club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】福島記念(2018)出走馬適性分析~エアアンセム、総合力で上位~

 友だち追加

 

どーも、今日はメルボルンC当日。

ぺち(@Pettit0116)です。

 

日本からはチェスナットコートが出走することで注目されていますが、調べてみると1着賞金が日本円で約3億2000万円と日本のJCよりも高い高額レースです。

しかもハンデ戦で出走頭数が最大24頭と超多頭数なので1度は勝てても連覇が難しく、逆にあまり実績のない馬にも展開次第ではチャンスが生まれるという「まぎれ」がありそうなレースだと言えます。

それでも第1回開催は1861年と歴史も長く豪州4大レースの1つに数えられているように伝統もありますので、国によって競馬文化の違いが感じられて面白いですよね。

ハンデ戦としたら世界最高峰の規模・盛り上がりでしょうから、いつかは生観戦してみたいものです。

チェスナットコートの奮起にも期待しましょう!!

 

さて今回は日本のハンデ重賞、第54回福島記念の出走馬適性分析です。

 

 

 

 

福島記念想定オッズ 

11/6現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:エアアンセム              2.4倍

2番人気:サーブルオール          4.6倍→除外対象(賞金順19位)

3番人気:スティッフェリオ      5.7倍

4番人気:マイスタイル              6.3倍→除外対象(賞金順17位)

ーーーー

5番人気:ドレッドノータス    21.7倍→除外対象(賞金順21位)

 

上位4頭が1桁倍のオッズなので、今回は人気上位4頭と5人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。

サーブルオールは3頭の出走回避馬が出ないと出走できませんので、出走が確定次第追記します。

マイスタイルは1頭の出走回避馬が出ればよいので、おそらくは出走できると思うので分析します。

 

出走馬適性分析

福島記念は直線が短くコーナー4つなので先行有利、瞬発力よりもパワーとスタミナ、そして小回り適性が求められます。

この点に注目して分析をしていきます。 

 

エアアンセム

前々走函館記念では道中4番手から先行して7歳にして重賞初制覇、次走のオールカマーではレイデオロアルアインがいる中での4着ですから、ここでは能力的に上位となります。

1800m~2000mが適性距離なので200mの距離短縮はプラスで、小回り適性も函館記念で証明済みですのでレースとの相性は高いです。

重賞勝ち馬なので斤量は57kgと背負わされますが500kgの大型馬なのでそこまで気にする必要はないでしょう。

レース適性:90% 

 

スティッフェリオ

前々走の札幌記では道中5番手で先行して4角で他馬とぶつかりながらも最後まで踏ん張っての5着、前走オクトーバーSはその結果を踏まえて1人気に支持されるも後ろから2番手に位置し直線では伸びあぐねて4着に敗れています。

戦績をみても小回りコースの方が良くて、直線が長いと前走のように瞬発力が足りないのでしょう。

今回は札幌記念で5着に入った時の丸山君に鞍上が乗り替わりますので先行させると思いますし、この馬の特性を理解している騎手なのでこの乗り替わりはプラスでしょう。

斤量も55kgですし重賞初制覇へチャンス到来です。

レース適性:80%

 

マイスタイル

前走札幌記念は逃げられずに9着に敗れていますが、逃げてナンボの馬ですのでこのレースはあまり参考になりません。

前々走、3走前はマイペースで逃げて楽勝していますので、逃げれば好走、逃げれなければ凡走という分かりやすさがあります。

春には福島民報杯で2着の実績があるのでコース適性は問題なく、函館で2連勝しているように小回りはむしろ得意ですので福島記念との相性は高いと思います。

先行有利の馬場状態も逃げ脚質のこの馬には味方となります。

距離適性はスタミナがあるのでもっと長い距離の方が好走できると思うのですが、現状は実績のある2000mなのでしょう。

レース適性:85% 

 

 

  

オススメ穴馬

メドウラーク

今回と同じ舞台の七夕賞を勝利していて、前走の新潟記念でも5着と健闘しています。

パワーのいる馬場向きの馬なので新潟記念での5着は意外で、7歳馬にして力をつけている裏付けなのかなと思います。

重馬場や不良馬場になればチャンスは広がりますが、良馬場でも今の勢いがあれば好走は考えられます。

レース適性:75%

 

マルターズアポジー

福島巧者で2016年の福島記念勝ちを筆頭に、福島では3勝しています。

近走は2桁着順が続いていますが、春には中山記念で3着に入っているようにまだ衰えているわけではありません。

得意の舞台で復活が期待できるかなと思います。

レース適性:75% 

  

出走馬適性分析結果

過去のデータと実績からみるデイリー杯2歳ステークス好適性馬はこちらです。

◎エアアンセム(90%)

〇マイスタイル(85%)

▲ステッフェリオ(80%)

☆メドウラーク(75%)

マルターズアポジー(75%)  

 

併せてこちらも是非!! 

 

明日水曜日にはエリザベス女王杯とデイリー杯2歳Sの、木曜日には福島記念と武蔵野Sの最終追い切りをブログにしますのでお楽しみに!!


以上、第54回福島記念(2018)の出走馬適性分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。