりに走る

日本ダービーは距離で最後差せなかった、皐月賞は馬場が外有利だった分と敗因がしっかりあるので、この馬の実力が出し切れる舞台であれば能力は高いので結果は付いてきます。

今回開幕週の東京1800mはこの馬にとって最適な舞台に思います。

ダービーで少し長いかったので、現状は1600m~2000mが距離適性でしょう。

今回の舞台は共同通信杯で勝利している舞台で、その時にはGⅠ2勝のアドマイヤマーズを負かしています。

スパッと切れる瞬発力を持ちながらも先行力があるという、インディチャンプに似たタイプで、非常にレベルが拮抗しています。

 

・対抗にしたワケ

それでも本命にしなかったのは枠と休み明けというローテ。

枠はアエロリット、インディチャンプの強い2頭が内枠に入りこの馬だけ外の9番枠。

少頭数の外枠なのでそこまで大きくは影響しないでしょうが、力が拮抗しているので枠の差は気になってしまいます。

また、休み明けのレース経験が新馬戦のみ。

その時はカレンブーケドール(オークス2着、その後紫苑S3着)にタイム差なしの辛勝でしたので、休み明けはそこまで得意ではないのかなと思います。

使い詰めた方が良さそうなタイプなので、その点もインディチャンプと比較すると劣勢になります。

 

・血統は最高

ディープ×ストームキャットというこのレースの鉄板配合をしているので、血統面では他の2頭に相性が高いです。

2017年2着のサトノアラジンと似た血統構成をしているので、この舞台への適性は高いと思われます。

 

▲アエロリット

・鞍上の差が大きい

以前鞍上の津村さんについて分析した記事があるので参考にリンクを貼っておきます。

【参考】騎手のお勉強~アベレージヒッター:津村明秀編~ - club keiba

安田記念でこの馬を2着に導いた戸崎さんがダノンキングリーを選びましたので、契約上のことはあるでしょうが勝つ確率が高いのはダノンだと戸崎さんは判断したのかなと思います。

騎手である以上勝つ可能性の高い馬に乗るのがセオリーでしょうからね。

そこで抜擢されたのが津村さんなわけですが、津村さんは根幹距離の小回りコース先行馬が得意なので、東京の非根幹距離である毎日王冠とは相性が悪そうです。

インディの福永さん、ダノンの戸崎さんが継続騎乗の中、アエロだけは乗り替わりというのは相対的に割引です。

 

・1800m巧者

アエロの強みは速い流れで逃げてもしぶとく粘れる勝負根性。

特に併せ馬になると強さを発揮します。

さらに1800m戦はクイーンS、昨年の毎日王冠で2勝、中山記念でも2着と競馬場問わず好走している距離です。

ダノンは共同通信杯を勝っているので1800m適性は証明されていますが、インディは毎日杯の3着のみなので、距離適性面ではアエロが1番実績があります。

 

・血統

クロフネ産駒は東京マイルに強い。

母父ネオユニヴァースはダート馬も輩出するパワー型の中距離血統、母母父ヌレイエフは欧州の短距離種牡馬

短距離血統でスピードの持続力に長けている印象おを持ちます。

 

買い方

◎インディチャンプ

〇ダノンキングリー

▲アエロリット

 

馬単フォメ】

◎〇→◎〇▲

計4点

 

予想を終えて・・・ 

秋競馬になってGⅠを狙うような馬が続々と始動しているので堅い予想が続いています。

ただ個人的には人気だから切るといったギャンブル的な予想はしたくはなく、あくまで分析した結果、勝つ可能性の高い馬に順当に印を打ちたいです。

分析という思考遊戯の結果が予想や馬券であり、自分の分析の答え合わせ的な側面が大きいです。

特に本命馬は。

ギャンブル的に楽しむために軸馬の相手を広げることはありますが、本命馬は勝ちそうな馬しか選びません。

たまに忘れそうになるので自分への戒めを公然とさせていただきました(笑) 

 インディはもっと大きなところ、香港マイルまで行ってほしいですね!

 

以上、第70回毎日王冠(GⅡ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。