club keiba

~競馬予想探究ブログ~

騎手のお勉強~日本のエース:川田将雅編~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

今回は目下リーディング首位独走中(2019/8/19現在)の川田将雅騎手をフィーチャー!

今日本人騎手で最も信頼できる騎手ですが、川田将雅とはどんなジョッキーなのか、探っていきます。

 

プロフィール

1985/10/15生まれ(33歳)※2019/8/19現在

所属:フリー(関西)

通算勝利数:1327勝

重賞勝利数:80

GⅠ勝利:12

 

競馬一家で曽祖父が佐賀競馬の騎手、祖父・父・伯父が調教師。

2004年安田隆行厩舎所属でデビュー、初勝利は2004年3月20日

重賞初勝利は2年後の2006年小倉大賞典メジロマイヤーとのコンビで、GⅠ初制覇は2008年キャプテントゥーレとのコンビで皐月賞を制している。

クラシック5競争を制覇、全国リーディングはまだ未獲得となっている。

 

川田将雅騎手の特徴

①逃げが得意

キャリア初勝利、重賞初勝利、GⅠ初勝利はいずれも逃げてのこと。

2019年でもキセキ、ミッキーチャームと逃げ馬とのコンビが目立つ。

騎手を何人か調べていると、これらの節目の時の勝ち方はのちのちの得意スタイルに影響するという傾向があるので、川田騎手の場合逃げに対して得意イメージが強いと思われます。

 

②小回りコースが得意

競馬場別にみると、直近3年の勝率ランキングでは小倉競馬場が勝率27.6%でトップ、次いで札幌競馬場25.0%、中山競馬場21.2%と続く。

特筆すべきは関西所属騎手にもかかわらず、主要4競馬場(中山・東京・京都・阪神)で中山が最も勝率が高いということ。

これは①の逃げが得意ということが関係していると思われます。

主要4競馬場で最も直線が短いのが中山競馬場

ちなみに中央10競馬場で2番目に直線が短いのが札幌競馬場、3番目が小倉競馬場です。

直線が短いと逃げ残りの確率が上がりますので、逃げが得意な川田騎手にとって小回りコースは相性が良いのでしょう。

 

③GⅠ乗り替わりに強い

これまでオークスジェンティルドンナ宝塚記念ラブリーデイ安田記念のモーリスとGⅠ12勝中3勝が乗り替わりによるものです。

基本的にGⅠを勝つような馬は1人の騎手による継続騎乗が多く、短期免許の外国人騎手を除けば乗り替わり騎乗は稀です。

ここから想像するに、川田騎手は大舞台でもプレッシャーに負けない強い心臓の持ち主なのではということです。

なので乗り替わりや大舞台で好走する傾向があります。

初めて凱旋門賞ハープスターで出走した時も、最後方からの追込とこれまでの戦法を貫き通して6着まで追い上げていますから、環境に屈しないメンタルを持っています。

個人的にはこのメンタリティーが川田騎手の最大のストロングポイントなのではと思っています。

 

④出走数少なめ

おそらく意図的に出走数を減らしており、量より質な考え方なのでしょう。

2019年8月19日時点ではレース数が375。

戸崎騎手が570で武豊騎手でも406ですので、有力騎手やベテラン騎手よりも少ない騎乗数です。

極端に考えれば勝つ見込みのない馬には乗らず、勝てる可能性のある馬にのみ乗るといった省エネで合理的な考えをお持ちなのでしょう。

これは馬との関係が出来上がっている重賞よりも乗り替わりの多い平場の時の方が活かせそうで、平場に乗る川田騎手はそれだけでねらい目なのかもしれません。

既に川田騎手のお眼鏡には適っている馬なわけですからね!

 

まとめ

川田将雅騎手の特徴をまとめると以下の通りです。

①逃げが得意

②小回りコースが得意

③GⅠ乗り替わりに強い

④出走数は少な目

 

以上を踏まえると、川田将雅騎手の買い時は以下の通りになります。

・逃げ馬騎乗時

・小回りコース(札幌・中山・小倉)

・重賞の乗り替わり

・平場全般 

 

買い時ではない舞台

・重賞の人気薄馬

・追込馬騎乗時

 

今週は乗り替わりでダノンスマッシュに騎乗します。

本来なら函館SSで初コンビとなるはずでしたが、薬物問題でダノンが出走できなかったので今回のキーンランドCが初コンビとなります。

ダノンは逃げ馬ではないですが先行馬、乗り替わりで小回りで得意の札幌ですので、分析結果からすると良い結果が期待できます。

 

現在2位のルメール騎手とは6勝差。

初の全国リーディング獲得へ、省エネで合理的なスタイルで突き進み新たなリーディングジョッキー像を作り上げることはできるか!?

秋以降も期待が高まります。 

 

以上、騎手のお勉強~川田将雅編~でした。

ご覧いただきありがとうございました。