club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】きさらぎ賞(2019)最終追い切り分析~ヴァンドギャルド上積みアリ~競馬予想

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

川崎記念ケイティブレイブ負けちゃいましたね。。。

勝ったミツバの鞍上の和田さんは関西の騎手なので大井での経験値的に2・3着の馬よりも若干劣ると思っていましたが、しびれる騎乗でしたね。

和田さん、軽視してごめんなさい。

直線でオールブラッシュとケイティブレイブの間を強引に割って入るところは鞍上の腕ですね。

あそこが決め手だったと思います。

和田さん様様です。

 

さて今回は第59回きさらぎ賞(GⅢ)の最終追い切り分析です。 

この時期の調整は難しいのでしょうか、良く見えた馬は少なかったです。。。

 

きさらぎ賞最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

※コパノマーティン、サンアップルトン、ハギノアップロード、マコトジュズマルの4頭は調教動画なしの為未分析

 

ヴァンドギャルド

1/30(水)        4F-3F2F-1F

栗東/坂路/良/53.9-38.5-24.8-12.4

ラップタイム(15.4-13.7-12.4-12.4)

【単走馬なり仕上がり:90%

前走ホープフルS(5人気6着)時の最終追い切りに比べて脚の回転が速くなっています。

前走では直線で若干の不利があっただけで悲観する内容ではありませんでした。

追い切り内容自体も悪くはなかった(仕上がり:80%と評価)ので、その時よりも良く見えた今回は好感が持てます。

前走の最終追い切りは同じコースで単走強め4F54.5-12.4、今回は馬なりで全体時計もラスト1Fも速くなっています。

その要因としては冒頭で述べたように脚の回転が速くなっていることがあげられ、それは状態の良さを表していると思います。

上積みは間違いなくあるでしょう。

 

エングレーバー

1/30(水)   6F-5F-4F-3F-1F

栗東/P/良/87.7-70.8-55.1-40.3-11.5

ラップタイム(16.9-15.7-14.8--11.5)

【2頭併せ馬なり仕上がり:85%

しまい重点ですが鋭い動きを見せていました。

全体時計は平凡ですがラスト1Fは11.5、ポリトラックというタイムが出やすい馬場ですが上々だと思います。

併せ馬を後方から追いかけ、直線で強めに追われている併せ馬を馬なりのまま追い抜き、最後は2~3馬身突き放してフィニッシュしています。

馬なりながら小気味の良いフットワークで集中力の感じる、動きに無駄のない走りをしています。

楽な手ごたえで併せ馬を突き放していますので、余力がありながらも力強さも併せ持つ良い動きでした。

 

良く見えなかった馬→なし

まだ若駒で良し悪しの基準がないので良く見えなかった馬はなしで。

極端に悪く見えた馬もいません。

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

ヴァンドギャルド  :90%

エングレーバー      :85%

 

良く見えなかった馬

なし

 

データ分析も併せてぜひっ!

【データ】きさらぎ賞(2019)出走馬適正分析~ヴァンドギャルド上積み大~競馬予想blog - club keiba

明日木曜日には東京新聞杯の最終追い切り分析をアップします!!

 

以上、第59回きさらぎ賞(GⅢ) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。