club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】JBCスプリント(2019)~あー夏休み(秋だけど)~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今回は第19回JBCスプリント(JpnⅠ)の予想です。 

予想したポイントは以下の通り。

①脚質

②血統:母馬はマイル以下の短距離馬、母父サンデーサイレンス(系)持ち

ここらへんも踏まえて予想していきます。

 

JBCスプリント予想

◎ノブワイルド

目下3連勝中ですが勝ちパターンは決まっていて全てが逃げての勝利です。
逃げを成しえるのがスタートの速さ。
1000m戦でも逃げられるスタートとそこからのダッシュ力はスプリントGⅠでも抜きに出ています。
スプリントGⅠは基本的に先行争いが激化して消耗が激しいのですが、この馬の場合は即座に先行争いに終止符を打てるスピードがあります。
その分しまいに脚を使うことができます。


浦和の1400mは得意とする舞台で、前走のテレ玉オーバルスプリントは連覇を達成しています。
小回りコースで逃げ馬と相性の良いこと、スタートの上手さで先行争いで消耗が少ないことがコースとの相性を良くしているのでしょう。

 

負けパターンを考えてみると、向正面で競り掛けられて3~4角で失速するパターンくらいです。
単騎で3角に突入できれば、そこからこの馬を差し切るのは至難の業です。
それを踏まえると、スタートから1角の時点でどれだけ2番手の馬と差を広げられるかが勝利のポイントとなりそうです。
前走のような差くらい差を広げられていれば大丈夫でしょう。

 

血統面でも適性の高さは示しています。
この舞台はヘイローの血を持っている事が最低条件に近いほど重要ですが、その他に相性の良い血はプリンスキロノーザンテーストネヴァーベンド
ノブワイルドは父系にヘイローの血を持ち、ノーザンテーストは18.75%(俗にいう奇跡の血量)、母母父にネヴァーベンドを持っています。
相性の良い血を複数持っていることからも、この舞台が得意なことが窺えます。 

 

〇サクセスエナジー

ダ1400m巧者。
特に地方交流重賞になると(3-2-0-1)と非常に優秀で、この条件なら2番手の評価ができます。
既に重賞を3勝もしているので、近走は斤量を背負っての戦いを強いられており結果が出ていませんが、今回は定量戦なので57kgで横並び。
ハンデを被っていた馬なので、これは逆転の可能性を示しています。
前々走のテレ玉オーバルスプリント交流重賞ダ1400m戦で初めて馬券買いに沈みましたが、この時はスタートからのダッシュが付いておらず追走に苦労していたのが目につきました。
ただそれは前走の東京盃で改善されていたので今回も大丈夫でしょう。


ノブワイルドを除く有力馬は、コパノキッキングは1200mが本職ですし、ミスターメロディは高松宮記念を勝ったGⅠ馬ですがダート戦では実績がありません。
となるとサクセスエナジーが浮上してきます。
人気も離れた4人気なので妙味もあります。

 

血統面では母は南関競馬の1500-1600mで7勝している短距離馬、南関での実績があるのは〇。
父はキンシャサノキセキですのでフジキセキ産駒の短距離馬。
母の適性がこの馬にも引き継がれているので、地方で結果を残せているのでしょう。

 

▲ミスターメロディ

舞台適性が高いと思います。
ダート戦は3歳時の500万下を勝利した以来ですが、この馬は分かりやすい特徴があります。
まずは左回りの方が良いこと。
全4勝全てが左回りコースで、住所のファルコンS、GⅠ高松宮記念はいずれも中京コースでの勝利です。
そして内枠で結果を残している事。
高松宮記念では2枠3番で道中はインにこもって差し切り勝ちをしています。
GⅡ阪神Cでは2着となっていますが、この時は1枠2番。
先行馬でスピードの持続力で勝負する馬ですので瞬発力には欠けます。
直線に向いた段階で先頭を捉えられる位置にいないと差し切れないので、道中はインベタ付きでロスなく立ち回れるのが理想的です。
なので今回の1番枠はこの馬にとっては絶好の枠だといえます。
直線が短いので差し切ってのアタマは考えづらいですが、連には絡むかと。

 

△コパノキッキング

根岸S勝ちがあるものの、本職は1200m戦。
前走は鮮やかな逃げで勝利していますが、正直JpnⅡにしてはレベルの低さを感じました。
クラスターC東京スプリント競走は得意の1200m戦で、そこで敗れていますので、今回相手強化でどこまでやれるかといった感じです。
ダ1400m戦は初めての敗戦(2着)、初めての馬券外(4着)と相性の悪い距離でもあります。
距離延長はこの馬に取ってはプラスには働かないでしょう。
近走は先行力がついてレースぶりに安心感が出ていますが、その先行力を活かすには今回の外枠はマイナスとなってしまいます。
浦和1400mとの相性はそこまで良くはないと思います。

 

買い方

◎ノブワイルド

〇サクセスエナジー

▲ミスターメロディ

△コパノキッキング

 

3連単軸1頭】

◎→〇→▲△

◎→▲△→〇

計4点

 

予想を終えて・・・ 

サクセスエナジーは人気ないですね。

まだ5歳で衰えはないですし、近走は斤量を背負っての敗戦ですので原因があります。

前走のようなスタートからのダッシュができれば馬券圏内は可能でしょう。

地方の雄ノブワイルドは千載一遇のチャンスです。

浦和開催というのがこの馬には絶対的に良くて、JBCスプリントが1400m戦で行われるのも珍しいので浦和のダ1400m巧者としてはキャリア最大チャンスです。

TUBEの前田さんも気が気ではないんじゃないですかね(笑)

勝ったら「あー夏休み」歌ってくれますかね? 

 

以上、第19回JBCスプリント(JpnⅠ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。