club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】ローレル賞(2019)~フロックではない~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第19回ローレル賞(SⅡ)の予想です。
予想のポイントは以下。
川崎1600m:4角ポケットから1周+400mというコース形態、1角までは約400mあるので先行争いは比較的ゆったりする、コーナーがーきつく膨らみやすい
重視:スタミナ、末脚
血統トゥザグローリーストームキャットキングヘイロー持ち
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

ローレル賞予想

◎ミナミン

前走鎌倉記念の3着は高く評価できます。
今回よりもレースレベルは高いですし、その時勝利したインエリシャブルは4戦4勝の無敗馬で牡馬2歳戦線の主役です。
ミナミンはその相手に0.7秒差の3着に入っています。
この時の2着馬アベニンドリームはのちに北海道2歳優秀でJRA勢相手に2着と好走している優秀な馬です。
牝馬限定戦の今回は主役扱いで良いでしょう。
また今回は逃げ馬が多くハイペースになると考えられます。
となるとこの馬の末脚というのが俄然魅力的となり、追込一気が決まりやすい展開になります。
前走と同じパフォーマンスができればおのずと結果は出ると思います。

 

〇ブロンディーヴァ

前哨戦に当たる小町特別で2着ルイドフィーネに0.7秒差をつける圧勝をしています。
このレースには今回のローレル賞に出走する馬が他に3頭いましたが、その馬たちとは大きな力差があります。
2走前には若武者賞でインペリシャブルの3着。
ただこの時のタイム差が2.3秒なので、着差以上の力差は感じるものでした。
インペリシャブルを基軸にすると、ミナミンは0.7秒差、ブロンディーヴァは2.3秒差。
さらに今回は差し有利の展開と考えているので、展開的にもミナミン優勢です。
鞍上が継続騎乗な点でこちらに分がありますが、能力的にはミナミンかなと思います。

 

▲アートムーブメント

これまでノラと3戦もしていて1勝2敗と負け越していますが、前走で初めて勝利しています。
実績や安定感で言えばノラなのですが、ノラは逃げ馬で今回展開的に厳しい。
逆にアートムーブメントは差し馬なので展開が向きます。
船橋所属の馬で川崎競馬は初めてとなりますが、船橋は川崎同様左回りでコース形態は似ていますので大きな懸念とはなりません。
まだまだこれからの馬といった感じですが、ここを試金石に上昇もあり得ます。

 

△2頭一気に

△1トキノカナエル
3戦2勝で面白い1頭です。
川崎所属で1600mは今回は初ですが、前走は1500m戦で2茶kに1.5秒差をつける圧勝。
逃げ馬でなければ本命でも良かったと思わせる馬です。
血統が大きな魅力の一つで父エスケンデレヤはコース相性が良いストームキャット系、母父も同じくストームキャット系とこの血を25.0%持ています。
因みにシアトルスルーも15.63%持っているので、かなりの米国血統。
川崎競馬場はコーナーがきついので有名ですので、米国競馬に似た形状で血統的にも相関性があるはず。
仮にすんなり逃げられれば楽勝も考えられます。
そういう意味では1枠2番という枠順は絶好です。

 

△2ノラ
アートムーブメントに2回先着している馬ですので地力はあります。
ただこの馬も逃げ馬なので前半でどれだけ体力を使わないかがポイントとなりそう。
今回逃げを主張しそうなプリモジョーカー(1番)、トキノカナエル(2番)、スティローザ(4番)と内枠にズラリ並んでいるので、8番枠は相対的に不利になります。

 

買い方

◎ミナミン
〇ブロンディーヴァ
▲アートムーブメント
△1トキノカナエル
△2 ノラ

 

馬連
◎-〇▲△1△2
計4点

 

予想を終えて・・・  

本命をミナミンにしましたが、前走鎌倉記念の時点では穴馬扱いの馬ですのでフロック説もあります。
ただ2走前の3着がスタートで他馬にぶつけられた不利があったことを踏まえて鎌倉記念では対抗にして3着と好走したのでフロックではないと思っています。
敗因が明確にありそれが自分の能力ではありませんからね。
鎌倉記念は力負けしているので、牡馬混合戦ではトップレベルとは力差を感じますが、牝馬限定戦ならば勝ち負けレベル。
ここで結果を残せれば暮れの東京2歳優駿牝馬でも主力として臨めます。
この馬はまだ伸びると思っています。
そういう意味ではまだ3戦しかしておりませんし、成長力にも期待ができます。

 

以上、第19回ローレル賞(SⅡ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。