club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】北九州記念(2019)~ローテと持ちタイム~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

今回は第54回テレビ西日本北九州記念(GⅢ)の予想です。 

予想したポイントは以下の通り。

①高速馬場

②平坦下り坂小回りコース

③レース間隔

④血統では父系サクラバクシンオー系、キングヘイロー、母系はスタミナ系

【参照】【適性】札幌記念&北九州記念~甘く危険な人気馬たち~ - club keiba

ここらへんも踏まえて予想していきます。

 

北九州記念予想

◎ダイメイプリンセス

非常に悩みましたが本命はこの馬。

昨年の2着馬で、使い詰めて良くなるタイプ。

このレース自体が使い詰めてきている馬が好走するレースですので、レース間隔が詰まっている馬を狙うべきです。

前走アイビスSDは2か月半以上間隔が開いてのレース、不利とされる内の2番枠、55kgという斤量、手が合っていないデムーロ鞍上と負ける要素が多かったです。

それでも上がりは全体3位の32.7で勝ち馬に0.4秒差の6着ですので、叩き2戦目の今回はさらにパフォーマンスが向上することが期待できます。

このレースは前半3Fが32秒台になるほどハイペースになりやすい舞台で、かつ今回は逃げ馬モズスーパーフレアがいますので、なおのことハイペースは必至です。

持ちタイムは1:06.8なのでタイム決着も歓迎です。

ダイメイプリンセスはスタートの上手な差し馬なので、この舞台はピッタリ。

血統的にも相性の良いキングヘイロー産駒で、母系にはニジンスキーのスタミナ血統も持っています。

昨年の勝ち馬アレスバローズが斤量1.5kg増の57.5kgに対し、この馬は昨年同様55kgで出走できます。

鞍上も手の合っている秋山さんに乗り替わるので、夏が得意な馬の本領が発揮されるのではと思っています。

 

〇アンヴァル

前走は福島のバーデンバーデンCの2着。

勝ち馬のカラクレナイよりもスムーズさを欠きながらもタイム差なしの2着ですので、斤量差も考えてこの馬の方が今回はチャンスがあると思います。

しかもこの馬は前走約半年の休み明けでのレースでした。

今回はダイメイ同様叩き2戦目、上積みが見込めます。

実績的にも直近の重賞2戦でいずれも4着と結果を残しています。

差し馬で11番枠と外目の枠を引け、スタートも無難にこなせる馬ですので、前走同様差しが決まるのではと思います。

斤量54kgも魅力です。

 

▲ディアンドル

3歳馬で52kgというハンデ差は魅力です。

まだ底を見せていない馬で、能力が不明確ですが6戦5勝は強さの証です。

小倉・阪神・京都・中山と多数の競馬場で勝利している点、レース映像からも自在性がありレースセンスを感じます。 

ここでも大崩れは考えづらいです。

 

しかしながら懸念点も複数あります。

まず持ちタイム。

1:08.0と3歳馬なのでまだ成長力があるとは思いますが、そこまで速くはありません。

昨年のこのレースは1:06秒台での決着でしたので、スピード決着に対応できるかがこの馬のポイントとなります。

血統からはスピードの持続力はルーラーシップ×スペシャルウィークなので問題はなさそうですが、高速決着向きには感じません。

父母父トニービン、母母父エリシオとゴリゴリの欧州血統です。

今回はモズスーパーフレアがハイペースで逃げると思われますので、先行馬のこの馬からすると追走に苦労するのではと思います。

ローテもあまりよくありません。

このレースと相性の良い前走はアイビスSDCBC賞、その他中5週以内のスプリント戦です。

この馬の前走は葵S(1着)。

着順は申し分ないのですが、中11週とほぼ3か月の休み明けになりますので、いきなり高速決着に反応できるかも不安です。

 

△3頭一気に

△1アレスバローズ

昨年の勝ち馬なので実績・コース適性は申し分なし。

前走も苦手と思われた重馬場の中、CBC賞で2着ですので、パンパンの良馬場で行われるであろう今回は前走以上に適性が高いです。

ただ内目の3番枠、昨年よりも1.5kg重い斤量の57.5kgと厳しい環境となっています。

内で上手く捌ければ、という条件付きになってしまうので抑え程度にしました。

 

△2モズスーパーフレア

実績もあり今年になって重賞を勝つなど勢いもある馬。

逃げ馬でテンの速さは異常なのでおほぼほマイペースでレースは運べると思います。

直線に急坂のある中山1200mで1:07.0と持ちタイムも優秀です。

ただローテが高松宮記念以来5か月ぶりのレース。

間隔が開いた馬の好走がめったにないレースですので、この点は割引が必要です。

 

△3ミラアイトーン

この馬も3か月半の休み明けが気になります。

斤量もOP勝ち馬にしては見込まれた感のある56.5kg。

スタートも上手くはありません。

ただ小倉は3戦3勝と相性の良い舞台で、差しが魅力の馬ですので舞台設定は合っています。

 

買い方

◎ダイメイプリンセス

〇アンヴァル

▲ディアンドル

△1アレスバローズ

△2モズスーパーフレア

△3ミラアイトーン

 

馬連

◎-〇▲△1△2△3

計5点

 

予想を終えて・・・

フィーリングだと逃げ脚強力のモズ、ちょっと調べた段階では差し馬のアンヴァル、でも最終的にはダイメイプリンセスにしました。

最後はアンヴァルと相当悩みましたが、昨年の実績と前走からの上積みが大きかったのが決め手となりました。

おそらくは的中すれば結構配当は付きますので今回は手広く流しました。

切った中恐いのは小倉重賞を勝っているファンタジストと前走OP価値のカラクレナイですかね。

 

以上、第54回テレビ西日本北九州記念(GⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。