club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】福島記念(2019)~ここにいる馬ではない~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第55回福島記念(GⅢ)の予想です。

予想のポイントは以下。

馬場:良馬場、先週からの開催なので芝状態も良好

福島2000m:小回りコースなので先行・内枠有利、馬場的にもしかり

重視:先行馬、小回り適性

血統:母馬は短距離馬、父馬はサンデー系のリーディング種牡馬

【参考】【血統】福島記念に合う母馬と種牡馬を分析する - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

福島記念予想

カンタービレ

なぜこんなに人気がないのでしょう?
現在10人気ですが、この馬、秋華賞は3着ですし、前哨戦のローズSは快勝、3歳春にはフラワーCも勝っている馬ですよ。
普通に考えればここでも上位。
人気にならないのは近走の戦績ゆえでしょうが、この馬にはある特徴があります。
それは「左回りが苦手」ということです。
これまでの左回りの戦績配下の通り。
オークス:13着
ヴィクトリアマイル:18着
府中牝馬S:10着


御覧の通り全くダメ、一桁着順すらありません。
逆に右回りでは先述したように重賞2勝、GⅠでも3着があります。
また秋華賞フラワーCは小回りコース。
つまりこの馬は右回りの小回りコースが得意な馬ということです。
今回は福島記念、福島といえば右回りの小回りコース。

つまりはこの馬の得意舞台です。

右回りでは今年の阪神牝馬Sでも勝ち馬に0.1秒差の6着と大差のない戦いをしています。
左回りは度外視、右回りだけに注視すると、これまで(3-2-1-2)、着外はGⅠエリ女と先述した阪神牝馬Sのみです。
本来はエリ女に行く馬が福島記念に来ているわけです。
福島コースは初めてですが舞台適性は感じられますし、左回りが苦手なだけで早熟というわけでもない。
先行力もあるので馬場も味方にできます。


能力的に同レベルなのはミッキースワローくらいですが、ミッキーは斤量が58.5kgと見込まれています。
カンタービレは55kgなので許容範囲。
戦ってきた相手を考えればこの馬でしょう。

 

〇ステイフーリッシュ

まず何より血統が魅力です。
母馬カウアイレーンはターコイズS勝ちなどマイル戦で5勝した短距離馬。
今の福島中距離戦で求められる短距離馬であることに合致しています。
父馬ステイゴールドは先週の2勝クラスで後継種牡馬オルフェーヴル産駒が勝利、1800m戦の二本松特別では3着にステゴ産駒、そして昨年の福島記念勝ち馬はステゴ産駒と抜群の相性を誇っています。
これだけで買う要素になりえますが、それだけではありません。


重賞では3歳時に京都新聞杯を勝利、近走でも函館記念鳴尾記念でそれぞれ3着と好走をしています。
春にはGⅡ京都記念で2着というのもあります。
道中4番手辺りからの先行力が武器で、小回り適性も函館・阪神で示しています。
福島コースは直線が300m未満の先行有利コースなので、先行力は単純に有利です。

 

不安要素は鞍上が関西出身騎手なので福島での経験値が他の関東騎手よりも低いこと。
有力馬は関東所属の騎手を確保できていることを考えると割引です。

 

 ▲クレッシェンドラヴ

前々走七夕賞ではミッキースワローの2着でしたが、今回はその時よりもさらに斤量差が開きます。
七夕賞時は2.5kg差が今回は3.5kgになります。
もちろんクレッシェンドラヴが55kgでミッキーが58.5kgと3.5kg軽くなるわけです。
前走オールカマーでの差が同斤量で0.2秒差なので、単純比較で3.5kgの差があればミッキーとの逆転は可能です。
福島2000mでは福島民報杯七夕賞と連続で2着と適性を示している点もプラス。

 

ただ今の馬場状態の良さを考えると追込脚質は不安です。
内馬場の状態が非常に良いので基本的には先行有利。
この馬は極端な追込馬ですので脚質に自在性はありません。
地力はあるものの、脚質面で鞍上がかなり上手にエスコートしないといけないので難しさもはらんでいます。 

 

△2頭一気に

△ 1ミッキースワロー

前走オールカマーは1000m通過が1:01.8とGⅠ馬も集まるGⅡにしては遅く、上手く逃げられての2着なので展開のアヤ。
道中9番手からの2着と強い競馬をしていたのはこの馬でした。
今回も力は出すと思っていますが、いかんせん斤量の58.5kgは気になってしまいます。
前々走七夕賞では57.5kgで勝利していますが、その時よりもさらに1kg重く、58kgを上回る斤量はGⅠ馬でもない限りなかなか経験しない斤量です。
コース適性は七夕賞で実証済みなので問題ありませんが、斤量だけが気になります。

 

△2レッドローゼス

3走前の福島民報杯(L)ではクレッシェンドラヴに競り落としての勝利。
しかしながらその後の函館記念(6着)、オクトーバーS(12着)とパッとしません。
ただ鞍上の田辺君の福島のでの実績(今年の勝利こそ5勝だが、連対率は.381と非常に高い)と、この馬の福島2000mでの強さを買いました。
展開の恩恵を受けないと厳しそうなので抑え程度に。

 

買い方

カンタービレ

〇ステイフーリッシュ

▲クレッシェンドラヴ

△1ミッキースワロー

△2レッドローゼス

 

馬単

◎→〇▲△1△2

計4点

 

予想を終えて・・・  

本来はエリザベス女王杯に向かう馬がこちらに来ています。

それだけ今の状態が良くないのか、それともこちらに適性を示していいるが故の決断なのか。

個人的には後者だと思います。

適性を考えれば小回りの福島記念でしょう。

ここで復活して香港国際競争にでも行ってもらいたいですね。

(個人的に今年の香港国際競争に参戦するので応援したいだけ)

血統魅力のステイフーリッシュにもひそかに注目しています。

  

以上、第55回福島記念(GⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。