競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【黒潮盃2020】大井1800mは1角まで200m強

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200818005235j:image

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は9頭見解です。
それでは、日刊スポーツ賞 第54回黒潮盃(SⅡ)の出走馬見解をしていきます。

 

皆様の予想をする上での参考として、見解を楽しんでいって下さい。

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

黒潮盃出走馬分析

大井1800m(外)はスタートから200mで1角を迎える。
コーナーはそれぞれ400mずつ、直線386mは右回りではJRA含め国内最長の距離。
スローの瞬発力勝負になりやすい舞台。
直線が長い分、逃げ残りは難しく、また前半のペースが落ちやすいので追込も決まりづらい。
4~8番手辺りに位置した差し馬が最もレースがしやすいコース設計。



3ピュアオーシャン(差し)
前走トゥインクルバースデー賞(B3,大井1800m)では速い流れを6番手から追走し、3~4角ではインを突き、直線では外に出して快勝している。
前々走の若竹賞(大井1800m)でもそうだが、本馬は差し馬ながらイン突きをできるのが武器。
そういった意味では、今回も内枠3番枠に入れたのは大きい。
クラシック組が休養している中、本馬はレースに出続けているので、状態面での不安もない。


今回のメンバーをみると、逃げ馬がファルコンウィングorサンエイウィングのどちらか。
おそらくはファルコンウィングだが、この馬に関しては前走マイル戦で逃げて勝利、3着に好走した羽田盃も良いペースで逃げている。
スローペースになるとは考えづらい。
前々走若竹賞ではスローペースで逃げ馬のサンエイウィングを差し切れなかったが、今回は逆転できるだろう。



7コバルトウィング(差し)
この馬の取捨は難しい。
JRA時代に1勝しており、1勝クラスのレースでも人気になって好走をしている実力馬。
3走前の京浜盃(大井1700m)から南関に移籍。
重賞でいきなり2着と好スタートを切るも、クラシック本番の羽田盃では7着、東京ダービーでは6着と結果を出せなかった。
ただ、大崩れをしているわけでもない。


ここ2戦はポジションを取りに行って凡走しているので、腹をくくって後方からのまくり差しが良いのではと思う。
JRA時代も後方からの追込で好走してきているので、前半は脚を溜めることに徹したほうが好走しそうである。
実績馬との斤量差もあるので、好走するにはここしかない。



12ファルコンウィング(逃げ)
前走千葉日報杯(船橋1600m)はハイペースで逃げて勝利。
JRA移籍組の12ヤマニンレジスタが相当に食いついてきたのでハイペースになったが、向正面では単騎逃げに替わり、ヤマニンは3角手前で馬群に沈んで最下位になっている。
逃げ馬として展開的には苦しかったが、それでも完勝といえる内容だった。
この馬は自分の形になると競馬場を問わず強さを見せるのが魅力。
南関でも船橋と浦和で勝利。
大井でも重賞2着に羽田盃3着という実績があり、川崎でも2着に入った経験がある。


毎回ハナを取り切るまでに時間がかかり、それにより最後の直線で失速してしまうことが多かったが、前走は楽にハナを取れている。
古馬混合の準重賞で、かつマイル戦で楽にハナを主張できているので、3歳限定重賞の1800m戦の今回も楽に取れるのではと思う。
テンのスピードに成長が見られるのは大きな上積み。



15フラヴール(追込)
とにかくテンのスピードがない馬なので、スタートからすぐにコーナーに入る1800mはコースがある程度弱点をカバーしてくれる。
同舞台の羽田盃では11頭立ての9番手から追込み、4角では大外を回しても2着に好走できている。
今回のメンバーでは能力が1枚も2枚も上な印象。


前走もJpnⅠJDDで地方勢最先着の4着。
重賞勝ち2頭含む中央勢4頭にも先着している。
しかも前走の東京ダービーで除外というイレギュラーの後で。
スタートも出ムチを入れずに追走できるようにはなっているので、この馬なりには良くなっている。
今回トップハンデの58kgだが、それでも力差を感じる。



門別2頭(アベニンドリーム、コパノリッチマン)
どちらも砂の深い門別で実績をあげている馬。
アベニンドリームは南関の鎌倉記念で2着に好走した経験があるが、川崎も砂の深い馬場で有名。
コパノリッチマンも砂の軽いJRA時代には全く走れていない。
どちらも砂の深い馬場を得意としているので、比較的砂の軽い大井で好走は難しいと思われる。



13サンエイウィング
ファルコンウィングによって逃げられないのではと思う。
逃げなくても好走歴はあるが、ここ2戦を逃げて好走しているので、格上である今回のレースではできれば自分のレースがしたいはず。
自分の型で競馬ができないのでつらい。



5ブリッグオドーン
200m差だが、2000m向きに思う。
1800mだと道中の位置取りが後方になってしまい、後方から差し切れるほどのキレ脚は持っていない。



11インペリシャブル
前走は古馬混合重賞のプラチナカップで2着に好走。
実績的には個々では上位になるが、1800mという距離がどうか。
2歳時には1500mの鎌倉記念で重賞を勝利。
その後、同じく川崎で1600m戦の全日本2歳優駿クラウンカップをいずれも11着と大敗している。
その後はスプリント路線にも向かっているので、大井ならマイルまでの印象。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。予想は当日になるのでTwitterにて公表しています。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、日刊スポーツ賞 第54回黒潮盃(SⅡ)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋