競馬地方創生ブログ

地方重賞をメインに取り上げ、レース映像をメインに考察するブログ

【加賀友禅賞2020】金沢1400mは1角まで250mで先行有利

 友だち追加

f:id:shumpei116:20200821054631j:image

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は4頭見解です。
それでは、山口シネマ杯 第7回加賀友禅賞(ラニ賞)(金沢重賞)の出走馬見解をしていきます。

 

皆様の予想をする上での参考として、見解を楽しんでいって下さい。

地方競馬(KEIBA.GO.JP)のHPからレース映像を見る方法 - club keiba

 

加賀友禅賞出走馬分析

金沢1400mはスタートから250mで1角を迎える。
コーナーは4つで、1~2角・3~4角で350mずつ。
レースの最速ラップとなる2F目が1角なので、ペースが落ちやすく先行有利。
ただ、コーナーも比較的ゆったりとしているので、まくり差しも効く。
道中中段やや前あたりの先行馬が最もレースをしやすい。



1ドンナフォルテ(好位)
まず大前提として、今回のメンバーで古馬との対戦経験があるのが本馬と9ハクサンアマゾネスの2頭のみ。
地方競馬の場合、3歳時に賞金がある一定額を超えたら古馬との混合戦に混じることになる。
この時期で古馬との対戦経験があるということは、それだけ既に実績を積んでいるということになる。


本馬は4走前から古馬と対戦し、勝利経験もある。
前走は準重賞(1700m)で、牝馬の中では1kg重い55kgでの出走で2着。
勝った馬がJRA交流戦で勝利もしている実績馬のカガノホマレなので、斤量・勝った馬のレベルを考えれば上出来の2着といえる。
スタートを五分に決めて馬なりで好位2番手を確保。
勝ち馬には向正面でインを突かれ、3~4角ではコーナーワークで外を回され、直線でも差を詰めれられずにフィニッシュ。
それでも3着には8馬身差をつけており、この馬の力は証明している。
今回は牝馬限定重賞。
前走は準重賞だが牡馬もいたので、今回と同等のレベルと考えて良い。
前走の力が出せれば馬券圏内は堅いだろう。


1400m戦への適性だが、逃げなくても良い好位から競馬ができる馬なので、距離短縮はプラスに働くだろう。
普段なら馬なりで先行できるが、今回は伸びづらい最内枠からのスタートなのでいつも通りに好位が取れるかが不安要素。
ただ、戦ってきた相手のレベルを考えれば、大崩れは考えづらい。



5ルージュカプリス(差し)
前走はA3クラス(1500m)で道中5番手からの差し切り勝ち。
スタートは速くないが、そこからのダッシュ力があるので最内1番枠からすぐに外に出して5番手まで押し上げている。
上がり最速こそ2着馬に1秒近くつけられているが、ゴール前では鞍上が後方をみる余裕があり、着差(1 1/2)以上に楽勝に映った。


スタートが速くないので、真ん中5番枠というのはレースがしやすい。
金沢移籍後は毎回内枠で、1角時点で外に出して競馬をしているので、それならなるべく外目の枠の方が良い。
今回は移籍後では最も外目の枠となっている。


上がり勝負に強い馬なので、重賞でこれまでよりもペースが速くなる展開は差しが決まりやすくて〇。
条件戦はレースレベルからペースが落ちやすくなるので差しが決まりづらい。
差し馬の場合は重賞のようなレベルの高いレースの方が好走しやすい側面がある。
そこへの期待値が買い要素。
1400m戦は差しが決まりづらいが、有力馬が前目の馬なので隊列的には後方にもチャンスはあるハズ。

 

9ハクサンアマゾネス(先行)
ドンナフォルテの欄で述べたように、すでに古馬との対戦経験ありの実績馬。
金沢同世代の頂点石川ダービー馬でもある。
ドンナフォルテは古馬との戦いでB2クラスで勝利してるが、本馬はB1で勝利している。
実績ではNo.1。


前走は金沢3冠最終戦MRO金賞
1900mという距離でハイペースとなったので差し有利の展開。
勝ち馬は出遅れて道中馬群から離れた最後方だった。
本馬は3番手先行で3着。
2着馬は名古屋の2冠馬ニュータウンガールで、道中は6番手とこの馬も後方からの競馬だった。
ペースを考えると、位置取りからは本馬が最も厳しいレースをしており、かつ目標にもされてしまったのでかなりタフなレースとなった。
それでも勝ち馬に0.2秒差の3着なので、負けて強しの内容といえる。


今回は牝馬限定重賞な上に、1400m戦なので先行有利な舞台。
最近は先行して押し切る競馬を覚えたので、先行力が活きるレースとなるはず。
普通に走れば負けないだろう。


11サンディロン(追込)
前走はA3以下の牝馬限定戦(1400m)。
道中9番手最後方からの競馬で1頭だけ脚色の違いを見せて勝利している。
上がりに関しては2位に1.5秒も差をつけている。
ペースが流れたという展開の恩恵もあったが、それでも完勝といえる内容。


2走前にはルージュカプリスに敗れてはいるものの、展開次第では逆転も考えられる。
重賞というハイレベルなメンバーが揃う中でのレースなので、先行争いは激しくなるであろうし、それは追込馬の本馬にとってはメシウマな話である。
特に有力馬のドンナフォルテ、ハクサンアマゾネスが先行するので、前にいる馬よりも後方にいる馬の方が競馬がしやすい。
1400m戦は追込が決まりづらい舞台ではあるものの、今回は上記2頭が抜けている印象なのでチャンスがあるとすれば後方の馬と読む。

 

予想について

予想は見解の答え合わせ、競馬の醍醐味でもあります。予想は当日になるのでTwitterにて公表しています。気になる方はそちらをぜひ!
またnoteをフォローしていただくと、あなたのマイページに僕の記事が表示されますので、いち早く記事を読むことができます。
予想を見るならTwitterを、記事を読むならnoteをフォローして頂けたらと思います。
Follow me!!

 

以上、山口シネマ杯 第7回加賀友禅賞(ラニ賞)(金沢重賞)出走馬見解でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは次の記事まで、ぐっど・ばい✋