club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】インターナショナルS(2019)~世界No.1だから強い~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

Twitterでは日々競馬(地方、中央、海外問わず)に関する情報を呟いていますので、是非フォロミーして下さい!笑

 

今回は第48回インターナショナルステークス(GⅠ)の予想です。 

予想したポイントは以下の通り。

①実績

②脚質

③距離適性

④血統では父系ならサドラー系・ダンジグ系・シーキングザゴールド系、母系ならシャーリーハイツ

ここらへんも踏まえて予想していきます。

 

インターナショナルS予想

◎クリスタルオーシャン

世界ランク1位の馬。

GⅠは1勝のみですが16戦して複勝率は100%という安定感、GⅠに至っては連対率100%です。

前々走プリンスオブウェールズSでGⅠ初勝利していますが、その時は1990m。

今回も2000m弱なので距離的には問題なし。

前走キングジョージでもエネイブルとがっぷりよつで叩きあっての2着、戦ってきた相手と戦績から考えれば、今メンバーでは1枚抜けています。

血統的にも父はダンジグ系、母父はシャーリーハイツ持ちという完璧な血統。

ここは逆らえないでしょう。

 

ただ勝利したPOWSでは雨が降ってパワー勝負になったので、起伏のないコースの2000mで瞬発力勝負になった時にマイラー勢や2000mが適距離の馬に先行馬として対抗できるかが焦点となります。

馬場が重くなれば俄然有利となりますが、パンパンの良馬場となった場合足元をすくわれる可能性はあります。

それでも海外のGⅠは力通りの決着になりやすいので本命はゆるぎないです。

 

〇ジャパン

3歳馬なので斤量は56.5kgと古馬とは3.5kgの差があります。

これは大きなアドバンテージです。

実績としては英ダービーを3着、前走パリ大賞でGⅠ初勝利を飾っています。

この馬の魅力は環境の変化にも順応できることです。

アイルランドの馬ですが、隣国の英国、仏国でも結果を残しているので、今回も自分の能力を存分に発揮できるでしょう。

特に海を越えた仏国でのGⅠ勝利は、環境適応力として高く評価できます。

4走前には今回のインターナショナルSが行われるヨーク競馬場のGⅡ戦で4着に敗れていますが、その時よりも実績的に見て明らかに成長しています。

ヨーク競馬場は直線が約1000mと長く、差しも決まりやすい舞台。

ジャパンは英ダービーでは後方から追い込んで勝ち馬と1/2+ハナ差、差し脚質も持っているので競馬場との相性も良いはずです。

血統的にも父はサドラー系、母系ですがダンジグ系も持っています。

ヨーク競馬場で結果は出ていませんが、この馬の成長力にかけて2番手評価です。

鞍上R.ムーアも陣営の意気込みを感じます。

 

▲サーカスマキシマス

適距離はマイラーですが、リステッド競走で2000m戦に勝利経験があるので、今回の距離は許容範囲内です。

前走サセックスSは英国のマイルチャンピオン決定戦、そこで2着。

前々走セントジェームスパレスSは英国3歳チャンピオン決定戦で勝利と、マイル戦での実績は申し分ありません。

3歳馬なので斤量的にも恵まれますし、今回のメンバーを見ると臨戦過程ではこの馬は上位です。

血統的にも父はガリレオなのでサドラー系、母系はダンジグ系とジャパンと似た血統構成で、インターナショナルS向きな血統です。

 

2000m戦では若干割引が必要になりますし、逃げor先行馬なのでクリスタルオーシャンの目標となりそうなのが懸念点としてあります。

レースはしづらそうです。

 

△3頭一気に

△1エラーカム

 

前哨戦のヨークS(GⅡ)を勝利、舞台適性が魅力の馬です。

今回はGⅠ馬は多数いますが臨戦過程が十分でない馬が多いので、GⅠ未勝利で実績的には劣る馬ですがチャンスはあると思います。

2000m戦では(3-0-2-0)

 

△2リーガルリアリティ

前走ヨークSではまさかの4着に敗れていますが、前々走エクリプスSでは2000mGⅠでエネイブル、マジカルの3着ですから、まだ見切れません。

実績的には上位で、ヒモまでなら考えられます。

 

△3キングオブコメディ

 

父同様追込が魅力の馬で、直線の長いコースは合っています。

前走セントジェームスパレスSでは追込を図るもわずかに届かずの2着で、直線の延びる今回は競馬場的には大きなプラス。

鞍上デットーリというのも不気味です。

父親が名マイラーで、自身もマイル戦まで走っていないので距離的に持つのかという大きな懸念はありますが、陣営は距離が伸びても大丈夫と話していたので、その点を信じます。

 

買い方

◎クリスタルオーシャン

〇ジャパン

▲サーカスマキシマス

△1エラーカム

△2リーガルリアリティ

△3キングオブコメディ

 

3連単

◎→〇→▲△1△2△3

◎→▲△1△2△3→〇

計8点

 

予想を終えて・・・

海外GⅠは荒れるイメージが少なく、実績のある馬がしっかりと勝つイメージがあります。

今回で言えば、クリスタルオーシャンがそれにあたります。

あとは相手探しとなりそうですが、そこが混戦なので予想は難しく感じました。

対抗をジャパンにしましたが、それは成長力とGⅠを勝っている勝負強さを買ってです。

日本のシュヴァルグランはコース適性は高そうですが、2000mという距離適性が日本でもなかったので今回は消しました。

ただゼンノロブロイがかつて2着に来たように、日本馬にも可能性のあるレースであり競馬場ですので、今後の日本競馬の為にもシュヴァルには予想とは別のベクトルで期待しています。

 

以上、第48回インターナショナルステークス(GⅠ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。