club keiba

~競馬予想探究ブログ~

枠と騎手がストライク(イーグル)~第64回金盃(2020)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第64回金盃(SⅡ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場:内ラチ沿いを走った馬が軒並み好走している、イン有利
大井2600m(外):スタートは向正面からで300m位で最初のコーナーに入る、外回りコースなので直線は386mと長い

大井競馬場|競馬場ガイド|地方競馬情報サイト
重視:近走レース内容、枠、騎手
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

金盃予想

報知杯オールスターC、金盃トライアル、勝島王冠と様々なローテからやってくるので力関係の比較が難しい。
上位勢は大きな差がないと感じたので、今回はトラックバイアスと騎手に重点を置く。
今の大井はイン有利。
月曜日のレースでは道中インを走っていた馬が軒並み掲示板に載っていた。
金盃は大井の2600m戦なのでスタートからコーナーまでの距離が短い。
したがって内枠で内ラチ沿いを走れる馬が有利。


長距離戦は騎手の進路取り、ペースの読み、仕掛けどころなどが勝敗に大きく影響するので、騎手の経験と腕がモノを言う。
騎手も大事。

 

◎ストライクイーグル

2枠4番と内目の枠を引け、馬自身もスタートの上手い先行馬。
1-3番枠の馬が皆差し馬なので、おそらく楽に内ラチ沿いをとることができる。
その上で鞍上は馬場の読みがしっかりしている吉原騎手。
トラックバイアスを意識した乗り方をしてくれるだろう。


馬の能力もこのクラスなら十分。
前走報知杯オールスターCではイン有利の馬場状態の中、10番枠だったこともあり終始ラチから馬一頭分外を走っている。
最も良い進路取りではないながら結果は4着。
のちの川崎記念で2着になるヒカリオーソやGⅠ馬オールブラッシュとメンバーレベルも高かったので、勝ち馬に0.3秒差の4着は合格点。
前々走JBCクラシックでは伸びないインを走って5着。
近走は枠と馬場がマッチしていない。
今回はそれがマッチしているのでその不安はなし。


大井の長距離戦では3走前に東京記念を制しているので適性もある。
トラックバイアス、枠、適性と条件が揃っている。

 

〇サブノクロヒョウ

ストライクイーグルのお隣5番枠からの発走。
枠は良い。
鞍上藤本騎手は大井所属の6年目で若手のホープ
このコンビでは東京記念トライアルを制している。
鞍上は重賞勝ちがまだないので、信頼度ではまだトップジョッキーほどではない。


前走金盃トライアルではイン有利の馬場状態を道中外目を走らされている。
それでも2着に健闘しており、勝ったトーセンブル(今回も出走する)は終始内ラチ沿いを走っており、直線だけ外に出す理想的な競馬をしての勝利だった。
走ったコースを考えるとサブノクロヒョウの方が強く見える。


今回は56kgと斤量もトップハンデではなく、有力馬にしては軽い斤量となった。
ストライクイーグルと比べるとスタートがそこまでうまくはなく、重賞となると崩れる脆さがあるサブノクロヒョウなので対抗評価となった。
枠も良くて先行力もある。
しかしながら鞍上の実績と馬の器用さで2番手。

 

▲サウンドトゥルー

前走報知杯オールスターCは外枠で脚質も追い込みなので、終始外々を回していた。
単純に距離ロスが多いのと、馬場がイン有利だったので不利が多かった。
勝ったオールブラッシュは逃げ、3着ヒカリオーソも2番手という先行有利の展開の中での5着。
この2頭は川崎記念に向かうことになる実力馬。
金盃にも出走するセンチュリオンなどには先着している。
今回はその時よりもメンバーのレベルが落ちるので上位進出が期待できる。
しかしながら脚質はすぐに変わるものではないので、14番枠からの発走となるとまたしても外を回されることになるだろう。
いかにインに潜り込み、直線で外に出せるか。
鞍上は南関リーディングの森騎手なので信頼はおけるが、枠と脚質で手綱捌きは難しくなると思われる。
印上位2頭は内枠でロスなく立ち回れる優位性がある。
それをも力でねじ伏せる力は、前走を見る限り今のこの馬にはない。

 

△2頭一気に

△1ワークランドラブ

逃げ馬で15番枠というのは気がかりだが、スタートが上手くダッシュもあるので外枠からでも逃げられると思っている。
浦和2000mでレベルの高いJBCクラシック(11番枠)でも逃げられているので、このレベルならこの枠でも大丈夫なハズ。
逃げられればイン有利の馬場の恩恵を受けることができ、JBCクラシック6着、昨年の金杯3着の実績通りの力が発揮されるだろう。
鞍上の笹川騎手も大井所属とあって大井にはめっぽう強い。


前走JBCクラシックは逃げての6着。
馬場はイン不利なのでこの馬はその不利なコースを走って、かつ中央勢が4頭いながら2頭には先着しての6着は悪くない内容。
ただ今回も出走するセンチュリオン、ストライクイーグルには先着を許しており、着差もあるのでストライクイーグルには逆転が難しそう。
センチュリオンには、鞍上がミシェル騎手と南関での経験値の少なさが長距離戦なので大きく影響することによって逆転は考えられる。
逃げることができればチャンスはぐっと広がる。

 

△2サノサマー
このレースが大井移籍初戦になる。
前走東京大賞典はまだ中央所属での参戦で、初めての地方競馬となったが6着とまずまずの結果だった。
先着を許した馬は中央はほとんどがGⅠ馬、地方馬はモジアナフレイバーとノンコノユメという地方トップレベルの馬。
地方の砂への適性は感じられたし、地方レベルでは一定の能力があると判断して良さそう。
対戦経験のない馬がほとんどなので未知数な部分が多いが、鞍上に矢野騎手を迎えているので陣営の期待が現れている。
GⅠ6着の実績と直接対決のない未知数な部分が多いことから、抑えて置かなければならない馬。

 

買い方

◎ストライクイーグル
〇サブノクロヒョウ
サウンドトゥルー
△1ワークランドラブ
△2 サノサマー

 

馬連
◎-〇▲△1△2
計 4点

 

以上、第64回金盃(SⅡ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。