club keiba

~競馬予想探究ブログ~

軸はアルジャンナで堅い~第60回きさらぎ賞(2020)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第60回きさらぎ賞(GⅢ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場(Bコース):内の馬場は荒れており、外差しが決まりやすくなっている
京都1800m:スタートは2角ポケットでスタートから3角まで直線で900m近くある、ゆえに先行争いは緩やかでスローペースになりやすい

コース紹介:京都競馬場 JRA
重視:瞬発力、折り合い、騎手

参考楽しみなのはトゥルーヴィル~第60回きさらぎ賞(2020)穴馬近走報告~ - club keiba
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

きさらぎ賞予想

先週の飛鳥S(3勝1800m)では直線で馬群が馬3頭分外に出していた。
その中でインを突いた馬が1,3,4着を確保。
A→Bコースに替わったのが先週なので、内柵を4m外にズレ、さらに馬場の良い部分と悪い部分の際を突いた馬が好走している。
結局は相対的に距離ロスのない内目を突いた馬が好走していることになるが、外の馬も勢い自体はあった。


今回は3歳戦の1800mということで古馬3勝クラスに比べて外差しが決まりやすいと思われる。
体力的にも精神的にもまだ成長途上の3歳馬なので、古馬の1800mよりも長く厳しいと感じるはず。
20歳の人が走る1kmと10歳が走る1kmでは感じ方が違うように。
最後の直線までにいかに脚を溜められるか、そして瞬発力を発揮できるかがポイントとなる。

 

◎アルジャンナ

前走東スポ杯は2着だが、その時の勝ち馬が後に無敗でGⅠホープフルSを勝つ怪物コントレイル。
ここは相手が悪かったと言わざるを得ない。
レース的にはこの馬の力は出し切っており、スタートを五分に出て道中は8頭立ての6番手で折り合っている。
そこから上がり3Fはコントレイルに次ぐ2位で33.6。
コントレイルは33.1と異次元だが、同3位の4着オーロラフラッシュは最後方から34.3。
アルジャンナとオーロラフラッシュの上がりの差は0.7秒もあることになる。
しかもアルジャンナの方が位置取り的には前にいた。
何度も言うがコントレイルは別格なので除くと、アルジャンナも合格点といえる内容だった。
GⅢクラスなら楽に勝てると思われる。


今回も前走同様少頭数でのレース。
スタートも上手く折り合いも不安がないので崩れることは考えづらい。
今後コントレイルと再戦することも考えると、位置取りをもう少し前に取らないと勝ち目がないということは前走で分かったので、今回は試金石的に前走よりも前に位置をとると思われる。
この頭数でこのメンバーなら差し切れないということは考えづらい。
文句なしに本命。

 

〇トゥルーヴィル

1戦1勝馬だが新馬戦は中身の濃い内容だった。
直線で進路変更をしても勝つという強さをみせ、新馬戦ながらスタート、折り合いなど若駒特有の懸念点も問題なかった。
心身ともに強さをみせた、着差以上に強い内容。
何だかんだで今の京都は直線で馬場の良い内目をつけた方が良いので3番枠というのも良い。
京都1800mで勝利しているのでコース適性もある。
ディープ産駒で瞬発力勝負も問題なく、新馬戦では先述した直線での進路変更がありながら上がり3Fは2位で、1位とは僅かに0.1秒差。
スムーズなら上がり最速をマークできていただろう。
アルジャンナという強力なライバルがいるので2番手評価だが、今後が楽しみな1頭。

 

▲ストーンリッジ

トゥルーヴィルと同じ1戦1勝馬のディープ産駒だが、完成度という点でトゥルーヴィルに劣る印象。
新馬戦では行き脚が良かったので先行できているが、スタートで若干出遅れている。
それでもスローの上がり勝負で上がり最速の脚で差し切っているので、同じくスローの瞬発力勝負になるであろうきさらぎ賞でも同じようなパフォーマンスが期待できる。
鞍上をみるとアルジャンナは川田騎手、トゥルーヴィルは北村友一騎手、ストーンリッジはシュタルケ騎手。
近年の実績と信頼度では騎手も印通りの順番となる。

 

△ギベルティ

上位3頭はいずれもディープ産駒で瞬発力型の馬だが、この馬は少し毛色が違う。
オルフェーヴル産駒の先行馬。
瞬発力というよりもスピードの持続力で勝負する馬。
今回この馬にとっては良いのだが後方からの差し馬が非常に多い。
上記3頭に加え、サイモンルモンド、グランレイ、サトノゴールドと8頭中6頭が差し・追込馬。
そういった意味では展開の利を得られるのがギベルティと1番枠コルテジアということなるのだが、コルテジアは重賞の壁に阻まれていて現状底が見えており大きな成長は早急には見込めない。
ならば1戦1勝馬のギベルティが面白い。
関東馬だが栗東留学をしており最終追い切りも栗東で行っているあたりも、きさらぎ賞に向けての意気込みと準備の抜かりなさを感じる。 

 

買い方

◎アルジャンナ
〇トゥルーヴィル
▲ストーンリッジ
△ギベルティ

 

3連単
◎→〇▲△→〇▲△
計 6点

 

以上、第60回きさらぎ賞(GⅢ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。