club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【データ】きさらぎ賞(2019)出走馬適正分析~ヴァンドギャルド上積み大~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

今週の重賞成績はボウズ。。。

髪の毛が邪魔くさいので頭も丸めようかしら。

愛知杯は前目有利でレイズア、レイホーともに出番なし

根岸Sはまさかのサンライズ飛び、展開は向かなかったですが

シルクロードSは本命は来たもののヒモが来ず

 

展開、前走分析が少し足りなかったことと、騎手はやはり大事だなと思いました。

今週に活かしたいと思います。

 

 

さて今回は強い勝ち方をしても意外と出世しない第59回きさらぎ賞(GⅢ)出走馬適正分析です。 

 

きさらぎ賞適正分析

きさらぎ賞に特別登録している馬の中で、過去のレース分析から京都1800mに適性の高い馬を抽出し好走期待馬として紹介します。 

きさらぎ賞といえばスローの瞬発力勝負、ゆえに道中の折り合いとしまいの脚が重要となります。

 

ここでは馬の力を最大限に引き出せる舞台設定かに重点を置いて期待値化しています。

期待値の大きい馬から順に紹介します。

 

ヴァンドギャルド

【1800m(0-0-1-0)右回り(1-0-0-1)京都(0-0-0-0)】

前走ホープフルS(5人気6着)はスローペースに苦しみ道中折り合いを欠いていて、かつ直線では進路がふさがりブレーキをかける場面も。

それでも最後は伸びて勝ち馬に0.6秒差の6着に入っています。

今回は200m距離の短縮があるので折り合いの苦労も軽減されるでしょうし、前走のような直線の不利がなければ前々走東スポ杯2歳S(4人気3着)のような瞬発力が出せると思います。

さらに関西馬なので京都は地元、加点材料が多いので前走以上が大いに期待できます。

差し・追込馬なので初コンビのデムーロとも手が合いそうです。

好走期待値:9

 

アガラス

1800m(1-2-0-0)右回り(1-1-0-0)京都(0-0-0-0)】

まず、関東馬関西でのレースは初めてとなります。

札幌での在厩競馬経験はありますが、直前での輸送は初めてです。

過去3戦の馬体重の増減から大きな増減は考えられなそうなので当日+10kg以下なら問題なく、逆にマイナス体重なら少し不安ですね。

これまで先行、逃げ、差しとあらゆる先戦法をとってレースをしていますが、前走東スポ杯2歳S(7人気2着)では道中12番手から上がり最速の33.5の脚で2着、重賞で結果を出せたので今回もこの戦法でくると思います。

直線の長いコース、スローの瞬発力勝負に強さを発揮しているので、そういった馬が活躍するきさらぎ賞でも好走が期待できます。

先週のシルクロードSの勝ちタイムが1:08.3と時計がかかっているので、今週も時計のかかる馬場となります。

洋芝の時計のかかるコースでも結果を出してきている馬ですが、前走をみるに本質的にはパンパンの良馬場向きに思いますので、馬場的には少し割引が必要です。

好走期待値:85

 

タガノディアマンテ

【1800m(1-0-0-1)右回り(0-0-1-1)京都(0-0-0-1)】

前走エリカ賞(5人気3着)は道中折り合いを欠いていたので200mの距離短縮はプラスでしょう。

新馬戦(7人気4着)はレベルが高く、勝ち馬以外の上位2頭も勝ち上がりをしていて、タイムも速かったです。

その中で道中2番手で先行しての4着は高く評価できます。

未勝利戦(2人気1着)を東京コースで勝っているように直線が長くスローの瞬発力勝負に強いので、今回の舞台は合うと思います。

逆に言うと前走エリカ賞は適性が低い舞台設定だったので、それでも3着に粘れている点を考えると、能力的にはここでも通用すると思います。

好走期待値:80

 

ダノンチェイサー

【1800m(1-1-0-0)右回り(1-1-0-0)京都(0-0-0-0)】

本質はマイラー、1800mはギリギリといった距離適性です。

いかにもディープインパクト産駒といった馬で瞬発力勝負に秀ています。

新馬戦(1人気4着)は2000m戦で重馬場ということもあり勝ち馬に0.7秒差の惨敗、前々走きんもくせい特別(1人気2着)もある程度流れた展開を道中3番手から先行して最後に差されての2着と、負けた時はパワー・スタミナ勝負の時です。

前走はスローの瞬発力勝負を上がり2位の33.5で勝利、それでも上がり最速を出せていないところにまだ力不足を感じますが、対きさらぎ賞で考えると展開が向きそうなので相性は良さそうです。

ただ前走はこの馬の得意なパターンだったように思うので過信は禁物です。

好走期待値:80

 

きさらぎ賞適正まとめ

過去のレースから分析した好走期待馬はこちら。

ヴァンドギャルド(好走期待値:95)

強調材料:距離短縮、瞬発力、鞍上デムーロ乗り替わり

アガラス(好走期待値:85)

強調材料:瞬発力、1800m適正

タガノディアマンテ(好走期待値:80)

強調材料:距離短縮、瞬発力

ダノンチェイサー(好走期待値:80)

強調材料:瞬発力

 

明日月曜日には東京新聞杯のデータ分析をブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第59回きさらぎ賞(GⅢ)出走馬適正分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。