競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

重馬場は波乱を呼ぶ~第67回毎日杯(2020)予想見解~

 友だち追加

※予想ブログではないので予想は載せていません、見解を載せていますので皆さまの予想の参考にしてください(予想は当日にTwitterに載せています)

 

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
第67回毎日杯(GⅢ)の見解です。
今年はとにかく3歳重賞は荒れているイメージですが、そんな時こそ馬の適性を見極めなければなりません。
アルジャンナの重馬場適性は?サトノインプレッサ、ストーンリッジの適性は?
人気馬の適性を解明していきます。(レース映像はリンクからぜひ)

日本中央競馬会(JRA)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

毎日杯見解

アルジャンナ

・適性外
この馬は2走前の東スポ杯2歳Sの2着があるように、高速馬場向きです。
このレースはコントレイルが2歳1800mレコードを出して勝利したレースですが、アルジャンナも従来のレコードよりも速く駆け抜けています。
逆に単勝1.5倍の支持を受けて臨んだ前走きさらぎ賞は3着。
この時の京都馬場は時計のかかるタフな馬場で、アルジャンナの走破時計も1:48.4と東スポ杯2歳Sに比べて3秒以上遅くなっています。


この2走からわかることは、アルジャンナは高速馬場で直線の長いコース向きということです。
その理由としてはエンジンのかかりが遅いことにあります。
末脚は素晴らしい馬ですが、エンジンがかかるまでに時間がかかります。
3歳時のワグネリアンと似ていますね。
なので直線の短いコースやタフな馬場だと置いて行かれてしまいます。


毎日杯阪神外回りなので直線が約470mと前走の京都外回りよりも約60m長くなります。
さらに直線には急坂があるので差しが決まりやすいコースでもあります。
コース替わりはプラスでしょう。


ただ時計の速いレースに強さを見せいているので、重馬場は向かないと思われます。
今週の阪神競馬場は雨予報でタフな馬場となります。
当然時計はかかり、瞬発力よりもパワーが求められるので、軽い馬場好きのアルジャンナにとっては試練となるでしょう。


サトノインプレッサ

・スタートだけが課題
2戦2勝の無敗馬ですが、2戦ともスタートは出遅れています。
新馬戦は出遅れても前が開いていたので、道中5番手まで前進できていますが、前走は最後方からの競馬を強いられています。
そこから差し切ってしまうのでポテンシャルは魅力的ですが、出遅れ加減も悪くなってきているので大きな課題です。
逆に出遅れなければ、今回はほぼ勝ちは確定でしょう。


・前走優秀
前走こぶし賞の2着馬ギルテッドミラーは次走の1勝クラスで危なげなく勝利。
その馬に出遅れながら差し切っています。
毎日杯のメンバーで2勝しているのはインプレッサとメイショウダジンのみ。
ダジンはダートで2勝なので、芝の重賞では疑問符がつく戦績。
重賞で馬券圏内馬はアルジャンナとストーンリッジのみなので、戦績で見ても戦ってきた相手関係からも、毎日杯での好走は見えてきます。
重馬場も得意なので雨も歓迎です。

 

ストーンリッジ

・器用な馬
新馬戦では出遅れ気味だったのが、前走はすんなり出て道中は馬なりで2番手を確保しています。
新馬戦では押して行っての先行だったので、ここでは折り合い面の不安がないことを証明しています。
1戦ごとに成長を見せている馬で、新馬戦では上がり勝負、きさらぎ賞では時計のかかる馬場でも結果を出しています。


・コース替わりは・・・
きさらぎ賞では前走から200mの距離延長で臨んでおり、直線で2回目の手前替えの時に失速して勝利したコルテジアに差されて2着となっています。
新馬戦は阪神外回りながら1600m戦だったからか、直線でも垂れることなく上がり最速の33.1という素晴らしい切れ味で勝利していますが、1800mの阪神外回りとなると直線での不安がよぎります。
京都コースよりも約60m直線が伸び、かつ急坂もあるので、この馬の場合は京都外回りの方が適性があるのではないかと思います。


ダノンアレー

・重馬場巧者
新馬戦をダート戦で勝利し、ここ2戦は芝の重・稍重で連続2着としています。
ある程度流れた展開での粘り込みを得意としており、パワーとスピードの持続力に長けた馬です。


・なぜに連続2着で勝ちきれない
先述したようにここ2戦は連続2着、しかも逃げ・先行で上がりはいずれも3位と勝ってもおかしくはない内容です。
ただ負かされているのはいずれも差し馬で、上がり最速馬に差された形となっています。
平均ペースで流れていながら差されているので、もしこれらの馬をダノンアレーが負かすとすれば、もっとペースを上げてスタミナ勝負に持ち込むしかないかと思います。
スタミナと持続力の馬なので、スローの瞬発力では敵いません。
またコースでいえば、新馬戦を京都ダート戦で勝利しているので直線の短いコースが良いかもしれません。
京都ダートの直線は329mと中山芝コースよりも20mほど長いくらいしかありません。


トウケイタンホイザ

・5か月ぶりの2戦目だが
新馬戦を東京1800m戦で勝利しています。
スタートは抜群で、そこから下げて道中は5番手からの追走。
3番枠から終始インを突き、直線で外に出すという大人びた競馬をし、上がり2位の33.7で勝利しています。
このレースぶりをみれば、5か月の休み明けは問題ないと思います。
しかもこの馬は関西所属の馬なので、新馬戦ですでに長距離輸送を経験しています。
毎日杯阪神開催なので、明らかに今回の方が調整しやすくパフォーマンスは上がると思います。


新馬戦のレベルは
掲示板に載った残りの4頭の内、2頭はすでに勝ち上がっています。
2勝馬はまだいませんが、4着だったゼノヴァーズが京成杯で9着という戦績を持っています。
レベルは低くはないですが、高くもないといった感じです。


・不安要素は
未知という点で右回り、直線の急坂、重馬場辺りか。
右回りに関しては、東京コースの長い直線で手前を替えながら走って問題なく勝利しているので大丈夫かと思います。
走法をみると前脚を前に伸ばして走っているので、平坦向きで良馬場向きなのではと思っています。
ただ、これらの点に関してはあまり自信はありません。

 

 

予想

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。当日の馬場状態を見たいのでTwitterで当日12:00頃ツイートします。気になる方はそちらをぜひ!& Follow me!!

 

以上、第67回毎日杯(GⅢ)最終見解でした。
ご覧頂きありがとうございました。