club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】富士S(2019)~斤量差を活かして~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

今回は第22回不富士ステークス(GⅢ)の予想です。

予想のポイントは以下。

馬場(Aコース):重馬場、内側が荒れてきている

府中1600m:まぎれのないコース、枠による有利不利なし

重視:瞬発力、コース適性

血統:ダート系種牡馬、母系は短距離

【参考】【血統】富士Sを血統からアプローチ - club keiba

ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

富士ステークス予想

◎レッドオルガ

東京巧者。

前走ヴィクトリアマイルは直線で進路がなくなっての11着ですので度外視。

前々走阪神牝馬Sは右回りが得意ではなく、直線でもたついての7着。

最後は伸びているので、もたつきがなければという惜しい競馬でした。

勝ち馬とのタイム差はわずか0.1秒です。

ここ2戦の敗因は明確で3走前の東京新聞杯ではのちに安田記念を勝つインディチャンプに0.1秒差の2着に好走しています。

つまり、左回りで本来の力を出し切れれば安田記念勝ち馬と大差ない力は持っているということです。

人気どころのアドマイヤアーズ、ノームコアがハンデを背負うので、54kgで臨めるのもプラス。

兄弟もこのレースで好走馬が多く、クラレントは2012年の勝ち馬、レッドアリオンレッドアヴァンセは3着と血統との相性も良いです。

 

〇レイエンダ

鞍上スミヨン騎乗のダービー馬の弟。

血統的な魅力があり、父は芝ダート問わず活躍馬を多く輩出するキングカメハメハ、母短距離馬のラドラーダ、その父はステイヤー血統のシンボリクリスエスという、先週のレースから考えると最適な血統を持っています。

パンパンの良馬場だとディープ産駒などの瞬発力型の馬にキレ負けしてしまい、かといってタフな馬場になりすぎるとパワーが物足りない悩ましい馬ですが、今の東京の馬場は理想的です。

エプソムCの時が稍重馬場ながら上がりは32秒台の決着という、ややタフでかつ瞬発力勝負になる舞台が合っているので、今の東京の馬場は合っています。

血統的妙味で対抗に。

 

▲アドマイヤマーズ

マイル戦ではいまだ無敗の5戦5勝。

初めての古馬との戦い、GⅠ馬なのでGⅢ戦では57kgという斤量でどれだけやれるかが焦点となりますが、ダノンキングリーの毎日王冠を見るかっぎりでは斤量を考慮しても古馬をも一蹴できる能力差だとは思います。

マイル戦に限っては弱点らしい弱点はなく、先行しても差しでも勝利しています。

前走NHKマイルCでは中段あたりからの競馬で差し切り勝ちと新味を見せています。

基本的には先行馬なので今回は先行すると思われますが、マイル戦で敗れるとしたら瞬発力勝負になった場合。

今回ペースも上がらず瞬発力勝負になると想定しているので、敗れるとしたらここかなと思います。

 

△1クリノガウディー

前走京成杯AHは流れに乗り切れず、4角出口ですでに勝機のないポジションとなっていました。

直線では伸びを見せていて脚を余しての7着でしたので、まだ見切れません。

前々走中京記念では上がり3位の脚を使って2着に好走していますので、その時と同じく渋った馬場で巻き返しに期待。

 

 

買い方

◎レッドオルガ

〇レイエンダ

▲アドマイヤマーズ

△1クリノガウディー

 

馬連

◎-〇▲△1

計3点

 

予想を終えて・・・  

GⅠ馬2頭が揃うハイレベルなメンバーですが、GⅢ戦なので斤量の差があります。

54kgのレッドオルガ、福永さんに期待します。

 

以上、第22回富士ステークス(GⅢ)最終予想でした。

ご覧頂きありがとうございました。