club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】川崎記念(2019)~ケイティブレイブ1強仕方なし~競馬予想blog

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

明日は2019年1発目のGⅠ川崎記念が行われます!

中央勢6頭地方勢5頭、ここ1年でGⅠを制しているのはケイティブレイブのみと少し抜けた印象のあるメンバーですが、2番手以下は混戦模様です。

中央は今週重賞2つなので火曜日に上げるブログがないということで、今回は第68回川崎記念(JpnⅠ)の予想をします。 

 

川崎記念予想

ケイティブレイブ

〇オールブラッシュ

▲ミツバ

☆コパノチャーリー

 

ケイティブレイブ

2番枠と絶好の枠が引けましたし前走東京大賞典も直線で1度先頭に立つ見せ場を作っての3着(2人気)、ここでは力が1枚違う印象です。

最近は脚質の幅が出てきて逃げ~差しまでできる自在性がありますが、最も得意とするのは番手につけての好位差しでしょう。

今回は枠順的にもメンバー的にも好位が楽に取れそうなので盤石といった感じです。

中央の砂よりも砂の深い地方のダートに適性がありながら、昨年は京都で行われたJBCクラシックを制しているようにまだ成長している馬ですので、成長曲線をみても他の馬よりも秀でています。

欠点が少なく、かつ得意の地方の競馬場で大崩れは考えづらいです。

 

〇オールブラッシュ

前走浦和記念では2週目の3角からのスパートで一気にまくり、そのまま押し切って勝利。

このロングスパートでもわかるようにこの馬はコーナリングが上手い馬なのでコーナーがたくさんあった方が好走する確率が上がります。 

さらに重賞だけで見ても右回り(0-0-0-7)よりも左回り(2-1-1-2)と明らかに左回りの方が成績が良いので、今回の舞台はコーナーが10こ、左回りですのでこの馬の得意な舞台です。

実際に2017年にはこのレースを制しています。

ただケイティブレイブとは昨年2度戦っていずれも先着できていませんので、能力差はあると思います。

 

▲ミツバ

この馬もオールブラッシュ同様左回り巧者で、重賞2勝をしていますがいずれも盛岡のマーキュリーCによるものです。

前々走チャンピオンズCでも12人気で8着と人気以上の結果を残していますし、勝ち馬のルヴァンスレーヴとは1.1秒の差が開いていますが、2着ウェスタールンドとは0.7秒差なのでダート戦にしてはそこまでのタイム差はありません。

能力的に対抗のオールブラッシュと似ていますが、前走でともにグリムと戦っていますのでその点で甲乙をつけました。

ミツバは前走名古屋大賞典で2着(3人気)、3着グリムとは斤量2kg差でタイム差は0.4秒です。

一方オールブラッシュは浦和記念でグリムと斤量4kg差でタイム差は0.9、単純な比較だとオールブラッシュに軍配が上がります。

枠的にもミツバは前走1番枠、オールブラッシュは6番枠とミツバの方が内枠で恵まれながらこの差ですから、3番手評価までとなります。

 

☆コパノチャーリー

穴を探すとしたら逃げ馬のこの馬かなと思います。

4番枠と逃げやすい枠を引けましたし、今回のメンバーで逃げるとしたらこの馬か9番枠に入ったサルサディオーネになりそうですが、鞍上が南関リーディングの森泰斗騎手なのでコースを熟知していることからコパノの方が積極的な競馬をしそうです。

正直力関係では上位と差があるように思うので、1発穴をあけるなら単騎逃げのような思い切った競馬をするしかないと思います。

森泰斗騎手もそのように思っていてくれれば、逃げ残りに期待ができます。

ケイティブレイブは強いですが、それ以外の馬はGⅠで勝つほどの力が今はないように思うので、2-3着狙いならチャンスはあると思います。

先週根岸Sのコパノキッキングに続いてほしいですね。

 

買い方

ケイティブレイブ

〇オールブラッシュ

▲ミツバ

☆コパノチャーリー

 

3連単

◎→〇→▲☆

◎→▲☆→〇

計4点

 

消した人気馬

アポロケンタッキー

人気といっても想定4人気ですが。

地方GⅡ・GⅢでは昨年も好走していますが、近走の不調ぶりから敬遠しました。

2016年の東京大賞典の覇者ですが昨年は10着敗退、GⅠでは2桁着順が4連続中です。

直近の好走は3走前の浦和記念で4着、それでも勝ち馬のオールブラッシュとは1.7秒も離されてのものですので、復調の兆しが見えていません。

鞍上戸崎は元南関騎手ですので不気味ではありますが、モレイラでもマーフィーでもデムーロでも馬券に絡めていませんのでさすがここでいきなりの好走は難しいと思います。

 

予想を終えて・・・

ケイティブレイブ1強の様相ですが、僕もそう思います。

暇つぶしで昨日の川崎競馬の血統傾向を調べても父サンデー系(ケイティブレイブ)は馬券に結構絡んでいましたし、サウスヴィグラス含むフォーティナイナー系も好走していましたが今回の有力馬ではその血を父or母父に持っている馬はいません。

血統的にもケイティブレイブなんですねぇ。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

川崎ダ2100m適正:7

最終追い切り:0(動画がないため)

血統 :1

騎手:2

 

以上、第68回川崎記念(JpnⅠ)最終予想でした。

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでぜひポチっとしてください!