club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第21回富士S(2018)最終予想~ワントゥワン、そろそろナンバーワンを~

 友だち追加

どーも、富士ステークスの血統的傾向は父ディープインパクト

ぺちです。

 

中央のマイル戦はほとんどディープ産駒ですね(笑)

過去5年の3着以内馬15頭のうちディープ産駒は6頭います。

またこの6頭のうち4頭には5代前までにミスタープロスペクターの血が入っていました。

今年はガリバルディレッドアヴァンセ、ワントゥワンがディープ産駒です。

そのうちミスプロも入っているのがガリバルディとなっています。

さすがにガリバルディはこないと思うのですが。。。 

 

さて今回は第21回富士ステークスの最終予想です。

 

 

 

 

馬場傾向

東京競馬場のある府中市の週末の天気は晴れ時々曇りです。

金曜日に少しだけ雨が降る予報ですが、馬場コンディションが変わるほどではないと思いますので、当日は良馬場でのレースとなりそうです。

(土曜日は曇り、22℃/13℃)

先週のオクトーバーS(3歳以上オープン、2,000m)の勝ちタイムが1:59.2、上がりの最速が33.4ですので、富士Sではマイル戦で重賞なので上がり最速は32秒台が出せる馬場状態だと思います。

高速馬場が得意な馬が馬場的には狙い目となります。

 

展開傾向

過去3年間の展開傾向は前後半のタイムの平均値は前半3F35.7-後半3F34.3と前哨戦らしくスローの瞬発力勝負になりやすいレースとなります。

スローぺースになると後ろにいすぎると届かず、前にいすぎると瞬発力勝負に屈してしまうので、好位~中段から良い脚が使える馬が有利な展開になる傾向があります。

ただ今回はマルターズアポジーという典型的な逃げ馬がいますので、例年よりもペースは流れると思われます。

となると差し・追込勢に向く展開となり瞬発力勝負となるでしょう。

差し≧追込>先行>逃げ

 

 

 

第21回富士ステークス勝ち馬予想

◎ワントゥワン

〇ハッピーグリン

エアスピネル

☆ペルシアナイト

 

◎ワントゥワン

今回はマルターズアポジーがいるのでペースがある程度流れそうだということを踏まえると、鋭い追込を決めるこの馬の出番かと思います。

京成杯AHでは直線の短い中山コースゆえに差しが届かずの2着、上がりは最速の33.0と中山コースということを考えるとこの馬の非凡さが分かります。

この時の上がり2位は33.5ですからね、0.5秒も違います。

この馬は左回りの方が成績を残していますし、モレイラ乗り替わりもプラスです。

スローで隊列が縦長にならなければ好走は確実かと思います。

 

ハッピーグリン 

54kgの3歳馬は富士Sと相性が良くて、過去5年で2勝、3着1回でその1頭は14人気での3着でした。

戦績をみると東京のような直線の長いコースでの瞬発力勝負が得意ですし、距離はマイル位がベストに見えるので、東京マイルはこの馬にとってベストな条件だと思います。

セントポーリア賞で上がり33.3の脚を使って勝利しているように高速馬場が得意なので、今の東京の馬場状態とは合っているでしょうから富士Sとの相性はかなり高いと思います。

現在2連勝中で勢いもありますし、地方所属馬の久々の古馬重賞制覇へチャンスは十分にあります。

 

 

エアスピネル

実績上位ですが、高速馬場はあまり得意ではないように思います。

重賞3勝の馬場状態はそれぞれ稍重、不良、年明けの京都といずれも時計の要する馬場で、パンパンの良馬場となると2~3着と勝ち切れていません。

マイル転向後の最低着順が昨年の安田記念の5着ですが、その時の安田記念の勝ちタイムをみると1:31.5と高速決着に敗れている印象です。

メンバー的に今回はそこまで強力な馬がいないので、上位に食い込むことは可能でしょうが、本来の適性はもうちょっと時計の掛かる馬場だと思います。

 

ペルシアンナイト

今回「ヤラズ」の可能性が高いのですが、能力は抜けていてそれだけで上位に来る可能性を恐れて予想に入れました。

59kgという斤量と休み明けは走らない(0-0-0-2)ということから、今回は本番のマイルCS2連覇への叩き台と割り切っている可能性は大いにありますが、春の休み明け初戦の中山記念をみると、走り自体は悪くありませんでした。

4角で膨れすぎて負けていたので、普通にコーナーを曲がれていれば勝てているくらいの脚色はあり、休み明けが全くダメにはみえませんでした。

なので「休み明けは苦手ではあるもののまったく走らないタイプではなさそうだ」というのが個人的な見解です。

ただ59kgという重い斤量を背負って無理して勝っても、得るものよりも失うものの方が多いので、勝てそうなら勝つくらいの無理はしない程度に勝ちにくるレベルの温度感だと思います。

 

併せてこちらも是非!!    

買い方

◎ワントゥワン

〇ハッピーグリン

エアスピネル

☆ペルシアナイト

馬連◎-〇▲☆

馬連〇-▲☆

計 5点  

 

消した人気馬

ジャンダルム

エアスピネルの下位互換のような馬で、高速馬場よりも少し時計の掛かる馬場の方が合っていそうです。

好走しているのが軒並み時計の掛かっている馬場で、高速馬場への対応は未知です。

ただ血統的にマルガイなのでパワー型と想定でき、瞬発力は欠ける印象です。

この時期の東京の馬場は向かず、マイルCSとかで激走しそうなタイプです。

逆にここで好走できたら馬場を問わず走れることが証明されるので、マイル界でも主役級の器になれると思います。 

 

ロジクライ

ジャンダルム同様この馬も馬場が荒れた方が得意な馬です。

この馬のベストレースは中京記念だと思っているのですが、その時は中京開催最終週でレコードタイムの2着ですから、良馬場でも使いこまれた馬場だったことで好走できたのだと思います。

京成杯AHや今回のようなきれいな馬場状態では切れ負けしてしまい、好走は難しく思います。

 

予想を終えて・・・

実績上位馬が何かしらのネガティブ要素を持っているので、今回は荒れると踏んだ予想をしました。

エアスピネル=馬場適性

ペルシアンナイト=休み明け

ジャンダルム=馬場適性

これなら高速馬場に強いワントゥワンやハッピーグリンへの期待が高まります。

個人的にはハッピーグリンはホッカイドウ競馬所属なので、地方の星としてここを勝っマイルCSに進出してもらいたいです。

僕が競馬を始めてからの地方所属馬の最高傑作はプレイアンドリアルなので、古馬重賞を勝つ地方馬をみたいですね。

 

来週は天皇賞(秋)とアルテミスS、スワンSの3重賞です。

明日日曜日には天皇賞(秋)の1週前追い切りをブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第21回富士S(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。

ぺち。

友だち追加