club keiba

~競馬予想探究ブログ~

カレンブーケドールは逆らえない~第113回京都記念(2020)予想~

 友だち追加

※▲クラージュゲリエは取り消しになりましたので、▲を除いた予想を参考にして頂ければと思います.

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第113回京都記念(GⅡ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場(Bコース):先週からBコースに替わったが外有利、週末雨も降るので時計のかかる馬場になる
京都2200m(外):スタートはゴール前の直線から、1角までは約400mありゆったりとした流れになりやすい、直線は398m

コース紹介:京都競馬場 JRA
重視:馬場適性、実績、脚質
【参考】条件が揃えばノーブルマーズ~第113回京都記念(2020)穴馬近走報告+α~ - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

京都記念予想

今の京都は外有利。
スローなら外からの先行馬、ハイペースなら外からの差し馬優勢。
京都記念、というか京都2200mはほぼスローペースなので今回もスローと見立てている。
となると外を走る先行馬、と言いたいところだが。。。

 

◎カレンブーケドール

ここは逆らえない。
この馬の懸念点は休み明け。
新馬戦2着(といっても相手がダノンキングリーなら...)、クイーンC4着、スイートピーSは勝ってはいるものの出遅れ、紫苑Sは3着とJC、オークス秋華賞2着馬としては物足りない結果。
今回も休み明けなのでそこがどうかだが、今回は少なくとも紫苑Sよりかは良い。
この馬の追い切りは1週前にタイムを出すパターン。
紫苑S時は馬なりの併せ馬に競られても先着できておらず、追っても反応が鈍かった。
しかしながら今回は馬なりで併せ馬に並び、追われると鋭い反応を見せ併せ馬を大きく突き放している。
この差から、休み明けの今回は状態面に問題なしと捉えた。
叩き良化型であるのは陣営のコメントからも間違いないが、休み明けも克服しつつあると思われる。


実績は申し分なく、前走JCでは強力古馬牡馬相手に2着。
この時は重馬場で、京都記念も雨予報なので馬場は渋ると想定される。
なので重馬場もプラスに働く。
距離は2400mが適性だが2200mまででこのメンバー相手なら許容範囲。
今の京都において内枠はプラスではない、戦ってきた相手を考えるとここでは主役だろう。

 

〇ステイフーリッシュ

同じ舞台の京都新聞杯勝ち馬なのでコース適性は高い。
前走AJCCは額面的には2着好走。
だが1着ブラストワンピース、3着ラストドラフト、4着ミッキースワローは4角でのマイネルフロストの故障による不利を大きく受けている馬たち。
さらに馬場的にも雨が降った稍重馬場だったが、レースの時にはインが乾いてきており、イン有利の特殊な馬場だった。
それを読み切った鞍上ルメールのファインプレーによる2着という印象が強い。
なので過信は禁物。
それでも対抗評価にしたのは2点。
真ん中の5番枠からの先行馬ということ、鞍上がルメール→岩田さんに乗り替わりは今ならマイナスではないということ。
京都の馬場はインが荒れていて馬群も外目に出す。
よって真ん中辺りが実質インみたいなもので、5番枠は先行するには絶好の枠といえる。
鞍上の岩田さんも絶好調で先週は東京新聞杯でシャドウディーヴァ(6人気)を2着に、12Rでも6人気を2着に持ってきている。
さらに南関競馬重賞の報知グランプリカップでもサルサディオーネを勝利に導いている。
今の岩田さんは馬場を読み切っており信頼を厚くできる。
カレンとは斤量差と戦ってきた相手のレベル差があるので対抗評価にしたが、適性ではNo.1。

 

▲クラージュゲリエ

能力を出し切れれば絶好の舞台なのだが、爪の故障明けで9か月ぶりのレース。
陣営のコメントも弱気で「大型馬なので叩いて・・・」みたいな発言をしているので買いづらい。
もともと札幌2歳S3着馬。
この時は追走に苦労しての大外ぶん回し競馬で3着だったが、3歳になって皐月賞日本ダービーでは5~6番手と前目を取れるようになっている。
京都コースでも京都2歳Sで重賞勝利。
パワータイプで中団やや前からの差しを覚えたので、今の京都の外差し競馬がマッチしている。
(おそらくスローペースなので、差し馬でもある程度前を取れないと厳しい。)
ただ追い切りの内容が芳しくなく、陣営のコメント通りにみえる。
ポテンシャルと舞台適性を買って3番手評価。

 

△ドレッドノータス

京都巧者。
重賞2勝はいずれも京都だし、外回りでも昨年京都大賞典を制している。
軽い馬場で瞬発力勝負になると弱さが出てしまうが、ある程度渋った馬場なら瞬発力勝負にはならずパワー勝負になる。
8番枠も先述したように外からの外差しにももってこいだ。
前走天皇賞(秋)は軽い馬場の瞬発力勝負。
加えて12番枠からの先行策と、外枠不利な東京2000mで苦しい条件だった。
それでも負けすぎではあるが。。。
京都コースになると激変する馬なので、57kgでも押さえておく必要がある。

 

買い方

◎カレンブーケドール
〇ステイフーリッシュ
▲クラージュゲリエ
ドレッドノータス

馬単
◎↔〇▲△
計 6点

 

以上、第113回京都記念(GⅡ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。