club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】京王杯2歳S(2019)~血統よりも脚質~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第55回京王杯2歳ステークス(GⅡ)の予想です。

予想のポイントは以下。

馬場(Bコース):先週からBコース、高速馬場

東京1400m:向正面からのスタートで有利不利なし、まぎれのないコース

重視:瞬発力

血統:母は日本産短距離馬、ストームキャット持ち

【参考】【血統】京王杯2歳Sに合う父母の配合を分析する - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

京王杯2歳S予想

◎タイセイビジョン

・逆転の可能性
新馬戦で1400m戦を経験しており勝利。
前走函館2歳Sは直線で前に壁ができてしまい、脚を余しての2着。
広い東京コース替わりは直線も大幅に長くなるのでプラスに働くはず。
距離延長も勝利経験のある1400m戦なので〇。
キャリア2戦でいずれも上がりは最速。
インから捌ける勝負根性もあります。
頭数も10頭と少頭数になったので、差し馬のこの馬にとっては好材料です。
鞍上ルメールも、他の有力馬の騎手を見ると関西で強い騎手が多いので相対的にも絶対的にも良い。
瞬発力勝負になればこの馬。

 

・血統
母馬が短距離馬という点は〇。
タートルボウルは欧州のスプリンターなのでアンマッチですが、今回は血統よりも適性を重視してこの馬が本命。

 

〇ビアンフェ

・防衛の可能性
前走は函館2歳Sで重賞初勝利。
ここ2戦は逃げて勝利を収めています。
今回も逃げると思われ、この馬がペースを作ります。
前走でタイセイビジョンに競り勝っていますが、今回はタイセイに軍配が上がると思っています。
というのも、この馬の強みはコーナリングからの加速なので直線の長い東京コースでは能力が最大限に発揮されづらいと思っています。
新馬戦では一度は先頭に立つも最後には差し返されており、函館2歳Sでは勝利こそしているもののゴール前では差を一気に縮められています。
長くいい脚が使えないので、東京替わりで差される可能性は上がります。
鞍上の藤岡兄に逃げのイメージがなく、東京コースとの相性も良いとは思えないので、この点もタイセイと比べると先週も東京でGⅠを制したルメールと比べると見劣りがします。

 

・血統は◎
母はサクラバクシンオー産駒の短距離馬なので生粋のスプリンター。
キズナ日本ダービー馬で、今の東京コースと相性の良いストームキャットを内包しています。
血統面だけ見ればこの馬が断然です。

 

マイネルグリット

・パワー型の好位差し馬だが
3戦3勝でまだ底を見せていない馬。
1200m,1600mで勝利経験があるので1400m戦も問題なし。
若干掛かりやすい面はあるものの好位から競馬ができ、3戦全てで上がり2位と堅実な末脚も持っています。
脚質を見れば一番堅実といえそう。
ただ高速馬場向きの馬ではなさそうです。
パワーで押し切る競馬が得意なので展開が流れたタフな競馬になれば強みを活かせますが、今の東京コースは高速馬場で上がりの速い瞬発力勝負になりそうなので、キレ負けするのではと思っています。
鞍上国分兄はここ3年で東京での勝利経験なしと、単純に経験値で見劣りがします。

 

△カイトレッド

新馬戦で今回と同じ舞台の東京1400m戦で勝利しており、前走りんどう賞も1400m戦です。
距離適性の面でアドバンテージがあり、かつ持ち時計が1:21.7と優秀な点が魅力です。
前走もまったく競馬に参加できていない中でも上がりは最速をマークしており、ノーチャンスの4角から最後は勝ち馬に0.3秒まで詰め寄っています。
ポテンシャルは高いのでしょうが、それを存分に発揮できる精神面がまだ整っていない印象で、ムラっ気はあるものの良い方に向けば面白い。

 

買い方

◎タイセイビジョン

〇ビアンフェ

マイネルグリット

△カイトレッド

 

3連単

◎→〇→▲△

◎→▲△→〇

計4点

 

予想を終えて・・・  

悩ましい予想でした。

ペンが進まないというか、2歳戦ゆえに中々コレといった確たるものがないので根拠として十分な要素が導き出しづらいですね。

その中でもタイセイビジョンは舞台設定が合っていますし、こういった時は鞍上ルメールというのが大きなアドバンテージになると思っています。

今回の騎手を見ると、単純な実績でも東京での実績でもルメールが頭2つくらいリードしている印象です。

レベルを考えるとここから朝日杯FSとは安易には言えませんが、まだまだ主役不在の牡馬戦線なので、スター誕生が期待できるこの時期は1戦1戦が楽しみです。

 

以上、第55回京王杯2歳ステークス(GⅡ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。