club keiba

~競馬予想探究ブログ~

非ノーザンF馬コントレイルが締める~第36回ホープフルS(2019)予想~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。
今回は第36回ホープフルステークス(GⅠ)の予想です。
予想のポイントは以下。
馬場(Aコース):引き続き内目を走る先行馬有利、先週は雨が降ってのレースだったので時計がかかっていたが、雨がなければ時計も出ていたのでは思われる
中山2000m:直線からのスタートなので1角までは400mほどある、2歳にとっては長い距離なのでスローになりやすい、直線は310m

コース紹介:中山競馬場 JRA
重視:トラックバイアス、欠点の少なさ
血統:パワー系の父系×パワー系の母系、ロベルト持ち【参考】ホープフルS(2019)血統分析
ここらへんを踏まえて予想していきます。

 

ホープフルS予想

高速馬場の内枠先行馬有利な今の中山馬場。
先週雨が降りながらの開催だったので幾分時計はかかるようになっていそうだが、基本的には先週を踏襲して良さそう。
内枠先行馬からが定石。


その上で無敗馬が今回は4頭、重賞勝ち馬が2頭。
これらが中心となる。
無敗馬の序列が予想のカギとなる。

 

◎コントレイル

・前走の勝ち時計
東スポ杯2歳Sの勝ちタイム1:44.5は破格の時計。
今年の毎日王冠の勝ちタイムが1:44.4なので、スーパーGⅡといわれる古馬重賞の勝ち時計と0.1秒しか変わらない。
1800m戦の持ち時計はもちろんNo.1で、今回のメンバーで2番手は同レースで3着だったラインベックの1:46.0。
その差は1.5秒もある。
高速馬場が続いている中山コースは歓迎だろう。


・コース適性
問題は中山への対応。
走法的にそこまで飛びが大きくないので小回りコースは問題なさそう。
直線の急坂も阪神(新馬戦)で経験済み。
東京コースが100なら中山コースは80くらいの適性はありそう。


・本命の決め手
今回本命にした決め手は枠。
2番枠と内枠を引けたことはトラックバイアスを考えると大きい。
先行~中段の競馬をする馬なので、ロスなく立ち回り直線で外に出す、先週のリスグラシューのような競馬ができるのが理想。
ローテも中5週理想的な間隔。
他の馬が割と中8週(2か月)以上の間隔なので、ローテでも一歩リードしている印象。

 

〇オーソリティ

・枠が・・・
外目の11番枠。
内目の枠が引けたら本命でも良いと思っていた。
前走は今回と同じ舞台の中山2000mで勝利、しかも完勝といえる内容で2着に0.4秒差をつけている。
新馬戦ではのちに札幌2歳Sを勝つブラックホール(今回も出走する)にも勝利しているので世代上位の能力は証明済み。
しかも函館での勝利なのでパワーでブラックホールに競り勝っていることは高く評価できる。


先行馬なので距離ロスのない内枠が良かった。
今回頭数は多くはないが外枠な分、取りたい位置を取りづらい。


・休み明け
3か月の休み明けは2歳戦では特に気になる。
近年の競馬、特にノーザンファーム所属だと外厩制度によりむしろ休み明けは良いことが多いのだが、2歳戦に限るとそうではないと思う。
まだ幼い2歳馬なので休み明けはパフォーマンスが落ちることが多く、新潟2歳S勝馬がGⅠで好走できないことがその証明となる。
ホープフルSも前走11月の馬が好走傾向で、昨年で見ると1-3着馬はいずれも中9週(2か月)以内。
3か月の休み明けは長く感じる。


・血統魅力
2歳でパワーのいる中山2000m戦はタフである。
血統的にもハーツクライ産駒やキンカメ産駒などパワー系の血統が好走している。
オーソリティオルフェーヴル×シンボリクリスエスといういかにもパワーのある血統。
しかも今の中山2000mと相性の良いロベルト持ちなので、血統面からは非常に相性が良い。
対抗評価も血統面の裏付けが後押ししている。

 

▲ワーケア

コントレイルと似たタイプで、ハーツクライ産駒なので少しパワーに振ったような印象。
新馬戦を稍重、2戦目の前走アイビーSは重馬場で勝利している点からもタフな馬場は不問。
ただ今の中山は時計が速いのでディープ産駒のコントレイルを取った。
枠もコントレイルよりも外であるし、東京コースしか経験がないのも不安材料となる。
不確定要素が多いので本命にはできなかったが、かといって明確なマイナスもない。
ゆえにあっさり勝たれてもおかしくはない。

 

△2頭一気に

△1ヴェルトライゼンテ
2戦2勝の無敗馬だが、前走萩Sは思ったよりも勝ちっぷりが良くなかった。
スローのヨーイドンだったが、思ったより余裕がなく2着とはわずか0.1秒差。
無敗馬4頭の中では勝ちっぷりという点で見栄えしなかったので4番手評価。
ただ枠も5番枠と内目だし鞍上マーフィは心強い。
瞬発力勝負になると分が悪そうだが、ハイペースのパワースタミナ勝負になれば面白い。


△2ナリノモンターニュ
おそらく今回の逃げ馬はこの馬。
番手からでも競馬ができるので自在性があり、前走未勝利戦も着差こそ0.1秒だが余裕の勝利だった。
ゴール後の伸び脚が1頭だけ抜けていて2着以下を離していたので、余力のある勝利だったことが窺える。
鞍上は中山得意のデムーロヴィクトワールピサ産駒と中山適性が高そうな構成。

 

買い方

◎コントレイル
オーソリティ
▲ワーケア
△1ヴェルトライゼンテ
△2 ナリノモンターニュ

 

馬単
◎→〇▲△1△2
〇▲→◎
計 6点

 

以上、第36回ホープフルステークス(GⅠ)最終予想でした。
ご覧頂きありがとうございました。